教育を通じての国際交流。日本語教師(求人/資格)情報,養成講座/アシスタント/幼稚園ボランティアの手配など:JEGS ジェグス・インターナショナル

中国で受講できる日本語教師養成講座 420時間

中国留学中に日本語教師の勉強も同時進行

Q.来年1年間中国に留学しようと思っています。中国在住中に日本語教師の資格も一緒に学んでいこうと思っているのですが、中国で講座を受講することは可能でしょうか。 また費用等も教えていただけると助かります。(20歳女性)

A.はい、中国で受講は可能です。これまでも中国ご在住の受講生はたくさんいらっしゃり、中国は当講座受講生が多い国ランキングの上位3位内に常にランクインしております。(→受講生分布参照)
中国全土まで教材をお渡ししております。教材が届けば、後はEメールでの添削指導が中心となります。

費用については、銀行振込でのお支払いの場合は、こちらの円換算価格表をご参照ください。
→この講座の[資料請求・お問合せはこちら]
※中国の通信制限等で上記SSL対応のお問合せフォームが開かない方は、こちらのEメールの方法にてご連絡ください。

中華人民共和国(china)国旗

中国での受講に関するQ&A

なぜ中国にこの講座の受講生が多いのですか?

Q. 中国に受講生が多いそうで大丈夫かと思いますが、なぜ中国にこの日本語教師養成講座の受講生が多いのですか?

A. 中国に受講生が多い理由については、まず、中国にいらっしゃる日本人が多いからです。

当講座の受講生、つまり日本語を教えようとする人の大半は日本人です。そのため、受講生の数は、日本人が多く住む国・地域に比例します。

また、日本語の需要にも比例します。こちら日本語教師の需要にもありますように、中国は「日本語学習者が多い国(地域)」で上位、そして「日本に日本語を学びに来る学習者数と国籍(地域)」でも上位で、日本語教育の需要、つまり日本語教師の需要が高い国なので、それに比例して、日本語教師養成講座の需要・受講生も多くなるわけです。

ちなみに中国ご在住または中国へのお引越しされる方などからは以下のような受講動機をお寄せいただいております。

私は中国の公立大学で日本語を教えてほぼ2年半、日本で教えていた2年を合わせると4年の日本語教師歴がありますが、如何せん420時間を持っておりませんので他の国の大学で教えることが難しいため。(天津ご在住の55歳男性)

3ヶ月後に中国大連に引越しをする予定です。現地で日本語を教えることができたらと思っています。(46歳女性)

現在、中国大連市で日本語教師をしています。大学で教えるため420時間が必要となりました。できるだけ早く取得したいと思っています。(64歳男性)

三年ほど前に、A社の通信講座を受講しておりましたが、途中で断念してしまいました。当時は勉強に集中できる環境でなかったにも関わらず、通信講座を始めてしまい、最後まで勉強できなかったことが苦い記憶となっておりました。
現在は、1日に1時間前後ではありますが、少しずつ自分の時間を持てるようになってきたため、実践的で本当に身になる日本語教師の養成講座を探していたところ、貴校の講座を知りました。
今回は長期的なスケジュールで、最後まで諦めずに講座を受講したいと考えております。ご指導のほど、よろしくお願いいたします。(上海ご在住の35歳女性)

現在、中国で生活をしています。中国語の勉強の傍ら、民間日本語学校のアシスタントをしております。そのため420時間の講義を日本では受けられないので、通信教育をと考えました。(上海ご在住の30歳男性)

私は、中国人の旦那と結婚して、中国で暮らし始めて今年で4年になります。JEGSのホームページを見て、世界のどこからでも受講できるという内容に非常に興味を持ちました。(26歳女性)

現在海外駐在勤務をしております。退勤後に通信教育学習をしたいと考えております。(中国・上海ご在住の57歳男性)

※上記は受講開始時のご年齢です。
以上のように、様々なバックグラウンドをお持ちの方が、それぞれの用途に合わせて、当講座を受講されていらっしゃいます。

講座はいつ始められますか?

Q. 中国でこの日本語教師養成講座を始める場合、いつから開始できますか?

A. 中国のご自宅(または勤務先等指定送付場所)に教材が届けばいつでも講座は始められます。

教材は、お申込みのお手続き(お支払い)完了後、すみやかにEMSにて発送いたします。
「420時間総合講座」をお申込みされた方は最初の1回で教材すべてが発送されます。

教材発送とともに、ご本人様にEMS番号をEメールにてお知らせいたします。

そのEMSのトラッキング番号を「荷物個別番号検索ページ」(www.ems.com.cn)の空欄のところにEMS番号と验证码を入力すると、以下の通り、教材が届くまで追跡(トラッキング)ができます。
※验证码/ Verification Code とは画像認証のこと。表示された文字列/数字を入力し、表示枠クリックで表示されます。

China 中国で日本語教師 養成講座 受講生 追跡

以上の通り確認できますので、教材到着まで楽しみにお待ちください。

教材到着までの期間のおおよその目安:約1週間~10日程

※上記は実際の追跡例ですが、プライバシー保護のため、表示の番号は変えてあります。
※各国の郵便局(郵便サービス)の諸事情により、webの仕様や追跡画面のデザイン・レイアウト等は予告無く変更されている場合があります。予めご了承ください。

中国で受講する場合に注意点はありますか?

Q.来年1月中旬に中国の日本語学校に赴任する予定です。11月から御社の通信教育の420時間を始めて、それまでに講座を終了して1月15日までに証明書を発行して頂くことは可能でしょうか?また、それまでに課題を終了しなかった場合、中国で受講を続け、中国の住所へ証明書を送って頂くことは可能でしょうか?その場合、中国での受講に際して注意点はありますか?(44歳男性)

A.あいにく当養成講座は早い方(できる方)でも6ヶ月はかかりますので、2ヶ月半程度では修了することはできません。日本で受講を開始し、「中国で受講を続け、中国の住所へ証明書を送って頂くことは可能」です。

注意点としては、教材や修了証をより確実に届くようにするために、お申込みの際に、送付先住所を、漢字だけでなく、英語(アルファベット)も併記して、お知らせくださいますよう、お願い申し上げます。
→[住所英語表記例]:
Room9B, Block 8, Xing Fu Li,No.9999, Bao An Nan Road, Luohu District, Shenzen, Guangdong Province, China
→[住所中国語(漢字)表記例]:
中華人民共和国 広東省 深圳 羅湖区 宝安南路9999(中国 广东省 深圳市 罗湖区 宝安南路9999号)幸福里8座9B室

日本語教師派遣事業に参加しながら勉強したい

Q. 私は日中の日本語教師派遣事業で中国で日本語指導を行う予定です。中国で教えながら御社の日本語教師養成講座を勉強することができますか?

A. はい、可能です。当日本語教師養成講座は、中国ご在住の受講生はたくさんいらっしゃいます。また、ほとんどの受講生が、働きながら受講されている社会人の方です。最初に、中国のご指定の場所に教材が届きますので、後はEメールを介しての添削授受が中心となりますので、受講場所は不問です。

教材に含まれる指導要綱などは、すぐにそのまま教える際に役に立つような教則本(教師マニュアル)になっていますし、実際に教えながら学習すれば、学習内容の吸収率も上がることでしょう。
当講座の修了速度ですが、早い方(できる方)で半年程度、通常は1日1,2時間程度の学習で、1年弱程度で修了される方が多いです。

受講料の支払いに銀聯カードは使えますか?

Q. 本コース受領後に、日本語教育能力検定試験も、併せて合格しようと考えております。本コースは、試験対策、最新問題にも対応していますでしょうか?420時間受領は、御校の認定になり、日本語教師資格受領資格になりえますよね?中国からこの講座の受講料はどのように支払えばよいですか?銀聯カードは使えますか?

A. はい、毎年教育能力検定試験の内容を確認し、それを講座指導時に反映させるようにしております。
お尋ねの「資格」につきましては、その雇用先の応募資格や判断基準にもよりますが、本講座修了後、修了証を提示して日本語教師として活躍されている方はたくさんいらっしゃいます。
お支払いについてですが、クレジットカード払い、または日本の銀行への振込が可能です。
クレジットカードはVISA/Mastercardにて1回~5回払いまでご利用いただけます。銀聯カード(ぎんれんカード;Union Pay)も、VISAまたはMastercardが付いているものは当講座の受講料お支払いにご利用いただけます。分割手数料は頂戴しておりません。
日本の銀行のネットバンクを利用できる方は、中国からネットバンク経由でお支払される方もいらっしゃいます。ご自身のカードや銀行口座をお持ちでない方は、ご親族など代理の方からのお支払でも構いません。

中国ご在住の娘様に代わって

Q. JEGSで案内されている日本語教師養成の一般講座+マスターコースで420時間を受講する希望ですが、受講者は私ではなく、娘です。娘はいま中国にいるのですが、申し込み手続き(振り込み)は私から日本国内でするつもりです。申し込み手続き終了後、教科書は中国のほうに郵送していただきたいですが、このような場合、具体的にどうすればいいですか。受講料の振り込みですが、ちょうど、三菱UFJ銀行のネットバンキング口座を持っているので、ネットバンキングでの振り込みはできるのでしょうか。お教えいただければと思います。どうぞよろしくお願いします。

A. 海外にいらっしゃるお子様の代わりに日本にいらっしゃる親御様がお支払いされるケースはよくありますので特に問題ございません。仮申込フォームには受講生(つまり娘様)の詳細をそのままご記入いただき、お支払いやお申込みのお手続きは親御様でおこなっていただいて構いません。三菱UFJ銀行のネットバンキングからの振込につきましても、特に問題ございません。お振込元として、どこの銀行をご利用されるかは、皆様のご自由で、弊社が指定するものではございません。

→ この中国で受講できる日本語教師養成講座の|資料請求・お問合せ仮申込(見積依頼)

日本語教師養成講座 420時間 通信教育

PAGETOP
Copyright © JEGS International Co.,Ltd. All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.
PAGE TOP