教育を通じての国際交流。日本語教師(求人/資格)情報,養成講座/アシスタント/幼稚園ボランティアの手配など:JEGS ジェグス・インターナショナル

日本語教師養成講座教材テキスト閲覧:ガイド

通信教育がご不安な方も、まずはこのガイドを読めば、講座の進め方や全体像が把握できるようになっています。

当ページでは、講座を始めるに当たって、まず最初に読んでいただきたい「ガイド」について説明いたします。

ガイド

この「ガイド」、こちらの日本語教師養成講座420時間の全体的な概要と進め方を説明したものです。教材がお手元に届きましたら、まずはこのガイドをお読みください。

当講座では、これまで地理的また時間的に通学による「日本語教師養成420時間講座」を受講したくてもできなかった人たちに通信教育講座という方法で学習機会を提供することは大きな意義があると考えます。
通学通信教育という学習方法にはそれぞれ長所短所がありますが、本養成講座は通信の利点を有効に活用して、通学講座以上の効果的な内容になるように工夫されています。

本講座では、主に以下の教師を養成することを目的としています。

・口語日本語を基礎から体系的かつ実践的に教えられる教師
・英語を使った間接法と直接法の両方の教授法で日本語を教えられる教師
・日本語教師としての必要な広範囲の知識を習得した教師
・日本文化や歴史に誇りを持って日本語を教えられる教師
・国際人として世界の人に貢献できる教師

【表紙】
講座ガイド

【目次】:ガイド

 内容(目次)

  • 本講座の概要
  • 本講座の特徴
  • 本講座の目的
  • 本講座のシステム
  • 本講座の学習方法

 日本語教師養成一般通信講座(前半)

  1. 日本語教師養成一般通信講座の教材
  2. 学習の進め方
  3. 受講期限
  4. 修了証授与
  5. ワークシート受付日
  6. お願い
  7. Eメールでのワークシートのやり取りについて

 日本語教師養成マスター講座(後半)

  1. 日本語教師養成マスター講座の教材
  2. 学習の進め方
  3. 受講期限
  4. 修了証授与
  5. ワークシート受付日
  6. お願い

 その他

  • 日本語教師として望まれる資質と能力について
  • ローマ字表記について
  • 長音のローマ字表記について
  • 促音のローマ字表記について
  • ローマ字表記のハイフンの付け方について
  • 日本語教師養成一般通信講座ASSIGNMENT(学習課題)
  • 日本語教師養成マスター講座ASSIGNMENT(学習課題)

 本講座の概要と特徴

まず本講座の概要ですが、講座の前半を「日本語教師養成一般講座」として、日本語教授法の基礎を学習します。この前半はテキストやDVD、CDなどの教材で学習して課題のワークシートを10回提出し、講座担当講師から添削とコメント・評価を受けます。

後半の「マスター講座」では、文化庁報告の新シラバスに準拠して編集された「日本語教育全書」などのテキストにそって学習し、計10回提出する形となります。

※前半10回、後半10回の計20回のワークシート提出で「420時間」修了となります。

ほとんどの章の最後に日本語教育能力検定試験対策の問題集も設けています。これは必須ではありませんが、復習の意味でぜひとも力試しをしてください。特に、検定試験合格を目指す人は、全問に当たっておくことをお勧めします。

次に、本講座の特徴ですが、前半で英語を媒介語にしたインダイレクト・メソッド(間接法)のエッセンスを学習します。これは日本語を日本語だけで教えるダイレクト・メソッド(直説法)と異なり、英語話者を対象にした教授法で、英語圏の人はもとより、日本に在住する英語話者への日本語教授に最適なメソッドです。

また、このメソッドで日本語を教えられる日本語教員は、日本でもあまりいませんから、希少価値があります。

間接法とともに、直説法も前半の講座にて学習します。

本講座のオリジナルの教授法は、文化庁報告の「各養成機関は、日本語学習者の学習需要の多様化や、日本語教員養成課程修了者の活躍の場の拡大が見られる現在、多様なコースを設ける必要がある」という各養成機関の独自性を出すことを奨励している内容に合致したものです。

通信教育の利点としては、学習場所を選ばない、学習時間及び時間帯を選ばない、欠席などによる受講漏れがない、ワークシートを介して自分のペースで個別の質問ができる・・・等が挙げられます。

また、項目別に整理して、日本語教育能力検定試験対策の学習にも対応できるようにプログラミングされています。

学習 ASSIGNMENT GUIDE(学習の手引き)

アサインメントガイド

まずはじめに、このASSIGNMENT GUIDE(アサインメントガイド)は、全員が読む必要はありません。

このアサインメントガイドは、一言で言うと「ヒント」が書かれています。

上記の「ガイド」が講座全体の枠組みについての説明であるのに対して、このアサインメントガイドは、各ワークシートの内容について「どごを勉強すればよいか?」というヒントを示唆しています。
具体的には、例えばワークシートのこの設問に対しては、「教師指導要綱」の25ページを参照・・・といった感じで、各ワークシートの問題は、どこを見て学習すればよいか、設問ごとに細かくヒントが書かれています。

このアサインメントを読めば、どこを学習すればよいか、迷うことはありません。

但し、日本語教師養成講座の学習を進めていく上で、その問題を自分で調べたり、「考える過程」が重要ですし、その答えがわかってもそれを理解し知識として吸収することが非常に重要な目的ですので、このアサインメントは、なるべくなら「どうしても問題が解けない」あるいは「問題
の意味がよくわからない」場合にのみ、参考にするといったご利用の仕方をお勧めします。
もちろん最後まで自分で考えて答えを出したいという方には、このアサインメントガイドは必要ありません。

ちなみに、ASSIGNMENT(アサインメント)とは、「宿題」「割り当て」という意味です。

以上が「日本語教師養成420時間総合講座」の「ガイド」と「学習 ASSIGNMENT(学習の手引き)」についての説明となります。

【その他の教材サンプル】:
1.日本語教師養成総合講座ガイド(学習の手引き)
2.Spoken Japanese Beginners1&2
3.日本語教師指導要綱(教師マニュアル)1&2
4.日本語教師養成一般講座DVDと通信コース解説CD
5.日本語教育全書
6.基礎口語日本語
7.日本語教授直接法
8.ワークシート(一般通信・マスター講座)
9.教え方実践授業風景DVD・・・「英語を使う間接法」「直接法-実習生デモンストレーション」
[参考教材]:検定試験の過去問を通信教育で解説指導
[添削方法]:Eメール添削方法について
→ この日本語教師養成420時間講座の|お問合せ・資料請求仮申込(見積依頼)
(C)Copyright; JEGS International Co.,Ltd. All Rights Reserved.

日本語教師養成講座 420時間 通信教育

PAGETOP
Copyright © JEGS International Co.,Ltd. All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.
PAGE TOP