教育を通じての国際交流。日本語教師(求人/資格)情報,養成講座/アシスタント/幼稚園ボランティアの手配など:JEGS ジェグス・インターナショナル

オンラインでの日本語の教え方通信講座

近年、「オンラインでの日本語の教え方を学びたい」「オンライン日本語教師になりたい」というお問合せや受講動機が増えております。→参考:オンラインで日本語を教えるので

how-to-teach-japanese-online

こちらの日本語教師養成420時間総合講座(通信教育)では、その講座の前半では「教え方」を中心に学んでいき、その過程で、オンラインで日本語を教える基礎的なノウハウも学んでいけるようになっています。
また、オンラインでは間接法で教える機会も多いですが、その英語で日本語を教える間接法も学べるのが当講座の大きな特徴の1つとなっています。

オンラインで日本語を教える方法

以下のような内容を、当日本語教師養成420時間総合講座の前半(一般講座)内において、5回に分けて学習していきます。

オンラインでの日本語教師

第1回

はじめに、概要やメディアについてご説明いたします。

  1. インターネット・テレビ電話のご紹介(スカイプやラインなどの無料通話機能)
  2. オンラインで日本語を教える際のメリット
  3. オンラインで日本語を教える際のデメリット

第2回

レッスンを始めるに当たっての注意事項(契約、授業料、給料等)について説明します。

  1. 契約について
  2. 授業料及び給料の支払い方法
  3. 授業料の設定について

第3回

この回では、実際にレッスンを行う際のインフラや物理的な条件(通信環境、時間、時差など)についての注意点をまとめてあります。

  1. 通信環境について
  2. 時間と時差について

第4回

オンラインでレッスンを行う際はどんな格好をすればがよいのでしょうか。部屋環境や言葉遣い、学習者側のマナーについてこの回では説明します。

  1. 身だしなみについて
  2. 部屋環境について
  3. 言葉遣いと学習者側のマナーについて

第5回

最終回の第5回では、実際にオンラインレッスンを行う際のソフト面(基本的なテクニックやレッスン例、応募・募集方法など)について、説明いたします。

  1. オンラインレッスンの基本的なテクニック
    画面の明るさ/レッスン中に意識する場所は/適切な音量/目線は/絵カードやホワイトボードの活用/チャットやEメール/フリーサイトの活用など
  2. オンラインレッスンの例(交信後)-レッスン中に使う挨拶例など
  3. オンラインレッスンの応募について
    (1)教育機関に属す場合
    (2)個人で教える場合-授業料の徴収方法など

その他

  • 生徒募集広告例(日本語訳付)
  • 申込書例(日本語訳付)
  • 受講契約書例(日本語訳付)

上記内容は順次改定される場合がございますので、予めご了承ください。

Q&A -よくあるご質問-

Q.講座の受講料はいくらですか?

A. 当講座の構成は以下の表のようになっています。オンラインでの教え方を学びたいという方は、下記の②一般講座だけを受講すればよいので、受講料はA$990(約79200円相当/1A$=80円の場合)となります。仮申込フォームを送信いただければ、日本円の額のお見積書(日本の銀行口座へお振込みの場合)をご案内いたします。
②の一般講座の後、③のマスター講座(A$750)を追加で修了すれば、①「420時間総合講座」の修了証が授与されます。

①日本語教師養成420時間総合講座
(①総合講座=②一般講座+③マスター講座)
・期間:約半年~最長3年
・受講料:A$1740
・ワークシート提出回数20回 ※前半に5回に渡りオンラインでの教え方を学習します。
上の①日本語教師養成420時間総合講座を前後半(②と③)に分けて受講する場合
②日本語教師養成一般講座 ③日本語教師養成マスター講座
・期間:約10週間~1年
・受講料:A$990
・ワークシート提出回数10回で「一般講座」修了証授与
この中で5回に渡ってオンラインでの教え方を学習します。
・期間:約10週間~2年
・受講料:A$750
・ワークシート提出回数10回
※文化庁シラバスに基づく学習内容を中心に履修。
※②の後、この③を履修することで①「420時間総合講座」修了と同等になります。
  • A$=オーストラリアドル
  • 一度に①の総合講座(A$1740)を履修する場合も、①を②一般講座(A$990)と③マスター講座(A$750)に分けて履修する場合も、どちらも合計A$1740で受講料は同じです。
  • 前半の一般講座だけで十分な方、とりあえず講座がどんなものか試してみたい方、受講料を分けて支払いたい方などが、②と③に分けて受講されていらっしゃいます。
    →参考:継続受講生のペース
  • 当講座受講生全体としては、最初から①「420時間総合講座」をお申込みになり、一度に受講を済ませる方が大多数を占めています。

Q.質問は受け付けてもらえるのですか?

A. 受講中、各回のワークシート提出時に、ご質問いただけるようになっております。質問数に限りはありますが、オンラインでの教え方に関しても、ご質問を承っております。

Q.使用するテキストは?

A. オンラインでの教え方についてはPDFファイルでの案内になります。
それとは別に、講座の前半(日本語教師養成一般講座)では以下のようなテキスト・教材を使用して日本語の教え方を学習します。

直接法に加え、マンツーマンで教えることが多いオンラインレッスンで役に立つ英語で教える間接法も当講座で学べるのが大きな特徴の1つです。

→この日本語教師養成講座の |お問合せ・資料請求仮申込(見積依頼)

日本語教師養成講座 420時間 通信教育

PAGETOP
Copyright © JEGS International Co.,Ltd. All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.
PAGE TOP