教育を通じての国際交流。日本語教師(求人/資格)情報,養成講座/アシスタント/幼稚園ボランティアの手配など:JEGS ジェグス・インターナショナル

日本語教師養成講座費用 420時間 円換算価格表

ドル安 特典!
    為替の変動に応じて    円高 ドル安 還元中=★    

 

(現在、コロナ・ショック等の影響によるドル安で受講料が安くなっています。)
円と豪ドルのグラフ

通常、この「日本語教師養成420時間総合講座(通信教育・通学)」の費用(受講料)は、
こちらの講座詳細・要綱の通り、1740オーストラリアドル(A$)。

このA$1740の受講料を、円建てにてお支払いいただくことが可能です(日本の銀行口座へお振込みでお支払いの場合)。その場合の価格は以下の表の通りとなります。

円 換算 価格表

※適用レート等に関しては下記 ※1~5 をよくお読みください。

A$1740 日本語教師養成420時間総合講座の場合

※下記 仮申込時のレート(下二桁端数切捨) ×1740 =受講費

仮申込時のA1$ (※4) →日本円換算 受講費
88円→153120円
87円→151380円
86円→149640円
85円→147900円
84円→146160円

A$990 日本語教師養成一般講座の場合

※「A$990 一般講座」とは、「A$1740 総合講座」を前半と後半に分けて受講する場合の前半部分にあたります。任意で後半「A$750 マスター講座」を追加し修了することで、「A$1740 総合講座」修了とすることができます。

※下記 仮申込時のレート(下二桁端数切捨) ×990 =受講費

仮申込時のA1$ (※4) →日本円換算 受講費
88円→87120円
87円→86130円
86円→85140円
85円→84150円
84円→83160円

上記表でご不明な場合は[ お見積書依頼/仮申込(←無料) ]を送信いただければ、メールにてお知らせいたします。
(クレジットカード払いの場合は上記 円換算額 は適用外です。→下記「クレジットカード払いの場合」参照)

  • ※1・・・本ページの$(ドル)は、すべてオーストラリアドル表(A$)示です。
  • ※2・・・上記表は、日本の銀行口座へお振込みの場合のみ適用となります。
  • ※3・・・この受講料には入学金や教材代、教材発送費用も含まれています。現地で発生するもの(銀行振込手数料や関税等)は受講生のご負担となりますので予めご了承ください。
  • ※4・・・上記の為替レートは仮申込フォーム送信時点の以下の「三菱UFJ銀行の外国為替相場一覧表のT.T.S.」(公表相場)を基準 といたします。以下の【本日の価格の調べ方】をご参照ください。

【本日の価格の調べ方】:

  1. まず、こちらの[三菱UFJ銀行の外国為替相場一覧表]のオーストラリアドルT.T.S.を確認する。
    kawase-no-mikata
  2. 次に、その円が該当する上表(円 換算 価格表)の○円を探す。その右横の赤い価格が本日の価格となります。
    例:例えば三菱UFJ銀行のT.T.S.が84.37円の場合、上の「円 換算 価格表」の84円台の項目を探し、その右横の146160円が本日の受講料となります。
  3. 上記ご不明な場合は[お見積書依頼(仮申込)](無料)を送信いただければ、メールにてお知らせいたします。
    ※土日祝除く1営業日が経過してもメールが届かない場合、迷惑メールフォルダ等に振り分けられていないか各フォルダをご確認の上、2つ(2種類)以上のメールアドレスを改めてお知らせください。

 

  • ※5・・・お見積りの有効期限について
    仮申込フォーム送信時の為替を適用し、そのお支払いの有効期限は、通常は3,4日程度以内となることが多いですが、為替の変動が激しい時などは、お支払いの有効期限を仮申込日の翌営業日までとさせていただく場合がございます。また、上記価格表は、為替情勢に応じ適時変更させていただく場合もございますので、予めご了承ください。

クレジットカード払いの場合

クレジットカード(VISA/MasterCard/American Express)払いの場合は、上記円換算価格は適用外となります。お持ちのカード会社のレートがオーストラリアドル受講料にそのまま適用されます。クレジットカード分割払いの場合も同様で、お持ちのカード会社のレートが、その都度のA$分割額に適用されます。

クレジットカードの適用レート

カードの適用レートについては、カード会社により決められ、カード会社(種類)によって異なる、カード会社とカード保有者間のプライバシーの契約事項です。ご自身でお持ちのカード会社にご確認いただくか、カード会社との契約内容をご確認ください(但し、一般的には上記三菱UFJ銀行の「TTSのレート」に1ドルあたり+1~2円乗じた額を適用するクレジットカード会社が多いようです)。

クレジットカード払いとどちらがお得か?

「どちらがお得か」につきましては、一般的には、一括払いを単純比較した場合、「日本の銀行口座へお振込み」のほうが安くなる場合が多いようです(上述の通り、カード会社の適用レートが高いため)。但し、お持ちのクレジットカードの特典(いくらキャッシュバックされるのか?何%ポイントやマイルがたまるのか?)や、実際に適用されるクレジットカードのレートなどは、カード保持者とクレジットカード会社間との契約であり、弊社ではわかりかねますので、カード会社にご確認の上、ご自身でご判断くださいますよう、お願い申し上げます。

カードでの分割払いについて

※以下よりお支払い回数をお選びいただけます。

▼日本語教師養成「総合」講座(420時間講座)A$1740をカードでお支払いの場合:

  • 1回払い(A$1740を1回でお支払い)
  • 2回払い(A$1740を→最初の月A$870、翌月A$870/またはA$990+翌月A$750)
  • 3回払い(A$1740を→最初の月より3ヶ月に渡ってA$580/月×3回)
  • 4回払い(A$1740を→最初の月より4ヶ月に渡ってA$435/月×4回)
  • 5回払い(A$1740を→最初の月より5ヶ月に渡ってA$348/月×5回)

▼日本語教師養成「一般」講座A$990(420時間の前半基礎のみ)をカード払いでお申込みの場合:

  • 1回払い(A$990を1回でお支払い)
  • 2回払い(A$990を→最初の月より2ヶ月に渡ってA$495/月×2回)
  • 3回払い(A$990を→最初の月より3ヶ月に渡ってA$330/月×3回)

※4回払いの例:「7/15に申込」→1回目:7/16頃にA$435を課金→2回目:8/16頃にA$435課金→3回目:9/16頃にA$435を課金→4回目:10/16頃にA$435を課金。(これは課金日の例です。実際の口座引落日は、カード会社規定の引落日になりますので、お持ちのカード会社とのご契約内容をご確認ください。)

※カードの分割払いの場合は、カード会社のその月々の新たなレートがその都度、適用されます。

※分割払いにすることでの別途の金利(分割手数料)はこちらでは徴収しておりませんのでご安心ください。(クレジットカード会社のローンではありませんので無金利です。)単純に上記分割額が分割月数、課金されるだけです。

オーストラリアの銀行口座へお振込みの場合

オーストラリアの銀行口座をお持ちの方は、オーストラリアの銀行口座(Commonwealth Bank)にお振込みいただくことも可能です。

但し、この場合は上記円換算価格表は適用外となり、オーストラリアドルの受講料(総合講座はA$1740、一般講座はA$990)をそのままお支払いいただく形となります。
→[仮申込フォーム]を送信いただければ、振込先(Commonwealth Bank)詳細等をお見積書にてご案内いたします。
※振込手数料は振込者ご負担となりますので、予めご了承ください。

海外送金はご遠慮ください

一般の銀行を利用しての、日本国外から日本へ、またはオーストラリア国外からオーストラリアへの「海外送金」となるものは極力ご遠慮ください。海外送金の一般知識がない方が、日本またはオーストラリアへ送金となる場合や、オーストラリアの銀行口座をお持ちでない方がオーストラリア国外から豪州へ送金される場合、本来の「受講料に満たない額」が着金してしまったり、送金から着金まで数日かかりお支払い期限を過ぎてしまう事例が発生しております。
理由は海外送金では送金国と受取国の両方それぞれで現行手数料(通常4000円~8000円相当※送金時利用金融機関により異なる)が引かれてしまい、その銀行手数料を支払わない送金者が多いためです。

海外送金の手数料は現地の銀行と受取側(日本)の銀行の2ヵ所で発生します。よって、送金先の国で引かれる手数料も事前に上乗せして本来送金しなければなりません。
【一例】:例えば、日本へ海外送金するケースでは、
(A) 受講料が仮に160000円
(B) 現地の銀行の海外送金手数料が仮に3000円
(C) 日本側の銀行の送金受取手数料が仮に4000円
だとしたら、160000円+3000円+4000円=167000円を現地の銀行窓口で支払わなければならない、ということです。この例では、現地の銀行の送金手数料を払った上で、164000円が日本に届くように送金すれば、日本側の受取銀行手数料4000円が日本で引かれ、ようやく最終的に160000円が着金することになります。
(A)養成講座受講料+(B)現地銀行の送金手数料+(C)日本の受取側銀行手数料
…現地銀行窓口にて「手数料はすべて送金人負担」とし「(A)(B)(C)を事前に合計した額」を送金しなければならない、ということです。
※注…上記各銀行手数料は、ご自身が利用される銀行により異なるため、銀行にご確認ください。

上記 海外送金の仕組みの知識がない方、こうした自己責任の部分がコントロールできない無責任な方は、海外送金となるものは絶対にご遠慮くださいますよう、お願い申し上げます。
代替案としては、日本のご親族等に依頼して、日本の銀行からお振込みいただくか、クレジットカード払い(代理人のカードでも可)をご利用ください。

代替案:リーズナブルかつ確実に日本へ送金する方法(WISE)

一般の銀行からの海外送金は、上記の通り、手数料も高額で手続きが煩雑で送金額を失敗する可能性もあります。
ご不安な方は、以下のWISE(https://wise.com/)という送金システムもご検討ください。

wise送金

WISEでは、お住まいの国の国内振込(またはデビットカード、クレジットカード)から、Wiseの現地口座間を介して、受取人の口座へ現地通貨で送金されるので、格安で日本へ送金することができます(WISEでは直接的な海外送金をせずに、受取人にお金を振り込むことができます)。

前後半わけてお振込みの場合

前半の一般講座のみ の場合

一般講座A$990のみお申込みで、日本の銀行口座へお振込みの場合は下2ケタを切り捨て計算いたします。
例:一般講座受講料A$990×[一般講座お申込み時の為替]=[お支払いいただく一般講座受講料]
※端数下2ケタは切り捨て計算します。
※後半のマスター講座(A$750)を分けてお申込みの場合も、以下の通り同様の計算となります。

420時間を前半・後半に分け、かつ日本の銀行口座へお振込の場合

420時間総合講座を前半(一般講座)と後半(マスター講座)に分けて申し込み、かつ日本の銀行口座へお振込の場合も基本的には上記と流れは同じです。

  1. まずは一般講座A$990のお申込みください(上記の通り)。→[仮申込フォーム]
  2. 次に、マスター講座A$750のお支払いができるようになりましたら、改めてマスター講座の[仮申込フォーム]をお送りください。
  • マスター講座受講料の計算も「上の一般講座のみ」の場合と同様で、以下のようになります。
    例:マスター講座受講料A$750×[マスター講座お申込時の為替]=[お支払いいただくマスター講座受講料]
  • 端数下2ケタは切り捨て計算します。
  • マスター講座は後半の応用編のため、一般講座お申込済の方のみが申込可能です。
  • 前半と後半に2回に分けてお支払いいただく場合、その都度発生する銀行振込手数料は受講生ご負担となります。また、1回目~2回目の間に為替も変動します。そのため、分割ではなく、1回の一括でお支払いされる方が多数を占めています。
<お申込み方法>

 

  1. 上記の「講座詳細・要綱」のページをよくお読みください。
  2. ご理解いただけましたらこちらの【仮申込フォーム】からweb経由でフォームを送信してください。
  3. 受領後、2営業日以内にJEGSよりお見積書またはカード詳細記入フォームを返信(Email)いたします。
  4. 正式なお申込みの場合は、お見積書記載の口座にご入金/カード詳細記入フォームを送信ください。
  5. ご入金を確認(またはカード課金)した翌 営業日には、教材を発送いたします。

→この日本語教師養成420時間講座の|お問合せ・資料請求仮申込(見積依頼)

 

日本語教師養成講座 420時間 通信教育

PAGETOP
Copyright © JEGS International Co.,Ltd. All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.
PAGE TOP