教育を通じての国際交流。日本語教師(求人/資格)情報,養成講座/アシスタント/幼稚園ボランティアの手配など:JEGS ジェグス・インターナショナル

ベトナムで受講できる日本語教師養成講座 420時間

ベトナムでの日本語の著しい需要増加に伴い、ベトナムご在住の当講座の受講生も増加しています。

ベトナム画像

当ページでは、そんなみなさんからの受講動機やご質問などをまとめてあります。

 ベトナムでの需要の高さ

Q.ベトナムのホーチミン在住なのですが、ベトナムでもこちらの日本語教師養成講座を受講できますか?これまでベトナム他東南アジアで生活した中で、現地の方の日本への関心の高さに驚いています。私が勉強することにより、少しでも日本語や日本のことを上手く伝えたいと考えています。ベトナムは海底ケーブルが数ヶ月に一度切れるという問題がありますが、回線速度の低下はこの通信講座では問題にならないでしょうか?

A.はい、ベトナムでも受講可能です。ホーチミンに限らず、ベトナム全土まで教材をお渡ししており、これまでもベトナムに受講生がいらっしゃいます。
また、受講に際しては、常時ネット接続している必要はございません。Eメール添削で、ワークシートの送受信の時のみ、ネットにつながっていればよいので、海底ケーブル問題等に関しても、それほど受講に際しては支障は生じないかと存じます。→この[420時間の養成講座詳細はこちら]

 ベトナム関連のQ&A

 ベトナムではいつ講座を始められるか?

Q. ベトナムまで教材はどのくらいで届きますか?いつ始められますか?

A. 教材がベトナムのお手元に届けば、すぐに始められます。下記のベトナムのホーチミンにご在住の方の事例では、ベトナム宛てに9月3日に発送し、9月8日には届いた模様です。通常、1週間~10日以内には届く場合が多いようです。

教材はお申込みのお手続き(お支払い)完了後、すみやかに.EMSにて発送いたします。「420時間総合講座」をお申込みされた方は最初の1回で教材すべてが発送完了となり、あとはEメールでの添削指導のやりとりが中心となります。

お申込み(お支払い)完了後、教材発送とともに、まずご本人様にEMS番号をEメールにてお知らせいたします。

そのEMS番号(荷物個別トラッキング番号)をEMS追跡サイト(https://www.aftership.com/courier/vnpost-ems)等の番号入力用空欄に入力すると、以下の通り、教材が届くまで追跡(トラッキング)ができます。

【実際の教材配達の事例】
ベトナムの日本語教師養成講座 受講生

(9月3日発送→9月8日受取)
以上の通り確認できますので、教材到着まで楽しみにお待ちください。

教材到着までの期間のおおよその目安:約1-2週間

※上記は実際の追跡例ですが、プライバシー保護のため、表示の番号等は変えてあります。
※ご利用のインターネット・ブラウザによって画面表示仕様が異なる場合があります。
※各国の郵便局(郵便サービス)の諸事情により、webの仕様や追跡画面のデザイン・レイアウト等は予告無く変更されている場合があります。予めご了承ください。

 局留めや受取人を別にしてもよいか?

Q. ベトナムの郵便事情が不安なので、現地の局留めで受け取ってもよいでしょうか?また、郵送する荷物が大きいと思うので、教材送付先の宛名に、もし私(日本人)の名前を書いてしまうと外国人として扱われて、郵便物が届かない等、時間的・金銭的また手続き上、大幅な負担になってしまいます。そこで、送付先の宛名(受取人)を、夫(ベトナム人)の名前にして送っていただくことは可能でしょうか?

A. 局留めは問題ございません。ご指定の郵便局宛てに発送しますので、仮申込の際の教材送付先住所に、その局の住所・名前をご記入ください。尚、局留めで受け取れるかどうか、や、局での受け取り方法などにつきましては、ご自身でその局に事前にご確認くださいますよう、お願い申し上げます。
また、代理の方を受取人にすることも対応可能です。仮申込の際の教材送付先の記入欄に、お受取人のお名前も含めてご記入ください。

 ベトナムでなんとか日本語教師として働きたい

Q. 現在、ベトナム(ハノイ)在住のものですが、日本語教育関連の仕事を探しています。ただ無資格で経験もあまりない為、仕事を見つけるのが難しい状況です。何かご紹介いただけるような仕事がございましたら是非、ご連絡をいただけますようお願い致します。(オンラインの仕事でも結構です。)現在は個人で数名の生徒だけですが、日本語会話の指導をしています。また、日本語学校の立ち上げ、運営・管理の仕事にも関心があります。もし応募可能な仕事がありましたら、ご紹介いただけますようお願い致します。私は現在、会社に属して勤務しておりませんので、自由に活動ができる状態です。もしベトナムにおいて何か協力させていただだけそうな事がございましたら仰ってください。何卒、宜しくお願い致します。

A. ベトナムでの日本語教師情報につきましては、こちらのベトナムでの求人募集情報のページにたくさん寄せられていますので、それらの求人にできるだけ多く当たると道が開けてくるかと存じます。その際に資格が必要な場合は、当日本語教師養成講座などを就活と併せて受講されるとよいかと存じます。養成講座は受講途中でも(修了していなくても)「修了見込み」の状態でも採用の際に認めてくれる雇用機関もあります。

 ベトナムでの労働許可の「師範の資格」として

Q. 現在ベトナムに在住していますが、ベトナムでの労働許可の手続き上、日本語師範の資格が必要と言われましたので、この通信コースの受講を希望しています。現在の所、ベトナムではどのような書類が「師範の資格」に該当するか不明です。そのため来年の日本語教師試験を受験する予定ですが、「420時間修了証明書」もベトナムの機関で通用するか知りたいので、修了証明書にどのような内容(発行機関名、発行国、捺印の文字など)を記載するか教えて頂けますか。ベトナムの機関に内容を確認してみて、大丈夫ならぜひとも受講したいと思います。

A. 修了証明書の文言等につきましては、上記教材詳細ページ「よくあるご質問Q13;【修了証】修了証はどのようなもの?」にて記載しておりますのでご参照ください。
以前にも同様の質問をされた方が、当講座受講に至りましたので、当講座はご希望にそうものかと存じますが、労働許可の判断は、個々人によって、また、その時々の現地当局の判断によっても異なる場合がありますので、最終的な判断は、ご自身でベトナムの機関にご確認くださいますよう、お願い申し上げます。

 ベトナムではこの日本語教師養成講座の受講生は多いですか?

Q. 御社の日本語教師養成講座は、世界中に受講生が6000名を超えているそうですが、ベトナムでは受講生は多いですか?また、ベトナムではどのような方が受講していますか?

A. 近年、ベトナムへの日系企業の進出が進むにつれ、日本語教育の需要が高まり、それに伴い、日本語教師養成講座の受講生も増えてきております。ベトナムでの日本語教師の求人数も目を見張る勢いで増加していますので、今後も当講座受講生も増加することが見込まれます。
これまで受講された方をみると、ベトナムは他国と違って、男性受講生が多い傾向があります。皆さん、日系企業で働かれている方などが多いようです。
直近では、以下のような方々が受講されています。

  • トゥアン・アン・タウン(Thuan An)ご在住の21歳女性
  • ホーチミン市(Ho Chi Minh City;HCMC)ご在住の41歳の男性、48歳の男性
  • ハノイ(Ha Noi)ご在住の23歳の男性、36歳の男性

など。また、以下のような受講動機が寄せられています。

ベトナム在住4年と9ヶ月です。こちらで現地採用の分野の異なる仕事をいくつかしましたが、私の性格やスキルに対する仕事のマッチングが悪く、失敗続きでした。
現在は技能実習生の送り出し機関で日本語を教える今の仕事をしています。ただし無資格です。そして、実習生受け入れ先日本企業はどうやら普通の実習生より、語学の要求水準が高いようです。
日本語教師は、自分が経験した中では、もっとも自分に向いているという実感がありますが、無資格のままキャリアを積めるほど甘くないと思っています。
実際に今月から大学の非常勤講師を週二回やるのですが、今年から有資格者に日本語教師を限定する通達がありました。私を含めて、この通達前に採用が決まっていた者は来年2月までの猶予期間がありますが、折角の大学での仕事が、短期で終わってしまう事は残念です。とにかく資格が求められる状態なのが受講理由です。(ホーチミンご在住の39歳男性)

ベトナムは、他国に比べ、男性の受講生の割合が多いようです。これは日系企業の進出先が中国からベトナムへと移管し、ベトナム駐在されている方が増えてきているためかと思われます。

現在、ハノイで教職に就いているため、日本語を教える機会があります。そこから、日本語を教えるにあたっての本格的な知識を得たいと思ったため。(ハノイご在住の22歳女性、保有資格:幼稚園教諭2種、小学校教諭1種)

日本語教師を目指される方は、他の教職の免許をお持ちの方も多いです。

現在、JICAのボランティアとしてベトナムで働いています。ベトナム語を30代で一から学び、苦労も多いですが、その土地の言語で現地の方々と交流する楽しみを日々感じながら生活しています。
日々の語学学習を続けられているのは、熱心にベトナム語を教えてくれた語学学校の先生のおかげです。
いつしか私も、先生のように、海外で新たなチャレンジをする人の力になれる日本語教師になりたいと思うようになり、今回の受講となりました。(ハノイご在住の33歳女性)

「ベトナムでの日本語学校開校」という大きな夢を抱いて、日本にいるうちから当講座を受講される方もいらっしゃいます。

妻がベトナム人ですので3年後を目安にベトナムへの移住を考えております。その際、妻と私とでベトナムで日本語学校の開設ができればと考えております。資格取得というより、外国人に教える術が身につけば問題ないと考えております。(千葉ご在住の53歳男性)

来年の4月より、ベトナムにて日本語の講師をする際、就業機関より日本語講師講習の受講を要請されたためです。(横須賀ご在住の59歳男性)

大学時代、日本語教育を副専攻し、日本語教師を目指していましたが、諸般の都合により日本の公立中で国語教師をしておりました。しかし、どうしても日本語教師への道を諦めきれないことや、今自分が持っている資格では日本語教師の採用がなかなか決まらないことに焦りを感じはじめ、受講を希望しました。(ベトナム・ハノイご在住の30歳女性)

主人のベトナム出向に帯同しています。現地での日本語需要を体感、教えることができたら良いなぁと思い、申し込みいたします。本当にできるか自分自身への確認に時間がかかってしまいましたが、結果、チャレンジしてみることにしました。お世話になります。教材楽しみにお待ちしています。(横浜ご出身の38歳女性)

※上記はいずれも受講開始時のご年齢です。

以上のように、様々なバックグラウンドをお持ちの方がベトナムにいらっしゃり、それぞれの用途に応じて、当講座を受講されていらっしゃいます。

→ ベトナムで受講できる日本語教師養成講座の|資料請求・お問合せ仮申込(見積依頼)
Copyright; JEGS International Co.,Ltd. All Rights Reserved.

日本語教師養成講座 420時間 通信教育

PAGETOP
Copyright © JEGS International Co.,Ltd. All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.
PAGE TOP