教育を通じての国際交流。日本語教師(求人/資格)情報,養成講座/アシスタント/幼稚園ボランティアの手配など:JEGS ジェグス・インターナショナル

日本語教師講座受講生の内訳(年齢・男女比・国)2024

日本語教師養成講座受講生2024年

当ページでは2024年に日本全国及び世界各地から、こちらの日本語教師養成講座 420時間 通信教育 にお申込みをいただいたの受講生の内訳(ご年齢や男女比、受講地など)をご紹介しています。

以下、2024年の受講生の内訳となります。

年齢・年代

これまで最年少は16才から、最高齢は76才まで、様々なご年齢の方が受講されています。各月の受講生のご年齢の内訳は以下の通りです。

2024年5月 ※平均年齢:40.14歳

20歳台:14.29%
30歳台:42.85%
40歳台:14.29%
50歳台:21.43%
60歳台:07.14%
※5月の受講生の平均年齢は前月とほぼ同じになりました。5月の受講生の最年少は25歳、最高齢は60歳でした。

2024年4月 ※平均年齢:40.31歳

20歳台:15.39%
30歳台:46.15%
40歳台:00.00%
50歳台:38.46%
60歳台:00.00%
※4月の受講生の最年少は23歳、最高齢は57歳でした。40歳台と60歳台はいらっしゃいませんでした。40代がいらっしゃらないのはかなり珍しいことです。

2024年3月 ※平均年齢:41.36歳

20歳台:18.19%
30歳台:27.27%
40歳台:27.27%
50歳台:27.27%
60歳台:00.00%
※3月の受講生の最年少は26歳、最高齢は58歳で、60歳台はいらっしゃいませんでした。各年齢層からほぼ均等にお申込みをいただきました。

2024年2月 ※平均年齢:44.27歳

20歳台:26.66%
30歳台:06.67%
40歳台:20.00%
50歳台:33.33%
60歳台:06.67%
70歳台:06.67%
※2月の受講生の最年少は22歳、最高齢は76歳でした。これまで74歳だった歴代受講生の最高齢記録を更新しました。

2024年1月 ※平均年齢:36.95歳

20歳台:27.27%
30歳台:13.64%
40歳台:45.45%
50歳台:09.09%
60歳台:04.55%
※2024年1月は20名を超えるお申込みをいただきました。1月の受講生の最年少は22歳、最高齢は60歳でした。40代の中堅どころの方々は2人に1人を占めました。

男女比

当講座受講生の各月の男女比は以下の通りです。毎月 概ね、女性が8~9割を占めます。これは日本語教師として日本語学校などで勤務されている方の割合と同じような割合で、圧倒的に女性が多い職業と言えます。

  • 【2024年5月】 女性64.29%、男性35.71%
  • 【2024年4月】 女性84.62%、男性15.38%
  • 【2024年3月】 女性100.0%、男性00.00%
  • 【2024年2月】 女性86.67%、男性13.33%
  • 【2024年1月】 女性100.0%、男性00.00% ※1月は男性受講生はいらっしゃいませんでした。

受講地

これまで日本国内は47都道府県、海外は83ヶ国以上に受講生が誕生しています。

2024年5月 日本:海外=28.57:71.43 %

未曽有の円安の影響もあってか、5月も圧倒的に海外ご在住者からのお申込みが多くなりました。
5月の海外は、英米豪など毎月受講生が多い国の他に、リトアニア、インド、中国、香港、シンガポールなどからお申込みをいただきました。
一方、日本国内は大分県、愛知県、静岡県など。もちろん、毎月受講生が多い東京にも新たに受講生が誕生しました。

2024年4月 日本:海外=15.38:84.62 %

4月は圧倒的に海外ご在住の受講生が多数を占めました。海外は、イタリア、ドイツ、イギリスなどの欧州方面から、インド、香港、シンガポールなどのアジア、そして毎月受講生が多いオーストラリア、アメリカ、カナダなど欧米圏からは複数のお申込みをいただきました。
一方、日本国内は大分県など九州から東京の東日本まで受講生が新たに誕生しました。

2024年3月 日本:海外=54.55:45.45 %

3月は中南米のグアテマラからもお申し込みをいただき、これで受講生のお住まいの国は、83ヵ国に拡大しました。その他、イタリア、スイス、フランスなどの欧州、そしてカナダに新たに受講生が誕生しました。
一方、日本国内は、長崎、兵庫、愛知、茨城、東京まで、西日本から東日本まで広くお申込みをいただきました。

2024年2月 日本:海外=46.67:53.33 %

2月は受講生の国内組と海外組がほぼ半々の割合になりました。
日本国内からは大阪、京都など近畿地方をはじめ、東京、そして特に神奈川県からたくさんのお申込みをいただきました。
一方、海外はアメリカ、オーストラリアからのお申込みは相変わらず多く、ドイツ、イギリス、オランダなど欧州方面、そしてアジアは韓国、香港などに新たに受講生が誕生しました。

2024年1月 日本:海外=36.36:63.64 %

1月は、日本国内は南は熊本、福岡など九州から、大阪、愛知、石川へと続き、千葉、東京、そして北は北海道まで、日本列島を縦断するように受講生が誕生しました。

一方、海外は、いつも受講生が多いアメリカ、オーストラリア、イギリスからそれぞれ複数人がお申込みになり、欧州もフランス、スイスから、そしてアジアはタイ、中国、そして南米のペルーまで、こちらも地球儀を横断するように、世界のあちこちからお申込みをいただきました。

講座に関するQ&A

その他、最近承った当講座に関するご質問などを以下にまとめました。

Q.ユーロで支払う場合、どちらがお得か?

質問
Q.申し込みに際して受講料の振込先に関する疑問が出てきましたので、ご連絡させていただきました。受講料はWISEを利用して送金しようと考えております。

  1. イタリアから送金するのですが、円建ての支払いがいいのか、オーストラリアドル建てでの支払いの方がいいのか、どちらがいいのでしょうか?金額や送金時間等に差はありますでしょうか?
  2. WISEの使用は初めてなのですが、口座の開設及び送金は受講者本人(私)以外でも可能でしょうか?別人(私の配偶者)が口座開設及び送金する場合でも受講可能でしょうか?

回答
A. まず1について。
結論から申し上げますと、どちらも大差はありません。

あくまでこのお問合せ時(当返信メール送信時現在)の試算となりますが、 まず、今、総合講座(1740 AUD)を仮申込をいただいた場合、 167,040 円となります。
※AUD・・・オーストラリアドル

それをもとに、こちらのWISEの画面 https://wise.com/wishes/ で上記金額を入力したところ、

  • 日本円建ての場合:167,040円 → 1,058.73 ユーロ
  • AUD建ての場合:1740AUD → 1,062.34 ユーロ
    ※送金手数料等含む

となり、日本の銀行口座へのお振込み(日本円建て)のほうが、若干ですが、安くなります。

また、銀行システムの特性上、日本への方が、着金確認等は早くなります。

実際は、ご質問者様が仮申込される日時、 そして送金される日時によって 上記金額より変動します。ご了承ください。
上記URLで、ご自身で試算できるかと存じます。

尚、WISEで送金される場合、 こちらの登録メールアドレスを 仮申込後 お知らせしますので、 メアド入力だけで簡単に送金できるかと存じます。

次に2について。
送金者の件ですが、受講生以外の方からの送金でも構いません。その方(口座開設者及び送金者)のお名前をお知らせください。その送金者のお名前で着金があれば、ご質問者(受講生)と認識して、こちらで処理いたします。

Q.アメリカドル払いだとどちらが安いか?

質問
Q. 支払方法について日本口座に送金としていますが、WISEで送金の見積もりも頂きたいです。私はアメリカに在住しており、恥ずかしながらできる限り最安値で支払いしたいためです。$からオーストラリアドルのレートが混乱してしまうので、参考までにお伺いしたいのですが(レートは申込みのタイミング等で変動し、一概に言えないことは承知しております)可能でしたら$からA$の参考見積り頂けないでしょうか。お手数お掛け致します。よろしくお願い致します。

回答
A.あくまでご参考までの、 返信(当メール送信)時現在の WISE https://wise.com/wishes/ でのお見積り金額の、 日本の銀行口座へお振込みの場合の金額となりますが、総合講座が167,040円となります。それを元にWISE送金での各通貨建てで計算すると、

  • 日本円建ての場合:167,040円 → 1,133.05 アメリカドル
  • AUD建ての場合:1740AUD → 1,137.74 アメリカドル
    ※送金手数料等含む

となり、大差はありませんが、日本円の額を元に送金したほうが、若干、安くなるようです。

実際は、仮申込のタイミングや送金される日時によって変わってきますので、 上記金額より変動します。 あくまで参考としてご提示したまで、アメリカドルで直接頂戴するわけではございませんので、 通常はアメリカドルの例示はおこなっておりません。ご了承ください。

→詳細:WISEでの海外送金方法

Q.英語での教え方と英語力について

質問
Q. 英語で日本語を教える間接法を中心に学びたいのですが、英語の間接法とオンラインでの日本語の教え方の2つは日本語教師養成一般講座(「総合講座」の前半のみ:通信)の中に組み込まれてるのでしょうか? また、英語は苦手で久しくご無沙汰しているのですが、受講は大丈夫でしょうか?

回答
A. はい。英語で日本語を教える間接法やオンラインでの教え方についての学習は、前半の一般講座にも「組み込まれて」います。

次に、当日本語教師養成講座受講に際しての英語力については、英語に対してやる気があれば(アレルギーがなければ)大丈夫です。
英語の間接法を学ぶ部分において、 ほとんどの教材には日本語訳が付されています。
講師も日本人で、英語が苦手な方にはその部分を配慮して添削指導に当たります。

過去の受講生内訳

→ この日本語教師養成420時間講座の|お問合せ・資料請求仮申込(見積依頼)

日本語教師養成講座 420時間 通信教育

PAGETOP
Copyright © JEGS International Co.,Ltd. All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.
PAGE TOP