教育を通じての国際交流。日本語教師(求人/資格)情報,養成講座/アシスタント/幼稚園ボランティアの手配など:JEGS ジェグス・インターナショナル

日本語教師指導要綱:養成講座教材テキスト閲覧

「日本語教師養成420時間総合講座」
教師用マニュアルとなる日本語教師指導要綱1と2について

日本語教師指導要綱 I

この「日本語教師指導要綱I」(Spoken Japanese Beginners I Teacher’s Manual)テキストは、こちらの「Spoken Japanese Beginners I」(生徒用のテキスト)の和訳版で、日本語を教える教師、つまりあなた用にこのテキストがあります。

「Spoken Japanese Beginners I」はローマ字と英語でしか記述されてませんが、この「日本語教師指導要綱I」テキストでは日本語で解説してますので、基本的には辞書をひく必要はありません。

また、「理論を学ぶ」と言っても、いわゆる国語文法(学校文法)とは違い、外国人(ここでは英語圏の人々)から見た日本語の体系化を学びますので、国語文法が苦手だった人でも、「白紙の状態から」日本語の文法を整理していくことができます。

教師がまずテキストを理解しておかなければ、とうてい生徒に教えることはできませんから、本テキストでは具体的かつ詳しく丁寧に説明しています。

学習を進めていく上のコツですが、できれば本書を先に読み、それからテキストと解説用CDを利用するようにしてください。また、日本語教育に関しての基礎的な知識も本書を通じて習得できるよう、配慮してますので、ワークシートの課題以外のところも必ず目を通して理解しておいてください。

日本語教師指導要綱表紙
▲A4(見開きでA3)サイズ、100ページ、厚さ1cm弱▲

 内容

この日本語教師指導要綱I(教師用マニュアルI)は「Spoken Japanese Beginners I」同様、全20課からなり、各課は次のように5つから構成されています。

【1.概要】
その課の内容と目標を他の課と関連させながら、かいつまんで説明しています。

【2.テキストの和訳と解説】
テキストのexplanation(慣用表現の説明)とgrammar(文法)の和訳とそれに関する解説をしています。内容を把握したら、できるだけテキストを見ないで英文の説明ができるように練習してください。テキストに書かれている通りに覚えて結構です。

【3.口頭練習】
基本的に各課のexercisesから代表的なドリルを選抜して練習のさせ方と指導上の注意点を説明しています。

【4.追加学習】
テキストにあるextra studyで、その教え方に特に注意を要するものに限って解説を加えています。

【5.復習】
テキストにあるReviewは復習のさせ方で、特に心がけてもらいたいことがある場合に解説を加えています。

日本語教師指導要綱サンプル1日本語教師指導要綱サンプル2
▲テキスト中身:クリックをすると拡大画像をご覧いただけます▲

以上が日本語教師養成講座の「日本語教師指導要綱I」の解説となります。

日本語教師指導要綱 II

この「日本語教師指導要綱II」テキストは、上記「日本語教師指導要綱I」テキストの続きで、「Spoken Japanese Beginners II」の和訳版です。
全20課(21~40課)から構成され、各課は以下のように3段階にわかれています。

日本語教師指導要綱2表紙
▲A4(見開きでA3)サイズ、108ページ、厚さ1cm未満

 内容

1.【概略】
その課の内容と目標を他の課と関連させながら、かいつまんで説明しています。

2.【テキストの和訳と解説】
テキストのexplanations(慣用表現の説明)とgrammar(文法)の和訳とそれに関する解説をしています。ただし、テキストの英文で意味が理解できる人は飛ばしても構いません。

3.【追加学習】
その課とは直接関係なくても覚える必要があるものも含め、その和訳と解説が記載されています。

【備考】:テキストの時間配分
「Spoken Japanese Beginners II」(「日本語教師指導要綱II」)は一課につき、おおよそ3時間かけて教えていきます。もちろん、生徒の習得具合によっては2時間になったり4時間になったりする場合もありますから、日本語教師のみなさんの判断で臨機応変に対応するよう、心がけましょう。

日本語教師指導要綱IIサンプル1日本語教師指導要綱IIサンプル2
▲クリックでテキスト内部の拡大画像がご覧いただけます。

<テキスト目次>一部抜粋
■第21課:「寿司の方が好きです。」
慣用表現の説明:「お願いします」「~にします」「一つ」「かしこまりました」「込んでいます」
文法:「比較(I)」「助詞‘と’(II)」「助詞‘より’」「要請形‘名詞+を下さい’」
追加学習:助数詞(I)

■第22課:「どなたが来ますか」
慣用表現の説明:「どうですか」「やっぱり」
文法:「助詞‘が’(II)」「助詞‘が’と‘は’」「形容詞+そうです」
追加学習:助数詞(II)

■第23課:「歌い過ぎないで下さい」
テキストの和訳と解説
文法:「動詞の前ます形+やすいです」(イ形容詞)、「動詞の前ます形+にくいです」(イ形容詞)、「動詞の前ます形+始める」(第二群動詞)、「動詞の前ます形+終わる」(第一群動詞)、「動詞の前ます形+に行く」(第一群動詞)、「動詞の前ます形+に来る」(不規則動詞)、「動詞の前ます形+過ぎる」(第二群動詞)
(以下略)

以上が、「日本語教師指導要綱II(日本語教師用マニュアル)」のテキスト概要になります。

【その他の教材サンプル】:
1.日本語教師養成総合講座ガイド(学習の手引き)
2.Spoken Japanese Beginners I&II
3.日本語教師指導要綱I&II(教師マニュアル)
4.日本語教師養成一般講座DVDと通信コース解説CD
5.日本語教育全書
6.基礎口語日本語
7.日本語教授直接法
8.ワークシート(一般通信・マスター講座)
9.教え方実践授業風景DVD・・・「英語を使う間接法」「直接法-実習生デモンストレーション」
[参考教材]:検定試験の過去問を通信教育で解説指導
[添削方法]:Eメール添削方法について
→ この日本語教師養成420時間講座の|お問合せ・資料請求仮申込(見積依頼)
(C) Copyright JEGS International Co.,Ltd. All Rights Reserved.

日本語教師養成講座 420時間 通信教育

PAGETOP
Copyright © JEGS International Co.,Ltd. All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.
PAGE TOP