教育を通じての国際交流。日本語教師(求人/資格)情報,養成講座/アシスタント/幼稚園ボランティアの手配など:JEGS ジェグス・インターナショナル

香港で受講できる日本語教師養成講座

アジアの中では当日本語教師養成講座の受講生が一番多い、中国。その中でも特に香港にはたくさんの受講生が誕生しています。

 香港と検定と420時間の関係

Q.香港在住ですが、香港でも御社の日本語教師養成講座を受講できますか?この講座を受けて、最終的に試験を受けて日本語教師になれるという事でしょうか?その試験は毎年10月の年一回と見たのですが、もし、私が今からスタートしたら10月の試験には間に合いますか?

A.はい、香港でも当420時間の通信講座は受講できます。アジアでは日本国内に次いで、中国が一番、当日本語教師養成講座受講生が多い国になっており(→受講生分布参照)、その中でも香港は特に受講生が多い地域です。
また、当講座は日本語教育能力検定試験の対策も含まれており、続々と検定合格のご一報が届いています。

尚、当講座を修了するのに、その検定試験を受験しなければ日本語教師になれない、ということではありません。420時間講座修了と検定合格は、別物(それぞれ独立した資格)です。
特に香港等海外では一律の基準はないので採用側の判断基準次第ですが、当講座を修了すれば「420時間講座修了」となり、それがそのまま日本語教師の資格に該当します。(もちろん、その後、日本語教育能力検定試験を受けるのもご自由です。)
→この講座の[資料請求・お問合せはこちら]
以下、香港にお住まいの方々から寄せられた当講座に関するご質問などを中心にご案内いたします。

 香港で受講する場合

 EMSでの発送とトラッキング・不在票について

Q. 香港に教材を送っていただけるとのこと、大変嬉しく思います。現在使っておりますパソコンで、メールにありましたワークシートもワードで開き、編集することができます。ですので、インターネットで添削していただけると思います。新しいことを始めるということは、何とも楽しみです。
仕事柄、自宅を長期間空けることもあるので、教材発送時にトラッキング番号があるのは大変有り難いです。仮に教材が到着した日に自宅にいなかったとしても、不在票を入れておいてもらえますでしょうか?お支払いの確認を取っていただけたら、教材を発送していただけるのですか?(Tung Chungご在住の26歳女性)

A.
お申込みのお手続き(お支払い)完了後、すみやかに教材はEMSにて発送します。「420時間総合講座」をお申込みされた方は最初の1回で教材すべてが発送されます。

教材発送のお知らせとともに、ご本人様にEMS番号をEメールにてお知らせいたします。(ご不在の場合は、通常はご自宅の郵便受けに不在票が投函されます。)

そのEMS番号(荷物個別トラッキング番号)を「荷物個別番号検索ページ」(http://app3.hongkongpost.com/CGI/mt/enquiry.jsp)のTrack&Traceのところに入力すると以下の通り、香港に教材が届くまで追跡(トラッキング)ができます。

中国 香港で日本語教師養成講座 受講生


以上の通り確認できますので、教材到着まで楽しみにお待ちください。

香港までの教材到着のおおよその目安:約1週間~10日程

※上記は実際の追跡例ですが、プライバシー保護のため、表示の番号等は変えてあります。
※各国の郵便局(郵便サービス)の諸事情により、webの仕様や追跡画面のデザイン・レイアウト等は予告無く変更されている場合があります。予めご了承ください。

Q. 費用や分割払いは可能か?

Q1.九龍に住んでいますが、御社の講座を受講することはできますか?また、420時間の受講を終えると資格を取得できるのでしょうか?費用はどれくらいかかりますか?分割で支払うことはできますか?

Q2. 教材は、直接、海外への発送は可能でしょうか?また、受講料は香港ドルで今現在、いくらになりますか?遅くても11月にはスタートしたいと思っています。メールでの添削というのは、添付したり、難しいでしょうか?パソコンが苦手な為、出来るか?と心配です。郵送だと日数がかかるので、あまりお勧めではないのですよね??お返事、お待ちしております。よろしくお願い致します。

A. はい、香港へも教材は発送しており、これまでも香港ご在住の受講生はたくさんいらっしゃいます。講座を修了すれば、420時間修了となり修了証を授与しております。
料金については、その時の為替にもよりますが、およそ15万円前後(当頁アップ時現在)で、右下の「仮申込フォーム」を送信いただければ詳細をご案内いたします。分割については、クレジットカード(VISAまたはMastercard)払いの場合は1回~5分割払いまでお選びいただけます。ご自身のカードをお持ちでない方は、ご親族等のカードでの代理払いでも構いません。または日本国内のネットバンクまたは日本にいらっしゃるご親族等による代理での銀行振込も承っております。
添削についてですが、このようにお申込み前からメールでやりとりできている方に関しては、通常、問題なく受講できていらっしゃいますので、ご心配は無用です。

Q3.この420時間講座はどのくらいで修了できますか?

A. 個人差があることですが、早い方(できる方)で半年程、通常は7,8ヶ月から1年弱程度で修了される方が多いです。通信講座ですので、ご自分のご都合に合わせて進められます。講座の受講期限自体は、トータルで3年と余裕をもって設けてありますので、お仕事をされながらとか、子育てをしながらでも無理なく受講できるようになっています。

Q. 近々香港に引っ越すが養成講座を受講継続できますか?

Q. 現在日本にいますが、6月頃から香港に行くことになるかもしれません。居住地が変更になった場合も問題なく受講出来ますか。また、結婚にて受講開始時と苗字が変わった場合には、修了証書の発行時には対応頂けるものでしょうか。以上教えて頂けると大変助かります。

A. 香港への転居は特に問題ございません。Eメールが利用できる環境なら世界中どこからも受講可能です。万が一、Eメールが使えない場合は、FAXまたは郵送での添削も可能です。また、ご結婚による苗字の変更も特に問題ございません。受講中で構いませんので、その変更となった苗字を余裕を持ってお知らせくださいますよう、よろしくお願いいたします。修了証のお名前は変更後の苗字を記載いたします。

Q. 420時間総合講座と一般講座の違いは?

Q1. 現在香港在住で、通信で日本語教師の資格を取得したいと思っております。御社は老舗で、過去に沢山の生徒を輩出されている点が大変興味深く、早速にでも受講したいと考えております。420時間総合講座と同時に日本語教師養成一般講座(通信)を受講する必要はありますでしょうか。

A. いいえ。「420時間総合講座」に、「一般講座(通信)」は含まれています。「一般講座」というのは、「420時間総合講座」を前半と後半に分けた場合の、前半です。
前半「一般講座」+後半「マスター講座」=「420時間総合講座」となりますので、「420時間総合講座」を始めから受講される方は、別途「一般講座」を受講する必要はございません。

Q2. 通信講座で420時間受ける場合には、受講期間の期限はありますか?そしてこの終了資格は永久的なものでしょうか?

A. 当日本語教師養成講座の受講期限はトータルで3年ございます。通常は半年超~1年弱で修了される方が多いです。
また、一般的に、420時間修了の資格の効力には期限はなく、永久です。

Q.香港ではどのような方が受講していますか?

以下、当講座に寄せられた受講動機の一部をご紹介いたします。

 副業として

現在香港の一般企業で働いておりますが、副業について考える中で日本語教師の講座に興味を持ちました。(Kowloonご在住の37歳女性会社員)

 英語力を活かせる間接法を学びたい

間接法も教えて頂ける事が他の学校と違うことで興味があります。アメリカ22年、香港5年滞在中、ボランティアで(英語で) 日本語を教えましたが、独学では限界があり、この度日本に帰国したのできちんと学びたいと考えました。直接法が主流のようですが、英語が活かせるよう間接法も学びたいと思っています。(58歳主婦)

 すでに教えているが

現在日本語を教えております。香港の語学学校で教授法を学んだのですが、正式な資格ではありません。もちろん能力試験の受験も視野には入れておりますが、この講座修了で一応の資格が得られると言うのが、私の受講の目的です。
国家資格として唯一のものがないことはわかっておりますが、420時間の日本語教師としての講座修了しているか、日本語教育能力検定試験に合格しているかのどちらかが資格と承認されるものだと思います。(48歳女性)

 自分の探していた講座に一番近い

香港在住なのですが、通学できる自分にあった学校が見つからず、通信講座もいかがなものかと諦めかけていましたが、御社HPにて420時間通信総合講座について拝見し、自分の探していた講座にいちばん近いと思い、受講を希望いたしました。(40歳女性)

 ハーフでトリリンガルな我が子にまずは教えたい

15年程前A社の通信講座をとりましたが、仕事で忙しく、また、DVDもなく、検定目的の教材だったため、最後まで終わりませんでした。
子供がトライリンガルなため、日本語がイマイチなので、毎日、外国人に日本語を教えているようです。
通信だけでは、なかなかクラスの雰囲気がつかめませんが、私自身、香港人の友達に日本語を教えたり、私がフランス語をクラスで習ったため、なんとなく外国語クラスで何を教材にすべきか、感覚としては分かるような気がします。習う人の目的によって変わってきますし、私は今、日本語が苦手なハーフの自分の子供に教えているので、大人の人にビジネス日本語教える方が楽なような気がします。。。私は、無給でもアシスタントから始めて、経験を積んで、その後個人で教えられればと思っております。(45歳女性)

 香港での語学留学を機に

9月末から香港で語学留学を半年間する予定です。その後現地などで日本語教師をしたいと考えております。(愛知県ご在住の34歳女性)

 生涯携われる職で社会に関わっていきたい

小さい頃より父の仕事の関係で海外で生活をし、ニューヨーク、東京、香港で仕事をしてきました。30歳で退社してから今は会社の経営等をしていますが、いずれは一線を退けるタイミングで長く携わっていける日本語教師として社会に関わっていければと考えたためです。(35歳男性)

 子育てで時間があるため

現在香港在住、子供を授かり、日本に一時帰国と同時に時間がある為、前から興味があった、日本語教師の勉強を今しようと思った為。(30歳女性)

 日本のことを答えられなかったので

インターナショナルスクールに通っていたので、英語はできます。香港にて日本のことをいろいろ聞かれ答えられなかった経験もあり、勉強してみようかと考えました。(香港に6年在住の23歳女性)。

以上のように、みなさんいろいろな動機で当講座を受講されています。

→この香港で受講できる日本語教師養成講座の|資料請求・お問合せ仮申込(見積依頼)
Copyright; JEGS International Co.,Ltd. All Rights Reserved.

日本語教師養成講座 420時間 通信教育

PAGETOP
Copyright © JEGS International Co.,Ltd. All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.
PAGE TOP