教育を通じての国際交流。日本語教師(求人/資格)情報,養成講座/アシスタント/幼稚園ボランティアの手配など:JEGS ジェグス・インターナショナル

福岡で受講できる日本語教師養成講座420時間

 定年退職後、海外で経験をいかしたい

Q.福岡県在住ですが、福岡でも日本語教師養成420時間講座を受講できますか?教諭在職し定年退職後、講師として今年の3月まで福岡の小学校で勤務していました。海外でも今までの経験が何とを生かせないかと模索中で、物価が安いところ治安のいいところ且つ求人のあるところとして、今のところタイやマレーシアを検討しています。英語は学校を卒業してほとんど学習していないのでこれから同時並行で学習予定です。

A.はい、可能です。これまでも九州では福岡が一番、当講座の受講生が多い地域となっております。(→「受講生分布」参照)
また、最初に頂戴する受講料以外に追加の郵送料等は頂戴しておりません。
→この講座の[資料請求・お問合せはこちら]

 福岡で受講する場合のQ&A

 この420時間講座は、福岡ではどのような人が受講されてますか?

A. 上記のような背景から、当ページで紹介している日本語教師養成講座の需要も、福岡では高く、やはり九州では福岡県が一番、受講生が多い地域となっています。(上記受講生分布で確認できます。)
ちなみにこれまで、福岡県からは以下のような方々が受講されています。

  • 北九州市八幡西区25才女性、カナダ渡航後、オンタリオ州で日本語教師をするために講座受講
  • 北九州市小倉北区29歳女性/北九州市小倉北区31歳女性/北九州市門司区35才女性
  • 北九州市小倉南区30歳女性/北九州市八幡西区41歳女性
  • 北九州市小倉南区52歳女性、420時間修了と日本語教育能力検定試験合格のW目標で講座受講
  • 福岡市城南区24歳女性/中央区26歳女性/中央区41歳女性/中央区57歳の幼稚園教諭の女性
  • 福岡市博多区23歳の女性、現在、英語教師で韓国渡航後、韓国で日本語教師をするために、ハングルの学習とともに当日本語教師講座を受講。
  • 福岡市早良区26歳女性/早良区の40歳女性は、日本語教育能力検定を一度不合格になり、当講座を勉強しながら再度検定挑戦予定。
  • 福岡市東区23歳男性/福岡市南区31歳女性、中国に帰国後、母国で日本語教師をするために受講
  • 久留米市28歳女性、着物着付指導者/久留米市32歳女性/宗像市21歳女性
  • 粕屋郡篠栗町23歳男性/京都郡26歳女性/糸島市29歳女性/朝倉市30歳女性
  • 行橋市29歳女性4月からワーキングホリデーにてオーストラリアに滞在予定。
  • 前原市34歳女性/福津市38歳女性、韓国で日本語教師
  • 筑紫郡那珂川町38歳女性/豊前市38歳女性/遠賀郡51歳小学校教諭の女性

それ以外にも、福岡ご在住者からは以下のような受講動機が寄せられています。

海外で働く為の1つの選択肢として日本語教師に興味を持ったからです。(南区ご在住の38歳女性)

以前から興味があったのですが、他のことを優先させていて頭の隅にある感じでした。現在は日本とインドネシアを行ったり来たりしているので、どういう形か分かりませんが、いずれは日本語教師として携われればと思っています。今から しっかり勉強していきたいと思っています。(柳川市ご在住の45歳女性)

今、養成講座に通っているので、間接法のみ学びたい(大野城市ご在住の34歳女性)

海外に長期滞在の可能性があるので、出来るだけ短期間でこちらでの通信教育による420時間受講を終了し、資格を取得したいと思っています。(南区ご在住の65歳女性)

来年から渡独し、現地に住むようになり、何か向こうで生かせる資格が欲しいと思ったからです。(行橋市ご在住の22歳女性)

日本語教育能力検定試験対策を兼ねつつ420時間養成講座を受講できるため。間接法を学べるため。本講座を受講しつつ今年の検定試験も受験したいと考えています。(39歳女性)

外国人の人材派遣の仕事を始めたので。(61歳男性)

以上が一例ですが、北九州市や福岡市各区を中心に福岡県全域に受講生がいらっしゃり、県内、県外(外国)問わず、みなさん様々な目的で当講座を受講されていらっしゃいます。

 福岡ではいつから講座をスタートできるか

Q. 福岡で御社の講座を受講する場合、講座はいつスタートできますか?開講時期は決まっているのでしょうか?

A. 教材が福岡のご自宅に届けば、通信講座ですので、ご自身がスタートしたい時にいつでも開始できます。

教材はお申込みのお手続き(お支払い)完了後、すみやかにEMSにて発送したします。「420時間総合講座」をお申込みされた方は最初の1回で教材すべてが発送完了となります。

お申込み(お支払い)完了後、まずご本人様に教材発送のお知らせとともに、EMS番号をEメールにてお知らせいたします。
そのEMS番号(荷物個別トラッキング番号)を「荷物個別番号検索ページ」(https://trackings.post.japanpost.jp/services/srv/search/input)などのTrack&Traceのところに入力すると以下の通り、教材が届くまで追跡(トラッキング)ができます。

福岡県の例

以上の通り確認できますので、教材到着まで楽しみにお待ちください。

福岡までは通常、4,5日~1週間程度で教材は届いています。

※上記は実際の追跡例ですが、プライバシー保護のため、表示の番号等は変えてあります。
※ご利用のインターネット・ブラウザによって画面表示仕様が異なる場合があります。
※各国の郵便局(郵便サービス)の諸事情により、webの仕様や追跡画面のデザイン・レイアウト等は予告無く変更されている場合があります。予めご了承ください。

 その他 関連Q&A

 福岡で日本語教師になるにはどうすればよいですか?

A. 福岡で日本語教師として働くには、一般的には福岡の日本語学校などが掲載している求人情報に応募して、採用され、日本語学校で働く、というスタイルが一番多いです。日本語教師の求人情報については、こちらの日本語教師の求人情報・メルマガサイト集などをご参照ください。
それら各求人を見ればわかりますが、一般的には福岡の日本語教師として採用される際には、
・日本語教師養成420時間講座修了
・日本語教育能力検定試験合格
・大学で日本語教育を専攻/副専攻
のいずれかに該当することが応募資格で求められていることが多いため、上記のいずれか、または複数を満たすように資格取得に努めてください。

尚、法務省告示の日本語教育機関で働きたい場合は、上記の資格の補足として「四大卒以上+文化庁届出受理の日本語教師養成420時間講座修了」などの条件が課せられています。

また、「経験3年以上」といった応募資格や採用条件を別途、課している雇用先もありますので、働いてみたい学校などがあれば、その学校の過去の求人情報などをチェックして、日本語教室での日本語ボランティア経験を日頃から積んでおくなど、採用されやすいように傾向と対策を予習し、いつでも求人応募できるよう、備えておくとよいでしょう。

 福岡では仕事は見つけやすいですか?

Q. 現在、福岡大学2期生です。将来は日本語教師になれたらいいな、と思ってるんですが、福岡では日本語教師の仕事は見つけやすいですか?

A. 日本語教師の求人数というのは、その地域の人口や経済規模などに比例します。福岡県は九州の中でも人口が多く、それに比例して外国人も多く、日本語学校などもありますので、九州の中では、一番、日本語教師職が見つけやすい地域かもしれません。もちろん、一番多いのは、東京など関東、そして大阪など近畿、そして名古屋などの都市部に、日本語教師としての働き口が集中しています。
また、福岡は韓国に近いということもあり、韓国で日本語教師として働くために、当420時間講座を受講される方も、福岡には多いようにお見受けいたします。

 挫折が心配だが講座の修了率は?

Q. 通信講座で420時間の資格を希望しています。心配なことは挫折してしまうことや何らかの理由で続けられないことが発生することです。あらかじめ了解し、覚悟を決めて取り組みたいので、次の2点について教えていただけないでしょうか。ご回答をお待ちいたします。よろしくお願いいたします。
1)資格取得までの課程で困難点(大変なこと)をいくつか教えてください。
2)今までに資格取得を目的として講座の申し込みをした人のうち、何%ぐらいの人が取得に至らなかったのでしょうか。その原因には主にどんなことがあるのでしょうか。

A. 上記1)2)ともにまとめて回答申し上げます。弊講座の修了率は9割を超えています。講座は選定するための試験ではありませんので、合格・不合格という基準ではみておりません。そのため、受講時のワークシートは、記述が不十分だったり、明らかに理解していないと見受けられるものに関しては、再提出をお願いする場合はありますが、何度でも提出可能ですので頑張り続けている限りはいつかは修了できるため、高い修了率となっています。
要はご本人様のモチベーション次第です。ご本人様に今まはた将来において、「どのくらい必要性があるか」にかかっています。日本語を教える必要性があればあるほど/日本語教師の勉強をしなければならない状況があればあるほど、モチベーションはアップし、持続します。その必要性が不安(心配)を超えていれば、自ずと難なく日本語教師養成講座は修了します。
もし現状、日本語を教えた経験がない/想像できない、という状況でしたら、ボランティアでもよいので、とにかく少しでも経験してみることです。そうすれば、講座で学習している内容もより具体的にイメージできるようになり、学習の吸収率も上がり、「目ら鱗」で学習項目が次々と楽しく感じられることになり、ご質問も無用な心配だったと認識されることでしょう。

 ワーホリで渡韓する準備として

Q. 私は来年、西南学院大学卒業後、韓国にワーホリで行く予定です。これまでも何度も福岡と行き来しており、いずれは向こうで働きたいと思っています。働くなら日本語教師がいいのでは思っているのですが、韓国での求人の条件を見ていると、420時間講座修了が必須と書かれているものが多いようです。自分は無資格なのでとても不利な立場だと思いました。しかし、御社の講座の資格を持っていることで、少しでも有利になるのであれば、ぜひ挑戦したいと思っています。日本語教師の資格があれば働くことは可能でしょうか?何か情報があれば教えてください。韓国にいながら資格を取ることも可能ということでしょうか。

A. ワーキングホリデーで渡航されるということでしたら、ビザの心配をする必要がありませんので、当420時間講座修了するなど、何かしら「日本語を教える能力があることの証明」「日本語教育を学習したことの証明」を持っていれば、就職はしやすくなります。
現地ご在住の方や、同じように渡韓をきっかけに当講座を受講し、現地の語学堂などで働かれている方はこれまでも複数いらっしゃいます。ただ、渡韓後は新環境で生活が落ち着かないので、なるべく渡航前に講座は修了しておき、現地に着いたらいつでも就職活動等に入れるよう、渡航前から準備しておいたほうがよいでしょう。
「韓国にいながら資格を取ること」については、基本的に、韓国には420時間講座を運営しているところはないかと存じます。420時間というのは長丁場になりますが、当地で講座を安定的に運営し続けられるほど需要がないからです。尚、当通信講座については、韓国に移動した後も受講継続は可能です。

→福岡で受講できる日本語教師養成講座の|資料請求・お問合せ仮申込(見積依頼)
Copyright; JEGS International Co.,Ltd. All Rights Reserved.

日本語教師養成講座 420時間 通信教育

PAGETOP
Copyright © JEGS International Co.,Ltd. All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.
PAGE TOP