教育を通じての国際交流。日本語教師(求人/資格)情報,養成講座/アシスタント/幼稚園ボランティアの手配など:JEGS ジェグス・インターナショナル

Eメール添削方法(日本語教師養成420時間通信教育講座)

こちらの「日本語教師養成420時間総合講座」を修了するまでに、計20回のワークシートを提出し、添削指導を受けていただくことになります。
→[ワークシートのサンプルのお問合せ・資料請求はこちら]

添削方法は、Eメール、FAX、郵送の3つの方法から選択していただくことが可能ですが、9割以上の受講生がEメール添削を選択されていらっしゃいます。

当ページではその「Eメール添削」方法について、以下にご説明いたします。

Email添削

Eメール添削といっても、特に難しいものではありません。

講座のお申込み手続き完了後、Eメールにてワークシートを受講生にお送りしますので、それを編集して(ご自分の回答を書き込んで)、担当講師に提出する、という流れです。

1.Eメール添削方法その①-メール本文で編集

Eメール本文添削方法

  1. お申込み手続き完了後、教材発送完了メールの後に、さらにメールが2通、送られてきます。
    その2通のメールには、ワークシートの内容がそれぞれ10回分ずつ(メール2通で計20回分)記載されています。
  2. そのメールに返信するような形でワークシートを提出していきます。
  3. ワークシートの提出は1回につき1つまでですので、ご自身が解答する回のワークシートをメール本文から切り取り(あるいはそれ以外を削除し)、ご自身でそのままメール本文内に解答を作成して、指定のメールアドレスの講師宛てに送信する流れです。

※これはWORDファイルを介しませんので、スマホでも比較的簡単に添削ができる方法です。

2.Eメール添削方法その②-WORDファイル添付

その他にも、以下のようなWORDファイルを使ってのEメール添削方法もあります。

 1.Eメールの受領

お申込み手続き完了後、

●●様 日本語教師養成420時間総合通信講座教材発送完了のお知らせ

というタイトルのEメールを、お申込み時に申告されたEメールアドレスに送信いたします。
通常、お申込み手続き完了後、翌営業日には教材を発送し、それとともに上記タイトルのメールを受講生は受領することになります。

 2.Eメール添付のファイルのダウンロード→開く

①そのEメールには、以下の「総合講座ガイド.zip」といったファイルが添付されていますので、それをクリックして、ご自身のパソコンにダウンロードしてください。

ワークシートダウンロード
※ご利用のパソコンや設定状況により、表示イメージが異なる場合がございます。

②ご自身のパソコンにダウンロードすると、②のようなファイルが表示されますので、それをクリックして開くと、

③のようなWORDファイル一群が表示されます。それが全ワークシートです。

「総合講座ガイド」と「アサインメントガイド(学習の手引き)」も含まれておりますので、それらガイドをご覧いただければ、学習方法の全体像がつかめますので、必ずお読みください。

 3.第一回目のワークシートを作成して提出

あとはワークシートを作成し、提出するだけです。
テキストが別途郵送にてお手元に届きましたら、上記ガイドにそって、第一回目のワークシート(基礎科第1回)を作成し、上記1の教材発送通知メールに記載されたEメールアドレス宛て(担当講師宛て)に、ご自身が作成した第一回目のワークシートを添付して、提出(送信)してください。

通常、土日祭日の除き、ワークシート提出日か翌日には、まずはワークシート受け取りの確認メールが添削指導員より届きます。

※ワークシートは一度に1回分のみ送ってください。複数回をまとめて提出することはできません。1回分を提出して、講師からの添削の返信を待ってから、次回分を提出することになります。また、提出いただいたワークシートを講師が拝見し、場合によっては、再提出をお願いする場合がございます。

 4.計20回、修了までに繰り返す

あとは上記の流れを修了までに計20回、繰り返すだけです。
受講中にご質問等ございましたら、ワークシート提出時に講師宛てにご質問ください。

3.Eメール添削方法その③-メール本文にWORDをコピペ

万が一、上記の方法でうまくいかない方(ご利用のPC環境によって、WORDファイルが利用できない方など)は、以下の代替手段でEメール添削も可能です。

 1.送られてきたワークシートを開く(閲覧)

何かしらの方法でワークシートを開く(ビューする)。例えば、ご利用のGmailなどのフリーメール機能付属のview機能またはWORDビューアーやOpen Officeなどのフリーソフトを使って、WORDを開く(閲覧する)・・・など。

 2.ワークシートをメール本文にコピペする

ワークシートが開けたら、ワークシート全文を、そっくりそのままご利用のメール本文にコピペ(コピーして貼り付け)する。

Eメール添削代替手段

 3.メール本文で編集してそのまま提出

コピペしたものを、メール本文内でワークシートを編集(自分の回答を作成)して、そのまま、講師宛てに提出する。
このように、単純に、講師とメールのやりとりをするような形で、ワークシートの授受をすることもできます。

PCに不慣れな方などは、WORDファイルを介さずに、最初から講師(学校)側からメール本文にワークシートの内容のコピーしたものを送信することも可能ですので、受講の際にご相談ください。

受講申込前に、資料請求等含め、Eメールでやりとりができている方に関しては、問題なくEメール添削で受講できる場合がほとんどですので、ご安心ください。

→ この日本語教師養成420時間講座の|お問合せ・資料請求仮申込(見積依頼)
(C)Copyright JEGS International Co.,Ltd. All Rights Reserved.

日本語教師養成講座 420時間 通信教育

PAGETOP
Copyright © JEGS International Co.,Ltd. All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.
PAGE TOP