教育を通じての国際交流。日本語教師(求人/資格)情報,養成講座/アシスタント/幼稚園ボランティアの手配など:JEGS ジェグス・インターナショナル

子育てしながら日本語教師資格を取得する

  • 育児中の在宅時間を有効活用して手に職を付けたい
  • 外国人の夫や我が子に日本語をしっかり教えたい
  • 子育てが一段落したので日本語教師をやってみたい

そんな理由から、当日本語教師養成講座の受講を始める方もたくさんいらっしゃいます。当講座に寄せられた受講動機やご質問の一部を以下にまとめてみました。

 子育て主婦やシングルマザーから日本語教師へ

【1】短大に通うシングルマザー

私はアメリカの短大に通うシングルマザーです。知人の依頼で日本語を専攻する高校生に教えることになりました。この機会に日本語の教え方を勉強したく思っているのですが、自分の勉強もあるため、養成講座の勉強量に不安があります。目標は1-2年かけて講座を終了したいと思っています。特に学期末試験に追われる時期には、提出が出来なくなる可能性がありますが宜しくお願い致します。今 教えている生徒はある程度の基本が出来ているので、苦手な時制や単語、漢字の強化をしているのですが、基礎知識ゼロの方にも教えられるような知識が身に付くよう、こちらで勉強しながら同時に教える予定です。(アメリカご在住の45歳女性)

【2】子育てしながら海外移住に備える

6ヶ月になる子供がいます。あまり無理をせずに、かつ1年程で修得できる日本語教師養成講座を探していました。私は大学で英語教師の資格をとりました。アメリカ人の主人がいますのでアメリカにまた転勤があって移り住む時に使える資格の候補として考えています。(山口県ご在住の30歳女性)

【3】日本人であることのありがたみを再認識して

Google検索にて貴校のサイトを拝見し、日本語教師養成総合講座の受講を思い立ちました。私はつい2ヶ月ほど前までブリスベンに住んでおりまして、夫の仕事の都合で彼の実家、フランスの静かな田舎に引越して参りました。豪州以前にもフランス語圏に長く住んでおりまして、日本の文化に関心のある方が多いこと、また私自身日本人であることのありがたみを日々再認識するに至り、微力ながらもいつか地域社会に貢献できればと考えておりました。時間に余裕のある現在、日本語というとても大切なツールを学ぶ期間に充てたく思っておりますので、どうぞよろしくお願いいたします。(フランスご在住の38歳女性)

【4】専業主婦の毎日を有意義なものにしたい

(1)主人の海外赴任に伴い渡英して1年になります。日本語教師に大変興味を持ち、専業主婦の毎日を有意義にするためにも、勉強できる方法を探しているところ、御社の通信教育は大変魅力的に思えました。修了後はボランティアでも構わないので、教える経験を積んでいきたいと考えています。(イギリスご在住33歳女性)

(2)私は0歳、2歳の2人の娘の母親で現在専業主婦をしております。以前、ノルウェーに住んでいました。子育てと両立できるか不安で仕方ないのですが、やるなら今!と意気込んでおります。(神奈川ご在住の32歳女性)

【5】出産を機に勉強・資格取得を

(1)子供の出産で、一時帰国しました。この冬まで日本の実家におれることになりましたので、チャンスと考え、受講させて頂きたくご連絡させていただきました。(韓国ソウル/広島ご在住の38歳女性)

(2)現在台北に在住、10月の第二子出産以降の時間を活用し、420時間の通信講座の受講を思い立ちました。(台湾ご在住の36歳女性)

【6】国際結婚で培った英語力を活かしたい

アメリカ人の元旦那と13年生活を共にしていたので英語は日常会話が話せるので、間接法で日本語を教える事ができるのではないかと思い、子供がまだ小さいので将来の事を考え家でも出来る仕事がしたいと思っていたところ、日本語を教えるというのはどうかと考え付きました。(横須賀ご在住の40歳女性)

 子育てしながら日本語教師を目指す

 2歳児の育児をしながら

Q1. 私には2歳の息子がおりまして育児をしながらの受講です。おそらく1年では受講しきれないと思います。最長で何年くらいまでお付き合いいただけるものでしょうか?また修了書はどのくらいの期間で終えた場合出していただけるのでしょうか?ご回答のほどよろしくお願いいたします。


A. 特に問題ございません。育児をされながら受講される方もこれまでに複数名、いらっしゃいます。期間につきましては、トータルで3年間の受講有効期間がございます。(場合によってはさらに延長可能。)
修了書は上記期間内に20回のワークシートを修了し終えれば修了となり、修了証を発行いたします。

 ほぼ英語しか理解できない我が子に日本語を教えたい

Q. 日本語教師養成総合420時間講座と一般講座はどう違うのでしょうか?共にCertificateは英語で出して頂けるものなんでしょうか?ほぼ英語しか理解できない自分の子供達にもきちんと教える事ができるのかも気になっています。(パース在住です)オーストラリアでも受け入れられている資格ということで理解してよろしいのでしょうか?こちらの日本語教師講座は大まかにどのくらいの期間で終了できるのか教えていただければありがたく思います。よろしくお願いします。

A. 一般講座は、総合講座を前後半に分けた場合の前半です。Certificateにつきましては、英語併記のCertificateを授与します。当日本語教師養成講座は、英語を母語とする外国人に、英語で教える関節法を中心に学ぶ講座です。これまでもハーフのお子さんに家庭内で日本語を教えるために受講された方はたくさんいらっしゃいます。日本語教師養成420時間講座というのは、オーストラリアに限らず、日本語教育機関においては一般的に知られています。修了にかかる期間については、個人差があることですが、早い方(できる方)で半年、通常は1年弱程度で修了される方が多いです。

 3年かけてマイペースに資格取得したい

Q. オンラインでの420時間養成講座の資料希望です。プログラムを、3年ほどかけてゆっくりこなしたいです。完全に自分のペースでできるものなのでしょうか?乳児の子育てをしており、毎日勉強する時間を取れるかわからないです。それでも講座を受けられるのか、修了できるのか心配です。

A. こちら家庭内 日本語教師という主婦の第一歩にてもご紹介しております通り、これまでも育児をしながら当日本語教師養成講座を受講された方はたくさんいらっしゃいます。受講期限はトータルで3年ありますので、ご都合に合わせて無理なく受講できるかと存じます。(事情によりさらに期間延長も可能です。)3年であれば、毎日学習する必要はありませんが、週2,3日でも1日1,2時間程度学習すれば、3年以内には修了するかと存じますので目安としてご参考にしていただければ幸甚です。

 フランスで日本人であることを活かして仕事したい

Q. 現在フランスに住んでおり、子育ても一段落付きそうですので、日本人であることを活かせるような資格を取って、徐々に社会復帰していければと考えています。
求人情報を見たところ、「420時間修了者」という単語をたまに見かけるため、本格的に日本語教師養成講座を試そうかと思いました。ただ、インターネットでしかも海外から海外への申し込みということで、少し不安です。以下質問させてください。

420時間終了のcertificateが出るようですが、こちらで日本語を教えることはルール違反にはなりませんか?帰国できる際に検定を受けたいとは思いますが、タイミングがあうかどうか分かりません。その前に要望があれば教えることになるかもしれません。いかがでしょうか?

こちらの教材は、検定をふまえた内容になっていますか?インターネットでよく検定用講座など、別途講座があるようなのですが、一緒になっていればベターです。

教材の中に英語を用いたなどがあるようですが、フランスでは英語を一切使わないため、これは意味があるのでしょうか。それとも、国のシラバスで規定されていて、学ばなければならない内容なのでしょうか?

一日何時間くらいで何カ月予定のカリキュラムなのでしょうか?1歳の子供がいるので、一日1時間が限度です。みなさんどうされていますか?

教材の郵送は、どのようになりますか?通信講座の添削は、全てネット使用なのでしょうか?
日本の口座からの振込になりますが、おおよその請求額はおいくらになりますか? 以上、お手数ですが、ご返信をよろしくお願い致します。

A. まず、「こちらで日本語を教えることはルール違反にはなりませんか」の件ですが、特に「ルール違反」にはなりません。「ルール違反」も何も、フランスにおいて日本語教師に関して絶対的統一基準はありませんので、ご自由に日本語を教えられます。フランス国内のどこかで採用してもらって教える場合は、その採用先の独自の基準に従えばよいだけで、その採用先の基準も、採用先によってマチマチです。

次に、当講座は日本語教育能力検定試験の対策も含んだ内容となっております。

「英語」につきましては、

  1. 間接法(間接教授法)の導入の一例として、英語での教授法を紹介しています。間接法とは、外国語を媒介として日本語を教える教授法のことです。
  2. また、日本語を外国語として理解するための一助の意味でも世界でも一般的な言語である英語をテキストに用いています。
  3. 英語や仏語の言語習得講座ではなく、あくまで「日本語教師養成のための420時間を学ぶ」、つまり「日本語を教えるためのエッセンスを学ぶ」という趣旨の講座です。
  4. ある特定の国(特定の言語話者の生徒)にしぼった養成講座ではなく、世界で通用する日本語教師を養成するための講座です。

以上のような背景から、これまでフランスご在住の受講生はたくさんいらっしゃいますが、特に不都合な旨はうかがっておりません。

「国のシラバスで規定されていて、学ばなければならない内容なのでしょうか」につきましては、どこで教えるか、によって様々で、一概にお答えできるものではありません。「420時間の学習内容」については、日本の文化庁の指針が1つの目安として提起されており、当講座もその文化庁のシラバスに準拠した内容ですが、海外においては、例えばその国の公立小中高校で教えたい、という場合、学校によってはフランスの大学の教職課程修了も求める場合などがあるかもしれませんので、ご勤務されたい雇用先にご確認いただくのが一番確かかと存じます。

「一日何時間くらいで何カ月予定のカリキュラムなのでしょうか」につきましては、個人の能力差による部分が一番大きいご質問であることを予めご了承ください。一般的には、1日1,2時間の学習で7,8ヶ月~1年弱程で修了される方が多いかと存じます。

「教材の郵送」はEMSでフランスまで発送いたします。これまでフランスにお住まいの受講生で、教材が届かなくて受講できなかった、という方はいらっしゃいません。

「通信講座の添削は、全てネット使用なのでしょうか」につきましては、ネット添削を選択された場合は全てネットを介しての授受となります。

「日本の口座からの振込になりますが、おおよその請求額はおいくらになりますか」につきましては、仮申込フォーム(当ページ右下)を送信いただければ折り返し、お見積書にてご案内いたします。

 働きながら通信で日本語教師を目指したい

 日本で働きながら通信で日本語教師養成講座は可能か

Q. 日本で今の仕事を続けながら、通信で日本語教師の資格をとりたいと思っています。実は、今の仕事を定年まで続けるつもりはなく、現職を働きながら勉強し、貯金もして準備を整えてから、海外に移住しようと思っています。日本にいながらの通信でも可能ですか?

A. はい、可能です。当講座は、日本で受講されている方が全体の60-70%を占めており、そのうち、働きながら受講されている方のほうがほとんどです。
個人差はありますが、1日1,2時間程度、週4,5日程度の勉強で1年弱程度で修了される方が多いです。

 分割払いや就職進路などについて

Q. 現在働いておりますので、お給料との兼ね合いで、受講料については分割払いを考えています。支払方法を確認していたのですが、分割払いとなるとリボ払いのような利子の付く扱いになるのでしょうか。就職についてお聞きしたいのですが、貴社での講座を修了した後に就職支援などはあるのでしょうか。また、特に日本在住の方はどのように就職される方が多いのでしょうか。

A. いいえ、分割払いにすることでの分割手数料等は一切、頂戴しておりません。単純に、毎月、分割した額が手動で課金されるだけです。
日本語教師の就職支援については、直接の斡旋はおこなってませんが、当HP内の求人情報をご活用ください。こちらで講座修了生の進路・就職先などをご覧いただけます。

→ この日本語教師養成420時間講座の|お問合せ・資料請求仮申込(見積依頼)

日本語教師養成講座 420時間 通信教育

PAGETOP
Copyright © JEGS International Co.,Ltd. All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.
PAGE TOP