教育を通じての国際交流。日本語教師(求人/資格)情報,養成講座/アシスタント/幼稚園ボランティアの手配など:JEGS ジェグス・インターナショナル

埼玉で受講できる日本語教師養成講座420時間

 国際結婚につき将来海外で働きたい

Q.埼玉県(大宮)在住ですが、埼玉でも日本語教師養成420時間講座を受講できますか?働きながら修了できるところを探していました。通学の日本語教師育成講座に通うか迷い、相談会に行ったのですが、費用面、働きながらの通学に体力的に自信がなく、どうしようかと思っていたところ、偶然御社を知るところとなりました。国際結婚をしているため、将来海外で働くことを考えています。やってみたい時が、始め時。頑張ってみたいと思います。

A.はい、可能です。大宮はもちろん、埼玉全域まで教材をお届けしており、これまでも埼玉津々浦々に受講生がいらっしゃいます。(→養成講座 受講生分布参照)
尚、場所によらず、最初に頂戴する受講料以外に追加の郵送料等は頂戴しておりません。
→この講座の[お問合せ・資料請求はこちら]

埼玉で受講する場合のQ&A

さいたまだといつ講座を始められますか?

Q. 講座はいつから始められるのでしょうか。埼玉で受講予定です。

A. 教材が埼玉のご自宅に届けば、通信教育ですので、いつでもご都合に合わせて開始できます。埼玉ですと、教材は通常、1週間程度内には届いている模様です。

教材はお申込みのお手続き(お支払い)完了後、すみやかにEMSにて発送します。「420時間総合講座」をお申込みされた方は最初の1回で教材すべてが発送完了となります

お申込み(お支払い)完了後、まずご本人様に教材発送のお知らせとともに、EMS番号をEメールにてお知らせいたします。

そのEMS番号(荷物個別トラッキング番号)を郵便局のサイトの「荷物個別番号検索ページ」(https://trackings.post.japanpost.jp/services/srv/search/input など)の空欄に入力すると以下の通り、教材が届くまで追跡(トラッキング)ができます。

埼玉の受講生の例

以上の通り確認できますので、教材到着まで楽しみにお待ちください。

埼玉・大宮までの教材到着期間のおおよその目安:約4,5日~1週間程度

※上記は実際の追跡例ですが、プライバシー保護のため、表示の番号等は変えてあります。
※ご利用のインターネット・ブラウザによって画面表示仕様が異なる場合があります。
※各国の郵便局(郵便サービス)の諸事情により、webの仕様や追跡画面のデザイン・レイアウト等は予告無く変更されている場合があります。予めご了承ください。

 不合格で修了できないことはあるのか?

Q. この通信講座ですが、毎回提出するワークシートの添削の結果がひどいと全て提出をしても、やはり420時間の修了証はいただけないのでしょうか?

A. 日本語教師養成講座は日本語教師を育成することを目的としたものであり、落とすことを目的とした試験ではありませんので、合格・不合格といった判定基準では運営されておりません。そのため、一度の「デキの悪さ」(不合格)で、「はい、それで終了」とはならず、ワークシートで提出する内容が不十分(不合格)であれば、受講生が理解するまで再提出となるだけです。再提出は何度でもOKです。よって受講生本人にやる気があり、努力し続ける限りは必ずいつかは「420時間」修了となります。大切なことは、良い日本語教師になるために、受講生ご本人が学習内容を「理解すること」に重点が置かれています。

 検定対策にもなる420時間養成講座ですか?

Q. 日本語教師の有資格者として、日本語教育能力検定試験合格か、420時間の日本語教師養成講座修了者であることが掲げられていると思うんですが、通信講座は検定試験対策のみのものがありますが、こちらの420時間の日本語教師養成講座は、検定試験対策の勉強と、なおかつ420時間も修了できる講座、という理解でよろしいでしょうか?

A. はい、当日本語教師養成420時間講座は、日本語教育能力検定試験対策の学習も含まれています。検定合格を目指す方を念頭に、各章の最後などに、検定試験の対策問題・過去問解説を設けていますが、全体的に学習を進めていけば、自然と検定対策になっているようなカリキュラム構成となっています。そのため、毎年10月の検定受験に備え、1月頃から当講座を受講開始される方も多く、1月は特に当講座へのお申込みが混み合う時期でもあります。

 高卒だと420時間講座を受けても意味ないですか?

Q. 勉強して日本語教師の資格を習得する事を考えています。こちらの講座での420時間資格の習得に興味を持っています。ただ、私は大宮の高校(専門学校の高等科3年間)しか行く事がなかったのですが、あるサイトで日本語教師のなる為の条件というものが記載されていたので見たところ、もし420時間の講座を終了したとしても学歴、職歴で当てはまらないケースもある、とありました。以下の通りです。
「日本語教師養成講座420時間以上を修了して、2年以上日本語教師を経験(短期大学または高等専門学校卒業の方)」
この高等専門学校卒業というのは5年間という事だとおもうのですが、私のような者は講座を修了し認定証を習得した場合でも認定と見なされないのでしょうか?(日本語教育能力検定試験を受ける事とは別にして)長くなってすみません。講座を受ける前に確認しておきたいことですので宜しくお願い致します。

A. 質問者様が「どこで」日本語教師として働きたいのか?にも依ります。

「法務省告示の日本語教育機関(法務省告示校など)」(以下、「法務省告示機関」)で働きたい場合は、420時間修了の場合、付随要件として四大卒であることが求められます。
「法務省告示機関」以外の国内の日本語スクール、語学学校、会社、オンライン講師・派遣・出向などで働く場合は、「法務省告示機関」の新基準は適用外です(420時間修了+四大卒などの付随要件は求められません)ので、学歴は関係なく、420時間講座修了だけでも大丈夫です。(後は雇用先の個々の採用条件・判断基準によるだけです。)

また、「法務省告示機関」で働く場合であっても、ご指摘の通り、四大卒に満たない方は、(あくまで法務省の新基準の規定の理論上ですが)日本語教育能力検定試験に合格さえしておけば、学歴は関係なく、応募資格を満たすことになります。

尚、海外で働く場合は、日本語教師の資格以前に、就労ビザの取得条件が四大卒以上となっている場合が多いです。

当講座は検定対策も含んだ420時間の通信講座ですので、とりあえず保険として420時間の学習内容をおさえつつ検定合格も目指していく用途としては、費用的にもちょうどよいかと存じます。

 埼玉はどのような方が受講してますか?

Q. 埼玉には受講生が多いようですが、どのような方が受講されているのでしょうか?

A. みなさん、それぞれのご事情で当日本語教師養成講座を受講されていらっしゃいますが、例えば、以下のような受講動機を当講座にお寄せいただいております。

近いうちに、海外に住むことになりそうなので。(富士見市ご在住の26歳女性)

現在、文学博士、中学・高校教員 国語・書道科専修免許の資格を活かし、日本語も外国人に教えていますが、勤務先から通信教育の420時間履修をすすめられました。(三郷市の29歳女性)

日本語教師として日本および海外で働きたい為。将来、日本語教師の資格を取ってフランス語圏で働きたい。(川越市ご在住の50歳女性)

自分のペースで養成講座を修了できるので、仕事と両立させながら勉強したいです。(越谷市ご在住の23歳女性)

アメリカの短大を出てから長年日本で外資秘書をしていましたが、体を壊し現在は休職中で翻訳をしています。教会で日本語のボランティアをしており5年目ですが、ちゃんと学びたいというのと資格を取りたいと思いました。外国へ行く気はありませんが資格を取った後の仕事先は予定している所があります。(川口市ご在住55歳女性)

日本語講師になる為の学校を探しています。田舎に住んでおり、通学が難しいので通信の学校を探していました。(所沢市ご在住の45歳男性)

国際交流に興味があるため。語学教育に興味があるため。将来、仕事として活かしたいため。(浦和区ご在住の46歳女性)

→ 埼玉で受講できる日本語教師養成420時間講座の|仮申込(見積依頼)

日本語教師養成講座 420時間 通信教育

PAGETOP
Copyright © JEGS International Co.,Ltd. All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.
PAGE TOP