教育を通じての国際交流。日本語教師(求人/資格)情報,養成講座/アシスタント/幼稚園ボランティアの手配など:JEGS ジェグス・インターナショナル

北海道で受講できる日本語教師養成講座

仕事を続けながら外国語教育に関心があったので

Q.北海道在住ですが、北海道でも日本語教師養成420時間講座を受講できますか?その場合、昼間の仕事を続けながらの受講は可能ですか?私は外国語教育に大きな関心があり、これまで独学で応用言語学、第二外国語習得論などの理論書を読んではいるものの、実際の現場に立ってみたいという願望も強かったことから、そしてこちらの420時間の講座では日本語教育能力試験の範囲までカバーされている今回の受講を決意するに至りました。

A.はい、可能です。北海道全域まで教材をお届けしており、お手元に教材が届けば、後はインターネット(Eメール)を介しての添削指導が中心となります。最初に頂戴する受講料以外に追加の郵送料等は頂戴しておりません。また、当講座のほとんどの受講生が社会人の方で、みなさん、働きながら受講されていらっしゃいます。もちろん、420時間のカリキュラムを学習する課程で、検定対策も含めて指導していきます。実際、各ワークシートには、検定の過去問の解説指導なども行っています。→この講座の[資料請求・お問合せはこちら]
以下、お住まいの北海道までの日本語教師養成講座教材の発送例をご案内いたします。

北海道で受講する場合

日本国内
世界中に受講生がいる日本語教師養成420時間通信教育講座。
(→受講生分布参照)

プロの日本語教師はもちろん、日本語教室、日本語学校、コミュニティ・センターなど異文化・国際交流・日本語教育の現場に携わるアシスタント、ボランティア スタッフにも役立つ日本語教師養成講座です。

教材はお申込みのお手続き(お支払い)完了後、すみやかに発送いたします。
本ページでは北海道にお住まいの方が日本語教師養成講座をお申込みされた場合の、北海道のご自宅(または勤務先等 仮申込時の教材受取り指定先住所)までの教材追跡(トラッキング)の一例をご紹介いたします。

教材は基本的にEMSで発送します。「420時間総合講座」をお申込みされた方は最初の1回で教材すべてが発送されます。

お申込み(お支払い)完了後、まず教材発送とともに、ご本人様に以下のように、教材発送のお知らせとともに、EMS番号をEメールにてお知らせいたします。

XXX様

 

この度は本校日本語教師養成総合講座にお申し込みいただき、
誠にありがとうございます。
早速ですが、教材発送手続きを完了致しましたので、ご連絡申し上げます。

発送手配日: 201X年XX月XX日
発送方法: EMS
番号: EQ09XXX6715TOK (仮)
日本国内 (荷物個別番号検索)
https://trackings.post.japanpost.jp/services/srv/search/input


上の下線部分の番号(荷物個別トラッキング番号)を
上の「荷物個別番号検索ページ」(上のホームページアドレス)の空欄に入力

そうすると以下の通り、
教材が届くまで追跡(トラッキング)ができます。


北海道まで教材追跡例


以上の通り確認できますので、教材到着まで楽しみにお待ちください。

教材到着までの期間のおおよその目安:約4,5日~1週間程度

※上記は実際の追跡例ですが、プライバシー保護のため、表示の番号等は変えてあります。
※ご利用のインターネット・ブラウザによって画面表示仕様が異なる場合があります。
※郵便局(郵便サービス)の諸事情により、webの仕様や追跡画面のデザイン・レイアウト等は予告無く変更されている場合があります。予めご了承ください。

その他北海道に関するQ&A

Q. 北海道で日本語教師になるには?

Q. 求人は関東や主要都市圏が多いようですが、北海道で日本語教師になるにはどうすればよいでしょうか?

A. 基本的には北海道にある日本語学校などの求人に応募する手段が一般的です。
「北海道 日本語教師 求人」などで検索すれば出てきます。
通常、求人の採用条件は、大学で日本語教育を主/副専攻か、日本語教育能力検定試験合格、420時間講座修了のいずれかを採用条件として課すところが多いため、それらの資格を取得しておくことが必要です。

但し、北海道の日本語教師の求人数自体が非常に少ないため、北海道に限定しての就職となるとなかなか厳しいかもしれません。日本で一番、日本語教師の求人が多いのは、やはり東京を中心とした関東です。

尚、日本語学校に就職以外にも、個人で教室を開いて教えたり、インターネット経由で教えるオンライン日本語教師、といった選択肢もあります。

Q. 北海道では日本語教師はどのような所で活動していますか?

A. オンライン講師として働いたり、出向派遣型で教えたり、いろいろな形態で働いていますが、北海道では以下のような日本語教育関連機関(専門学校や日本語学校、語学学校)などに就職して働いていらっしゃる方が多い模様です。

SIL 札幌日本語学校 www.silnihongo.com
〒060-0062北海道札幌市中央区南2条西18丁目291 ベル医大前 1F
1992年創立の日本語学校で、アジア(香港や台湾)、欧米などからの生徒を受け入れています。学校以外にもスカイプを使った日本語オンライン・レッスンなども提供。非常勤講師を募集していることもあります。

JLI 札幌国際日本語学院 www.jli.co.jp
〒064‐0806 札幌市中央区南6条西26丁目2番7号
1986年に日本語教員養成カリキュラムを実施する教育機関として開校し、現在では世界中から留学生を受け入れる日本語学校となり、学習者のレベルに合わせて小分けされた少人数制の日本語クラスで日本語を学んだ卒業生は1000人を超えています。

札幌ランゲージセンター日本語科 sapporo-language-center.asia
〒064-0811 北海道札幌市中央区南11条西1-3-17

北海道日本語学院 札幌本校 www.h-nihongo.org
〒060-0006 北海道札幌市中央区北6条西25-1-5

Q. 北海道までの教材の送料はいくらになりますか?

Q. 北海道から御社の講座を受けたいと思っています。しかし、通販など北海道だと送料が追加料金が加算されることが多いのですが、北海道までの教材の送料はいくらになりますか?あと、日本語教師養成420時間総合講座と一般講座の別々の講座を御社は取り扱っていますが、なぜ別々に扱っているのでしょうか?通常、420時間の講座で職につけるなら、一般講座の意味はどこにあるのか、もし、一般講座だけでも職に付けるのなら、金額面も安いしと思い、どのような違いがあるのか詳しく教えて頂けませんか?

A. 他県と同じです。初回にお支払いいただく受講料に送料は含まれており、北海道だからといって特別送料は頂戴しておりません。また、420時間の「総合講座」をお申込みになった場合は、教材は最初の1回の送付ですべて完了となります。後はテキストを見ながら、ワークシートに回答し、Eメールでワークシートを授受し、添削指導を受けていく、という形態になります。

一般講座の存在意義についてですが、前半の一般講座修了だけで就職できる勤務先もございます。基本的には、ほとんどの方が「420時間総合講座」を最初から選択して受講されています。
しかし、世の中、いろんな方がいらっしゃいます。中には日本語教師についてご自身の適性を判断されたい方や、一度に全額をお支払いできない方、420時間を(量的に)修了できるか不安な方がいらっしゃったりします。そういった方々がまずは「お試しがてら」「一般講座」のみを受講されたりします。

また、中には、日本語教師についての基礎部分だけ勉強できればよい、という方や他の養成講座を修了済みで、間接法だけ学習したい、という方もいらっしゃいます。

Q. 北海道銀行からの受講料の支払いは可能ですか?

Q. 日本語教師養成講座の受講料ですが、銀行振込かクレジットカード払いかで迷っています。どちらが安いでしょうか。北海道銀行からの受講料の支払いは可能ですか?Kitaca(道銀キャッシュ・クレジットカード)は使えますか?分割払いはできませんか?

A. 一括払いを比較した場合、銀行振込のほうが安い場合が多いです(クレジットカード払いの場合、カード会社の適用レートのほうが高いことが多いため)。
北海道銀行からの振込みはもちろん可能です。振込先は三菱UFJ銀行となります。
「仮申込フォーム」(右下)を送信いただければ、折り返し、お見積り書をメールにてご案内いたします。尚、銀行振込手数料は受講生のご負担とさせていただいておりますので、予めご了承ください。
クレジットカードはVISA/Mastercardであれば、どこのカードでもご利用いただけます。カード払いの場合、分割は1回~最大5回払いまで選択いただけます。

→北海道で受講できる日本語教師養成講座の|仮申込(見積依頼)
Copyright; JEGS International Co.,Ltd. All Rights Reserved.

日本語教師養成講座 420時間 通信教育

PAGETOP
Copyright © JEGS International Co.,Ltd. All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.
PAGE TOP