教育を通じての国際交流。日本語教師(求人/資格)情報,養成講座/アシスタント/幼稚園ボランティアの手配など:JEGS ジェグス・インターナショナル

スペインで受講できる日本語教師養成講座 420時間

スペインに限らず欧州は、日本語の需要自体が少ないですが、それでも個別に日本語を教える需要などはあるようで、当日本語教師養成講座にたくさんのお申込みやご質問などが寄せられています。

スペイン画像

当ページでは、スペインから日本語教師養成講座の受講を希望される皆さんの声をご紹介しています。

 日本語教師として生計を立てられるレベルにしていきたい

Q.スペイン在住ですが(しかもかなり地方ですが)、御社の日本語教師養成講座を受講できますか?スペインでは日本語クラスの語学学校がないせいか、全体的な日本語の需要や日本語教師の求人自体はほとんどないのですが、個別に「日本語を教えてほしい」と頼まれることが結構あって、一度、日本語の教え方を講座でしっかり習って、徐々に日本語教師として生計を立てられるレベルにしていきたいな、と考えています。

A.はい、可能です。スペインまで教材をお渡ししており、これまでもスペインご在住の受講生はたくさんいらっしゃいます。基本的に郵便物が届く地域でしたらどこでも受講可能です。教材は最初の1回の送付ですべて完了し、その後はEメールを介してのワークシート授受が中心となり、受講地は不問です。もし講座の受講中に住所地を変更されても大丈夫です。受講中、講師宛てで構いませんので、念のため、新住所をお知らせください。
当講座は通信ですが、前半から「教え方」を中心に学習していきますので、すぐに実践で使えるようになるでしょう。テキストの指導要綱などは、そのまま教師マニュアルとしても使えるようになっています。
→この講座の[資料請求・お問合せはこちら]

 スペインで受講する場合のQ&A

 Q.いつから講座をはじめられますか?

Q. スペインでこの日本語教師養成講座を始める場合、開始時期は決まっていますか?決まっていればスケジュールを教えてください。

A. 通信教育ですので、教材がスペインのご自宅に届けば、いつでも開始できます。
お申込みのお手続き(お支払い)完了後、すみやかに教材をEMSにて発送します。「420時間総合講座」をお申込みされた方は最初の1回で教材すべてが発送完了となり、後はEメール等での添削指導のやりとりが中心となります。

教材が発送されましたら、まずご本人様にEMS番号をEメールにてお知らせいたします。そのEメールに記載されているEMS発送伝票(トラッキング)番号を、「荷物個別番号検索ページ」(http://www.correos.es/ )などのMailing codeのところに入力すると、以下のように教材が届くまで追跡(トラッキング)ができます。

【実際のトラッキング事例】

スペインの追跡例

以上の通り確認できますので、教材到着まで楽しみにお待ちください。

教材到着までの期間のおおよその目安:約1-2週間

※上記は実際の追跡例ですが、プライバシー保護のため、表示の番号は変えてあります。
※各国の郵便局の諸事情により、webの仕様や追跡画面のデザイン・レイアウト等は予告無く変更されている場合がありますのでご了承ください。

 Q. スペインから受講料を支払うにはどうすればよいか?

A. クレジットカード(VISA/Mastercard)または、日本の銀行口座(三菱UFJ銀行)へのお振込みなどがご利用いただけます。クレジットカードの場合は1回~5分割払いも可能です。
これまでスペインご在住の皆さんは、カード払いか、ネットバンク経由で日本の銀行口座へのお振込みにてお支払いされる方が多いです。

もし、クレジットカードもネットバンクもお持ちでない、ということでしたら、例えばご親族のクレジットカードや、日本にお住まいのご親族の方からの代理でのお振込みなどでも構いません。
下記の「仮申込フォーム」を送信いただければ、折り返し、カード情報記入フォーム(SSL暗号化対応)や、振込ご希望の場合はお見積書として、お支払いいただく受講料やお振込み先などをご案内いたします。

 Q. プライベートクラスで日本を教えたい

Q. スペインで日本を教える際に御社の日本語教師講座は役立ちますか?現在は日本に一時帰国(8月いっぱいまで)しています。通常はスペイン在住で、スペインにて日本語教師として働くことを希望しています。日本語教育能力検定試験もできれば合格したいと思っています。プライベートクラスをする場合は、検定に受からなくても平気なのでしょうか?教え方を学ぶ方を優先にして勉強したいと思っています。宜しくお願い致します。

A. はい。当講座では外国語(英語)を使って日本語を教える間接法を学べるのが1つの特徴となっています。英語の部分を、必要に応じてご自身でスペイン語に置き換えるようなイメージで当講座を活用していただけますと幸甚です。

ご質問の「プライベートクラス」についてですが、ご自身で日本語教室を開いたり、プライベートで教える分には、特に資格等は求められません。

どこか学校や会社に属して教える場合は、その学校の方針や基準がそれぞれありますので、その学校機関にお確かめください。

いずれにせよ、日本語教師関連の道を進んでいくのでしたら、「日本語を教える能力があることを客観的に証明できるもの」を持っておくに越したことはありません。講座受講の他、日本語教育能力検定試験も合格しておくとよいでしょう。当講座は検定の受験対策の学習も含まれています。

 Q. テキストはスペイン語ですか?

Q1. スペインのマドリードに住んでいますが受講できますか? ユーロで購入した際、おいくらになるでしょうか?日本語教師養成420時間総合講座では実際に教えることを学べるのだと思っています。日本語教師の資格を取得するための勉強ではないのですか?テキストは英語ですか?スペイン語ですか?

A. はい、これまでもマドリードご在住の受講生はいらっしゃいます。あいにくユーロで頂戴しておりませんので、ユーロ建ての金額はご提示しておりません。お見積りは、日本の銀行口座へお振込みの場合は、円建ての金額をご案内しております。後はクレジットカード(VISA/Mastercard)がご利用いただけます。

当講座ではまず、「実際に教えること」を学んでいきます。テキストは主に日本語です。一部間接法教授法を習う部分などは英語となります。当講座はスペイン語講座ではなく、日本語教師養成420時間講座ですので、文化庁のシラバスに則した要綱、例えば日本語教育全書などで日本語教育学などを体系的に学習していくものです。
修了後は「講座修了証」を、当地での就職活動にもお役立ていただけますと幸いです。

尚、上述の間接法以外にも、日本語で日本語を教える直説法も講座内で学習しますので、スペイン人に日本語で教える際などにお役立てください。

Q2. スペイン語の日本語教師の資格がほしい場合は、ジェグスの講座では無理なのでしょうか?

A. あいにく「スペイン語の日本語教師の資格」といった公的な資格は存在していないかと存じますが、スペイン語圏の雇用機関(勤務する学校など)で「420時間養成講座修了」を求めている場合は、それに当日本語教師養成講座は基本的に該当するかと存じますので、勤務先にご確認の上、当講座の修了証をご活用ください。

当講座では英語で日本語を教える間接法も学習しますので、その英語の部分をご自身でスペイン語に置き換えるなどして、講座で学ぶ教え方のエッセンスをうまく転用していただけますと幸いです。実際、スペインご在住の受講生はこの1年で数名いらっしゃいます。→受講生分布グラフにてご覧いただけます。

 Q.日本で支払いと教材受取りを済ませスペインで続けられるか?

Q. はじめまして。貴社の日本語教師養成講座に興味があります。いくつか質問をさせていただきます。先月スペインで教室を借りて日本語を7人の生徒に教えていました。今は日本に帰って来てこちらで仕事をしています。この先一年以内にまたスペインに行く予定なのですがその際に日本で受け取っていた毎回の教材を、スペインの住所に変更してあちらの住まいの住所で受け取ることは可能でしょうか?変更時に追加の費用がかかりますか?また、教材は主に英語圏で日本語を教えるために作られているようですが、スペインでも活用できるような内容なのでしょうか?教えてください、お願いします。返信お待ちしております。

A. 日本で教材を受け取って講座をスタートし、スペイン移転後も講座を続けることは可能です。まず、「420時間総合講座」を申し込まれた場合、教材送付は最初の1回ですべて完了します。つまり1度教材を受け取れば、その後何度も教材を郵送で受け取る必要はありません。一度教材を受け取れば、あとはインターネット上のやりとりのみですので、毎回、何かを郵送したり発送したりするものではございません。(尚、初回に受け取った教材はご自身で移転先へご持参ください。)
よって、「変更時に追加の費用」についても、Eメールですので、物理的な距離や時間は関係なくなり、途中受講地変更による追加費用等も発生しません。
「スペインでも活用できるような内容なのでしょうか?」につきましては、前述のように、間接法(英語による日本語教授)および直説法(日本語による日本語教授)を習得する講座ですので、スペイン語に関しては、英語の部分を該当語に置き換えて行うなど工夫されると、そのままご活用できるかと存じます。尚、スペインおよびその周辺国にお住まいの方にも多数、受講生はいらっしゃいます。

 Q.スペインではどのような方が受講していますか?

Q. スペインで日本人であることをいかせるような働き方として、日本語教師に興味があるのですが、実際、スペインではどんな人がこの講座を受講されているのでしょうか?ちょっと変な質問ですが、お答え頂ける範囲で結構ですのでよろしくお願いいたします。

A. 上記のご質問者様がた以外にも、スペイン関連では、例えば以下のような受講動機をみなさん、お持ちでいらっしゃいます。

日本では英語を教えていました。現在、国際結婚ののち、子供ができたのをきっかけに妻の故郷であるスペインのバルセロナに二年前から住んでいます。語学に関わる仕事がしたいと考えているのですが、英語はもちろんネイティヴの先生が有り余るほどいるため、日本人として日本語を教えられるスキルと資格を今のうちに(子育て中ですので)獲得しておきたいということで受講を決意いたしました。(36歳男性)

来年、スペインで日本語を教えたいと思っています。内容を見たところ、英語圏で教える際にメリットになる点がいくつか見えました。スペインでも実践に生かせる講座内容であれば幸いです。(愛知県ご在住の27歳女性)

海外で日本語を教えていまして、さらに深く教え方について勉強したいと思いました。(マヨルカ島ご在住の30歳女性)

みなさん、いろいろな受講動機や用途をお持ちでいらっしゃいます。

→この日本語教師養成講座の|お問合せ・資料請求仮申込(見積依頼)
(C)Copyright JEGS International Co.,Ltd. All Rights Reserved.

日本語教師養成講座 420時間 通信教育

PAGETOP
Copyright © JEGS International Co.,Ltd. All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.
PAGE TOP