アメリカ人に日本語を教える

 基地で働くには特殊な資格や能力は必要か?

Q. 日本国内各地にある在日米軍(アメリカ軍)基地でも日本語教師として働けると聞いたことがあるのですが、基地勤務の日本語教師は何か特殊な資格や能力など必要なのでしょうか。

A. 過去の米軍基地からの日本語教師の求人情報をみたところ、「日本語教師採用の際に求められる一般的な条件」と(1点を除いて)特に大きな違いはなく、ほぼ同じです。「一般的な条件」とは、

  • 四大卒
  • 日本語教育能力検定試験合格
  • 大学で日本語教育を主/副専攻
  • 日本語教師養成講座420時間修了(但し、米軍基地は法務省告示機関ではないため、文化庁認定の420時間講座でなければならない、という規定はありません。)
  • 日本語教師として経験数年

といった、日本語教師の募集の際によく見かける応募資格のことです。

その「一般的な条件」と違う1点とは、英語力が求められているところです。
それも、それなりに高い英語力が求められている傾向があります。
米軍基地の求人に限らず、日本国内であっても、外資系企業出向などの日本語教師には英語力が求められることが多く、特に欧米圏の日本語学習者には、通常、英語で日本語を教える間接法で教えるのが一般的ですので、間接法教授にも長けていることが米軍基地就職の際のポイントにもなります。

 過去の米軍基地勤務の採用条件の具体例

2012年の横須賀基地の日本語教師の求人一例

【募集職種】:「日本文化、日本語教師職」:1名/基地内での職位「一般従業員」
【 応募条件(学歴・資格等) 】:
・日本語教育関連分野における専門的実務経験1年以上または関連分野で修士号取得以上
・日本の文化(そろばん・折り紙など)に関する技能
・日本の書籍・雑誌などを英訳する技能
・教員免許
・上級の英語力(TOEIC730点以上または同等)
【 勤務条件 】:週5日40時間(月~金7:00~15:45)、週休2日(土日)、米国の祝日
【 待遇(給料・支給物等) 】:月給244,860円、通勤手当:月額最高55,000円まで/再雇用制度有

2017年の佐世保・横須賀海軍基地の求人一例

【 応募資格・採用条件(学歴・経験等) 】:
4年生大学卒業、学士号取得者、日本語講師経験あり、英語で会話ができる方
【 勤務条件 】:パートタイム講師、平日9:00頃~21:00頃、1時間や1.5時間の授業など
【 待遇(給料・支給物等) 】:一時間25ドル

 Q. 年齢制限などはあるのでしょうか。

A. はい、米軍基地勤務の場合、日米政府間で締結された労務提供契約に基づき雇用されますので、60歳定年制が適用されます。そのため、求人応募の年齢制限は59歳までとなります。また、各求人によって個別の応募資格・採用条件を課している場合がありますので、各々の求人情報の記載条件をご確認ください。

 Q. 基地勤務の求人はどうやって探せばよいか?

A. 例えば、こちらの「米軍基地の日本語教師の求人情報」のように一般公募されている求人に応募する、ということもできます。

また、「独立行政法人 駐留軍等労働者労務管理機構」がそのホームページ上および地域のハローワーク(公共職業安定所)に求人を出し、公募しています。
該当機関のホームページは、
こちらの日本語教師・教職の求人情報サイト一覧 メルマガ集内の「独立行政法人 駐留軍等労働者労務管理機構」をクリック。
駐留軍等労働者 募集情報一覧
開いたページの、

「募集情報一覧はこちら」をクリック

そうすると以下のように基地別に、

  • 三沢支部(青森県三沢市)
  • 横田支部(東京都昭島市)
  • 横須賀支部(神奈川県横須賀市)
  • 座間支部(神奈川県座間市)
  • 岩国支部(山口県岩国市)
  • 佐世保支部(長崎県佐世保市)

との 項目が表示され、基地内のいろいろな職種を一覧表で確認できるようになっています。時期にもよりますが、横須賀基地が一番、募集案件が多いように見受けられます。
上記の「独立行政法人 駐留軍等労働者労務管理機構」の求人のホームページから、応募の必要書類の1つ、「在日米海軍指定の空席応募用紙」:英語で記入/APPLICATION FOR USARJ VACANCIES(NON-USFJ EMPLOYEES などがダウンロードできるようになっています。

 Q. どの米軍基地勤務が人気がありますか?

A. 米軍基地勤務の日本語教師職自体が基本的に人気があり、どの基地も求人公開後は応募や問合せが殺到するようです。
その中であえて強いていうならば、都市部からアクセスしやすい場所にある基地、例えば横須賀や厚木、横田基地などから順に応募が多く、採用が決定していく傾向がありますので、働いてみたい方は、求人をみかけたら早めに応募されることを推奨いたします。

また、逆に言えば、地方の米軍基地ほど、求人応募の競争倍率が低くなるということです。例えば、沖縄の嘉手納基地などは沖縄在住者または沖縄に赴任できる人限定となりますので、それだけ倍率は低くなります。どうしても日本語教師として働きたい、実績・経験を積みたい、という方は、選り好みせず、ローカルの勤務先を当たっていくこともキャリアアップの一手でもあります。
一時的でも地方にて日本語教師としての実績を積んでいけば、経験が一番重視される日本語教師の業界において、将来、様々な場所にて、日本語教師として採用される可能性がより高くなります。とりあえず最初のうちは、場所や条件の選り好みをせず、何らかの形でとにかく経験年数を積んでいくことを推奨いたします。

 Q.英語で教えるスキルを身に付けるには

Q. 日本の日本語教師養成コースや学校では英語で教える間接法を習えるところがないようですが、習得するのによい手立てはありますでしょうか?

A. 日本の一般の本屋さんなどで売られている日本語教師用指導書 Japanese for Busy Peopleなどで独学することもできます。
これらテキストでは内容的に不十分な場合は、相応の学習量がある、文化庁の「日本語教員養成において必要とされる教育内容」のシラバスに基づいた、こちらの英語で教える間接法も学べる通信の日本語教師養成講座 420時間も、長年、欧米圏での日本語教師育成に定評と実績がありますので、受講して備えておくのもよいでしょう。これまでも基地内ご在住者や、米軍基地関係者の配偶者の方などが何名か受講されています。

 米軍基地内で日本語教師養成講座を受講する

Q. その日本語教師養成420時間の通信講座を受講したいのですが、教材は海外からの発送でしょうか?日本国内から発送の場合、宅急便等の営業所留めは可能でしょうか?日本国内の米軍基地に居住しているのですが、基地内での受け取りにすると、受け取りまでにかなりの時間がかかってしまいます。

A. 当日本語教師養成講座の教材はEMS郵便で発送いたします。民間の宅急便ではないので、「宅急便等の営業所留め」はその最寄りの営業所にご自身で確認していただかないとわかりかねますが、郵便局の局留め等は可能かと存じますので、こちらもご自身で局留めされたい郵便局にお尋ねください。こちらはご指定の住所に送付するだけです。EMSですので、トラッキング番号にて発送中も追跡可能です。
ちなみに、これまでも米軍基地内ご在住の受講生はいらっしゃいますが、皆さん、基地内のお住まいにて普通に受領されていらっしゃいます。送付先アドレスは、一例として、AA県BB市CC町官有地 米海兵隊DD航空基地内 BUILDING NO.xxx, ROOM xxx, Ms. xxx xxx C/O Mr. yyy yyy などと頂戴しておりました。教材が届かなかった、ということはこれまでございません。「420時間総合講座」の場合は、教材送付は最初の1回で完了します。後はEメールでのワークシート授受となり、最後に修了証は郵送にて送付いたします。初回の送付料等はすべて受講料に含まれておりますので、追加料金等は頂戴しておりません。

→この日本語教師養成420時間講座の|お問合せ・資料請求仮申込(見積依頼)
(C) Copyright JEGS International Co.,Ltd. All Rights Reserved.