ニュージーランド日本語教師海外派遣実績校

NZオークランドで日本語教師AT募集日本語教師海外派遣プログラムの参加者のみなさんが参加する際の多い希望の一つが、

都市部の学校がいい。」というもの。

便利な日本の生活に慣れてしまった日本人、特に最近の若いみなさんは、やはり地方の生活には不安を感じてしまうようです。

(ホントはローカルな派遣地のほうがその国らしい生活ができるのでいいのですが...。便利な海外の都市部には日本人はたくさんいて、結局、せっかく海外に行ったのに日本と変わらない生活をして、英語力向上もそこそこに帰国される方も多いのです.....=「便利な場所には必ず日本人がいる」と海外ではよくささやかれています...)

それはさておき、そんな人気の都市部、ニュージーランドはオークランドの日本語教師海外派遣実績校をご紹介します。

4,5〜10週間以上活動できる方、優遇募集です。

NZ日本語教師採用とオークランドアシスタント教師求人■学校の形態:男女共学の公立中高校/14〜18歳
■生徒数:約900人、教職員数:約90名の適度な中規模校
■日本語教師:あり
■日本語教材:あり
■4,5週間以上、長期活動できる方優遇
■前任の日本語教師活動者:あり

<学校や地域の特徴>
この学校はオークランド中心部から車で約10分ほどの場所にあり、海も近く、動物園、大学や専門学校などが近くにあり、何をするにも便利なロケーションにあります。

生徒の進学率は非常に高く、年末に行なわれるNCEA(NZの全国統一学力試験)では、全国で常に上位にランクイン、近隣地域のニュージーランドの学校生活と日本語教師体験留学学校の中では、群を抜いた学力を発揮しています。

留学生の受入も積極的で、日本、中国、ドイツなどから毎年30名近い留学生を受け入れており、安全で親しみやすく、ケアの行き届いた学習環境として評判のよい学校で、日本語教員の補助員としても快適に生活できることでしょう。
またアート、ダンス、演劇、音楽に対しても非常に高い評価を得ており、学校のカリキュラムには、英語、数学、理科、体育、美術、音楽などの一般的な科目の他、ダンス、演劇、専門スポーツ、スペイン語、写真、ボート製造、哲学などもあります。ご参考までに部活動は、ラグビー、サッカー、バスケットボール、テニス、卓球、ソフトボール、空手、ダンス、演劇、チェスなどがあります。

<日本語教師に期待されていること>
着任後まずは日本語のクラスで生徒や日本語教師の先生の補助(主に会話の練習など)をしていただくことから日本語教師活動に入っていただくことを予定しています。

授業以外の時間にも日本語教師の指導のもとで教材の作成などの仕事があります。
希望があれば日本語の以外のクラスの見学、アシスタントも可能で、日本語担当の先生は、渡航前から積極的に連絡を取りたい、とのことです。

→[ ニュージーランド日本語教師海外派遣プログラム募集要項 ]
→[ 日本語教師のニュージーランドの学校生活 ]
→[ ニュージーランドの日本語教師「使える授業」教案 ]



ニュージーランドで日本語教師養成講座 420時間 通信講座   詳細
日本人であることをいかせる日本語教師。その日本語教師としての採用条件の1つとしてみなされる、「日本語教師養成課程 420時間」が通信教育でニュージーランドでも学べる日本語教師養成講座。New Zealandでも即役立つ英語で日本語を教える「間接法」も学べ、通信(Eメール/FAXなど)で学習していくので、文化庁のシラバスを、通信手段が確保できる場所なら、地理的不利益をこうむることなくNZのどこからでも学習できます。実習風景をおさめたDVD教材も充実。
オークランド、ノースランド、ワイトモ、ワイカト、ロトルア、タウランガ、ギズボーン、ホークスベイ、タラナキ、マナワツ・ワンガヌイ、ウェリントン、クライストチャーチ、タスマン、ネルソン、マルボロ、ミルフォードサウンド、ウェストコースト、カンタベリー、オタゴ、サウスランドなどNZ全土が対象
ニュージーランドで日本語教師養成講座

オーストラリアやカナダと並んで日本語教師アシスタント派遣国として人気のニュージーランド。

NZ日本語教師留学でニュージーランド旅行満喫ニュージーランド参加を決める人は大きくわけて、

1.リピーター
2.今までNZに行ったことがない

....の両極端に分かれる傾向があります。

1のリピーターは、アメリカやイギリス、カナダ、オーストラリアなどの大国にはない、ニュージーランドならではのこじんまりとした感じ、素朴で美しい大自然に魅せられて、再びNZにもどり、日本語教師アシスタントとして長期滞在したい、という人。

2の「NZは初めて」派の人は、アメリカやイギリス、カナダ、オーストラリアなどの主要国には行ったことがあるけど、ニュージーランドは行ったことがないので、日本語教師アシスタントを機に、NZ留学体験を積みたい、という人たちです。

日本語教育もさかんで、比較的受け入れ環境もよく、比較的治安もよいニュージーランドは、そんな日本語教師アシスタントのみなさんをいつも暖かく迎えてくれ、今年の春もたくさんの日本語教師アシスタントのみなさんが活動しました。

そんなニュージーランドでも派遣希望地として人気のオークランドからの日本語教師ボランティアの募集が届いたのでご紹介します。
NZ日本語教師留学で日本語教師就職の第一歩
ちなみにNZ、
特にオークランドは人気なため、競争率も高く、早い者勝ち。

参加者が決まり次第、締切とさせていただきますので、予めご了承ください。

<日本語教師ボランティア募集の詳細>
■募集:1名
■5/5〜7/4の間、約4週間〜8週間(約2ヶ月)ほど活動できる方優遇
※日程や活動期間については応相談、微調整可能。
■特典:活動(日本語のクラス)を週3、4日にして、残り1日はフリー(NZ観光や他の授業のお手伝いなど)にしても構いません。
■募集要項・費用などは、ニュージーランド日本語教師アシスタント募集要項をご覧ください。

<募集校の詳細>ニュージーランドで日本語教師養成講座と日本語教師留学
■場所:オークランド郊外
※中心部から車で30-40分の、海の近くの閑静な住宅街にあります。
■全校生徒約1,900名、教職員数約130名
■学校のタイプ:公立の男女共学のセカンダリー(中学・高校)
※Year9(中学2年)からYear13(高校3年)までの学生が通っています。
■備考:
この学校はNCEA(ニュージーランドの全国統一学力試験)で常に上位にランクする進学校で環境がよいことでも評判。校内には様々な先端技術や芸術分野などの近代的な設備が整っています。また、留学生の受入も大変熱心で、全校生徒のうち約100名を留学生が占めている、インターナショナルな環境でもあります。

<アシスタント教師ボランティアの役割>
日本語のクラスで、日本語のネイティブスピーカーとして、会話テストの相手役、スピーチコンテスト参加者の指導、作文の添削、web教材の作成など、いろいろな体験を積むことができるやりがいのあるポジションです。

<過去の参加者の声>
・校舎が平屋建てで広く、迷子になりそうなくらいでした。
・Year9 が3クラスで30人程度、Year11が2クラスで20人前後、Year12が2クラスで20人前後、Year13が2クラス15人前後を担当しました。各生徒の日本語能力にはバラツキがありましたが、適度な人数だったので、やりやすかったです。
・けっこう授業を任せてもらえたので、忙しかったけどとてもやりがいがありました。
・International Language Weekのとき、みんなで千羽鶴を折ったのが思い出に残ってます。

NZ日本語教師アシスタントの学校生活をみてみる
NZではこんな日本語の授業をやってます


ニュージーランド 日本語教師ボランティア
(C) Copyright JEGS International Co.,Ltd. All Rights Reserved.

日本語教師海外派遣プログラム参加者の満足度が高いニュージーランドの、映画のワンシーンのようなすばらしい大自然に囲まれた南島ティマルの日本語教師アシスタント・ボランティア活動校情報をお届けします。

ニュージーランドで働く日本語教師アシスタント募集 この学校の校庭からはNZを象徴するようなきれいなSouthern Alpsの山々や太平洋が望むことができ、手付かずの自然に囲まれた、とてもすばらしい環境にあります。また、それら自然とは対照的に学校内には近代的な設備が整っていて、ドラマやmusic roomなど、日本では珍しい設備も完備しています。

NZ日本語教師採用とニュージーランドの求人■学校所在地:ティマル(Timaru)NZ南島
■学校形態:男女共学公立高校
■生徒数:約600名
■日本語教師:あり
■日本語教材:あり
■日本語教師アシスタント受入歴:あり
■希望受入期間:1学期間以上、できるだけ長期活動できる方優遇

<この学校の日本語教育について>
ニュージーランドの学校生活と日本語教師留学この学校では16年以上に渡って日本語教育が行われており、現在は主に4学年(Year9〜12)の生徒たちが、週当たり約15時間、日本語を外国語選択科目として履修しています。授業で必要な日本語教材テキストなどは基本的にはすべて完備されています。

<日本語アシスタント教師に期待されていること>
この学校は、日本の中学高校レベルに相当するため、低学年では遊びの要素を少し取り入れた授業が行われることもありますが、高学年Year11(15歳)ぐらいからは、年度末のNCEA(全国一斉学力試験)に焦点を当てた授業内容となるため、アシスタント教師の方の役割の多くは、生徒への補習の補助、授業中のグループワークのお手伝い、発音練習のモデル、放課後の教材作成、小テスト(筆記、インタビュー試験)などの採点、その他雑務が主なものとなります。学年によっては時折授業で日本の事象についてデモンストレーションをして頂くよう場合もあります。担当の日本語教師に何でも相談してみるとよいでしょう。

<学校や地域の特徴>
ニュージーランド映画撮影ロケ地近くの日本語教師募集校この学校は、クライストチャーチから車で約2時間のところにある、人口4万人の風光明媚なティマル(Timaru)という南島でも主要な街にあります。学校での活動のほか、アウトドアスポーツも存分にお楽しみいただけることでしょう。また、海外から多くの留学生を受け入れおり、豊富な英語教育をはじめ、高い水準の教育を教職員一同、志しています。

<この学校で活動した先輩アシスタント教師より>
New Zealand Lifeを満喫するには申し分ない環境で、本当に楽しいことづくしでした。学校での活動以外でも毎週末、友達のPartyに誘われたり。ちょっとホリデーがあると農場を手伝ったりラグビーに夢中になったり、ウォータースポーツに挑戦したり。Host Familyに旅行に連れて行ってもらったり、学期間の長期ホリデー(Christmas Holidayなど)では3週間かけて北島旅行にも行きました。第二の故郷となったティマルの澄み切った空とおいしい空気は、私の心に一生分の栄養を補填してくれました。

→[ 日本語教師海外派遣・ニュージーランド募集要項 ]
→[ ニュージーランドの日本語教師の学校生活 ]
→[ ニュージーランドで日本語教師になるには? ]...資格/アルバイト・パートタイムなど



ニュージーランド・クライストチャーチにある、これまでの日本語教師海外派遣プログラム参加者にとても評判のよい私立の女子高からの日本語教師アシスタント・ボランティア募集情報をお届けします。

クライストチャーチで日本語教師募集求人この学校はクライストチャーチ国際空港から15分、クライストチャーチの町の中心部から10分の緑に囲まれた、とても便利で綺麗なロケーションにあります。

ニュージーランドの中でもトップクラスの高い学力水準を誇り、勉強に限らず、スポーツ、音楽、芸術の活動でニュージーランド全土に知られている名門女子校。2006年度のNCEA (National Certificate in Educational Achievement:NZの全国共通学力試験)のLevel3達成度では92.4%の達成率でクライストチャーチ全高校中、第1位の成績だったそうです。

Years 7〜13 (約11〜 18歳)の生徒が、一クラス25人以下の少人数制の教育システムを取り入れているので、歴代の日本語教師派遣者のみなさんもとても活動しやすいとのこと。

ニュージーランド日本語教師募集校■学校形態:ミッション系私立中高校
■生徒数:約700名弱(うち120人が寮/寄宿舎で生活)
■教員数:約90名
■日本語教師:フルタイム1名
■日本語の教材・テキスト:あり
■学校でのPC利用:可

<設備・環境>
クライストチャーチの校舎には最新の設備が整っており、IT完備の図書館、LANによる生徒間、生徒と教師間の連絡も可能、近代的でアート専用施設、ミュージックルーム、ITセンター、音楽室、フィットネスセンター、体育館、上級生のためのコモンルーム、特別なサポートや学習を必要とする生徒の学習センター、最先端の理科実験室、ダンススタジオ、プール、全面芝生のグランド、伝統を感じさせるチャペルもあります。

<日本語教育と日本語教師アシスタントに期待されること>
この学校では17年前から日本語教育が開始され、横浜の女子高とも姉妹校提携を結んでおり、盛んな交流が行われています。現在では日本語の授業は、週約6〜7回程度おこなわれおり、日本語アシスタント教師のみなさんには、教材準備や、日本文化の紹介、日本語の会話及び、発音チェック、ゲーム、日本語の歌などのアクティビティー、インターネットでの日本文化リサーチなどをお手伝いしていただきたいそうです。日本語の授業以外にも、スポーツや演劇、弁論、スピーチ、ダンス、合唱、声楽と弦楽器等の文化活動にも積極的にご参加いただけます。

NZ日本語教師採用とニュージーランドの求人情報この学校では留学生も積極的に受け入れていることから、外国人を対象とした個々の能力に応じた英語教育サポート体制も整っていて、これまで歴代の日本語アシスタント教師のみなさんも、生徒に交じって海外の大学受験のための英語クラス(EAS)やTOFEL,IELTS,SAT等の国際英語試験の準備コースのクラスで英語を勉強したりもしていたそうです。

日本語教師アシスタント活動に加え、英語力アップにも申し分ないニュージーランドの活動校といえます。

ニュージーランド日本語教師ボランティア募集要項
NZ日本語教師ATの学校生活英語習得術NZではこんな授業がウケてます
ニュージーランドで日本語教師になるには?(資格/給料/アルバイト・パートタイム/採用情報など)



ニュージーランドで一番大きい都市、オークランド。オークランド日本語教師募集
日本語教師アシスタント派遣地としても一番人気が高い都市でもあります。

そのオークランドにある学校が、日本語のネイティブスピーカーとしてニュージーランドの子供たちに日本語や日本文化を教えてくれる、日本語教師アシスタントを募集しています。

この学校では、20年以上にわたって日本語教育が行われており、現在はYear7〜Year13(中学高校)の生徒たちが、日本語を外国語選択科目として履修しています。授業数は、週当たり約22〜25時間ほどもあります。

オークランド日本語教師求人募集学校も近代的な設備が整っており、もちろん日本語教材関係は基本的に授業で必要とされる参考書類は全て完備されています。

日本語の授業は基本的に日本人の日本語教師がおこなっていますので、そのアシスタントとして活動していただく形になります。
多少、英語力に不安がある方でも安心して活動していただけることでしょう。


ニュージーランド日本語教師求人■生徒数:約1100名
■教職員数:約60名
■ホームステイ費用:週180ドル ※市価が週230ドルなので格安!
■学校の形態:公立男子中学高校
※道をはさんだ真向かいには系列の女子中高校もありますので併せて活動していただけることでしょう。

ニュージーランドで最大の都市オークランドだけあって、この学校がある地域は、様々な移民が居住している地域でもあるので、日本の学校とはかなり雰囲気の異なる、インターナショナルな学校環境となっています。海外留学生の受け入れにも積極的で、現在アジア諸国の他、ヨーロッパ、中近東からの学生約120名がこの学校で学んでいます。

ニュージーランド日本語教師募集日本の横浜の学校とも姉妹校提携を結び、毎年、積極的な交換留学をおこなっているんですよ。

<アシスタント教師に期待されていること>
ニュージーランド日本語教師採用この学校は、日本の中学高校レベルに相当するため、低学年では遊びの要素を少し取り入れた授業が行われることもありますが、高学年のYear11(15歳)ぐらいからは、年度末の全国一斉試験に焦点を当てた授業内容となります。

そのため、アシスタント教師の方のお仕事の多くは、生徒への補習の補助、授業中のグループワークのお手伝い、発音練習のモデル、放課後の教材作成、小テスト(筆記、インタビュー試験)などの採点、その他雑務が主なものとなります。学年によっては時折授業で日本の事象についてデモンストレーションをして頂くよう先生から依頼があるかもしれません。詳しくは、担当の先生とお話合いの上、指示に従ってください。

→[ ニュージーランド日本語教師ボランティア募集要項 ]にてNZの学期スケジュールなどが確認できます。
→[ ニュージーランドで日本語教師になるには? ]



ニュージーランド日本語教師かるたニュージーランドの日本語教師アシスタント募集校をご紹介します。

この学校はオークランド中心部から車で10分ほどの海に囲まれた新興住宅地ある中規模な小学校。

Year 1〜6 (約6歳〜 11歳)の子供たちが男女共学で学んでいる公立の学校です。

小学校ですが、海外の学校との交流も盛んに行われており、日本の姉妹提携校からも、年に2回ほど、30名ぐらいのグループがこの学校を訪問しているそうです。日本人のほか、韓国人生徒をはじめ、多くの海外留学生も積極的に受け入れています。

(↓学校でのマオリのダンスのイベント)
ニュージー小学校マオリダンス
■学校の生徒数:約250名
■学校の教職員数:約25名
■活動時期:2学期以上の長期活動できる方優遇
■教職の経験がある方向き
■日本語教師養成講座修了は必ずしも必要ありません。



<日本語教師アシスタントに求められていること>
この学校では、歴代、日本語教師アシスタントの方々が活動していただいてますが、ニュージーランド人の専任の日本語の先生(日本語教師)はおりませんので、日本語の授業は基本的にはすべて、日本語教師アシスタントの方がお一人でおこなっていただくような形になります。日本語の授業は、「遊びながら日本語に親しむ」ことがメインになります。

英語に多少、自信があって、日本の小学校で先生をされていた方、または小学校英語指導者(J-shine)として日本の小学校で英語を教えていらっしゃる方や、資格を新たに取られた方で、実践を積まれたい方向きの派遣校といえます。

学校での服装はカジュアルでOKで、ジーンズでも大丈夫とのことです。でもいろいろなイベントもありますので、フォーマルな服装も一着持っていらっしゃると便利でしょう。子供たちは新しい日本語教師の到着をとても楽しみにしています。

→[ ニュージーランド日本語教師アシスタント募集要項・学期スケジュール ]



HOME日本語教師ボランティアニュージーランドオークランドの派遣校

ニュージーランドは日本語教師海外派遣されたみなさんが活動する国として、いつも第2位、3位の人気を誇っています。

オークランド日本語教師募集夕景 ・日本語教育が比較的さかんなこと
・それにともない比較的募集校が多い
・ヨーロッパなどに比べ英語圏では物価が安い
・ニュージーランドの素朴な国民性
・映画のロケ地としても世界的に有名な美しい自然

こういった背景がニュージーランドが人気の理由となっているようです。

さて本日は、そのニュージーランド最大の都市、オークランドの日本語教師派遣校ご紹介します。

ニュージーランド日本語教師アシスタント募集要項・学期スケジュール

ニュージーランド日本語教師校庭この学校は、オークランドの北側、ハーバーブリッジを渡ってすぐのノースショアにあります。

日本語教育が熱心に行われていることでとても有名で、日本語の授業を導入してか20年近くになります。

世界各国からの交換留学生の受け入れも積極的で、インターナショナルな環境の中で生徒たちは伸び伸びと学校生活を送っています。

日本の神奈川県の高校と姉妹校提携も結んでおり、日本からも多くの留学生を受け入れています。

ニュージーランド日本語教師募集クラブ<学校詳細>
【学校形態】公立共学高校(セカンダリー)
【教員数】約80名
【生徒数】約1400名
【期間】3,4学期間活動できる方優遇
【日本語教材】あり
【日本語教師】あり/前任もあり

ニュージーランド日本語教師募集校グラウンド【日本語の授業】 週24時間ほど。
・Year9(14歳)が3時間、
・Year10(15歳)6時間、
・Year11(16歳)5時間、
・Year12(17歳)5時間、
・Year13(18歳)5時間
となっています。

日本語教師の方には、会話、発音、日本文化に関するアクティビティーを担当していただく事になります。

これまでも多くのアシスタント教師が活動してきた学校ですので、安心してスムーズに活動に入っていけることでしょう。

オークランドは何をするにも便利な場所。オークランド指定の希望者も多いので、お申込みはお早めにどうぞ!

ニュージーランド日本語教師アシスタント募集要項・学期スケジュール
ニュージーランドのワークビザ・シールと各国のビザ申請方法の違い
ニュージーランドで日本語教師になるには?
NZで受講できる日本語教師養成講座

ニュージーランド日本語教師の留学体験記NZで日本語教師

日本語教師養成通信教育420時間

ニュージーランドで受講できる
日本語教師養成講座420時間

オークランド、クライストチャーチ、ウェリントン、ロトルアほか


ニュージーランド日本語教師海外派遣プログラム
Copyright; JEGS International Co.,Ltd. All Rights Reserved.