フランス日本語教師求人募集フランスで日本語教師として働きたいんですけど….」

・・・というご質問を頂戴することがあります。

確かにフランスでは、柔道人口が日本の3倍であったり、歌舞伎や日本映画など、アート・文化的な側面から日本に関心を持っている人は少なからずいらっしゃいます。

しかし、そうした関心を持った人でも、高額な授業料を払ってまで日本語を学びたい、という日本語教師の需要につながるまではなかなか至らないのが実状であり、フランスに限らず欧米圏で日本語教師として有給で働くのは残念ながらかなり難しいものがあります。フランスで日本語教師として働くための簡単な概要を下記します。

 フランスで日本語教師になるには?

フランス国内でも、まず「どこで日本語教師として働くか」にもよりますが、あいにくフランスでは日本語教育はそれほど盛んではないため、日本語教師の全体的な需要自体、少ないです。(日本語教育がさかんなオーストラリアやニュージーランドでも難しいことですので)フランスで日本語教師になるのもさらに難しいものがあります。

日本語教育関連の微々たる求人をみかけても、ほとんどがパートタイム(アルバイト)のテンポラリーで不安定なものであり、パートタイムではフランスの就労ビザを取得することは不可能ですので、日本語教師としての就労を「はるばる日本から目指す」というのはビザの障壁などの点からも、ほぼ実現不可能です。
また、それ以前に、フランスのパリなどの主要都市には現地在住の日本人がすでに非常にたくさんあふれていますので、現地での募集と雇用で間に合っており、そのため、フランスでの日本語教師の求人を、わざわざ日本にいる日本人対象に募集をかけることはほとんどありません。

ちなみに、フランスで日本語教育に携わる教師のほとんどは日本人である場合が多いですが、あくまで臨時の講師として教えている場合が多く、日本語教師単独で生計を立てるのは極めて難しいものがあります。

「どこで日本語教師として働くか」

(1)フランスの公立・私立の初等・中等教育機関
(2)フランスの大学などの高等教育機関
(3)民間の語学学校

(1)フランスの公立・私立の初等・中等教育機関でなるには?

 フランスの日本語教師の資格・採用方法

フランスの公立・私立校で日本人が教員として働くには、基本的にはフランス人と同様に、国家教員試験に合格し、CAPES:Certificat d’aptitude au professorat de l’enseignement du second degre(中等教育教員適正証書)を取得しなければなりません。
※フランスでの学生向け試験、教員向け試験、第3試験のいずれかに合格し、規則に沿った条件下で1年間の教育実習修了者に交付。実習期間と修士課程修了後にCAPESを取得すると、有資格教師になることができます。

しかし、マイナーな道ですが、フランスの公立の学校等でアシスタント教師などのボランティアやインターンなどの補助教員(maitre auxiliaire)としてすでに経験を積んでいる者を対象にした試験(CAPES reserve)もあります。まず一次選考として、フランス語のレポート提出による書類選考がおこなわれ、次にフランス語と日本語による面接をパスしなければなりません。その後、指定校で正規の授業をもちながらの1年間の研修期間を経て、フランス教育省日本語教育監督官の承認を得ることで、日本語教師になる課程もあります。
但し、CAPES reserve試験を受けるほどの実力をお持ちならば、正規の教員コースを取られたほうが近道なのが現状です。

 日本人の日本語教師の採用

加えて、日本人=ネイティブ・スピーカーという理由だけではフランス人に比べて、より日本語教師として採用されやすいということにはなりません。むしろ、言葉(フランス語)の問題やフランスでの初等・中等教育を受けていないことを理由にどちらかと言えば、フランス人より不利な立場になる傾向があります。

(2)フランスの大学など高等教育機関でなるには

フランスでは日本語教師や日本語教育専門学習者を養成する機関がほとんどありませんので、大学で日本語を教えている方々のほとんどは、日本の大学で日本語教育関連の学位(修士号)を取得した日本人や、日本の大学で日本語教育関連を学んだ後、フランスの大学で言語学や教育学の学位を取得した日本人の教授が多いです。

また、これはフランスに限らず、海外のどの大学に勤務する場合にも共通の点ですが、大学勤務の場合、「日本語を教えるための日本語教師として就職」ではなく、日本文学や日本の芸術など何か日本についての唯一無比の専門分野での専攻や造詣が深い専門家が、その功績を認められ大学に講師とし採用が決まり、「その傍ら、週に1,2度程度、日本語も教えている」というケースが多いのも大学での日本語教師の実状です。「日本語が先か」「その他専門分野が先か」となると、専門分野のほうが先であり、「日本語を教えること」はあくまで「オマケ」であることが多く、大学勤務の日本語教師になることは非常に難しいものがあります。

(3)フランスの民間の語学学校でなるには

特に規定はありませんが、「すでにフランスに居住している人」「フランスで就労できる適正なビザ保有者」を対象として、以下のいずれかの資格に加えて、「経験」と「語学力」を求めている場合が多いようです。

A.日本語教授法(日本語教師養成)420時間コースの修了者
B.日本語教育能力検定試験合格者
C.日本またはフランスの大学にて日本語教授法専攻または副専攻

そのため、以下の日本語教師養成講座を受講するなどして、日本語を教えるノウハウを得たり、就職の際の資格証明として活用するフランス在住者などもいらっしゃいます。

フランスの日本語教育機関(過去の募集例)
2002年設立の総合語学学校(A)の例

【所在地】フランス・パリ中心部
【募集職種1】日本語教師(非常勤)
【採用条件】四大卒で下記の1~3のいずれかに該当する方。
1)短大・大学で日本語専攻または副専攻修了者。
2)日本語教育能力検定試験合格者
3)日本語教師養成講座420時間修了者
異文化に適応し、意欲的に日本語教育に携われる方。楽しい日本語の授業をしてくださる方をお待ちしております。
【待遇】 給与:約400ユーロ(CAF住宅補助含む)/休日・休暇:日曜・祝日、イースター、クリスマス休暇(約2週間) /福利厚生:住宅提供、交通費全額支給 渡航費、ビザ申請費用は自己負担。(滞在期間が1年未満ということもあり、海外旅行保険に加入推奨)
【業務内容】フランス人(社会人・学生)を対象とした日本語のクラスで、初級~上級クラス、日本語能力試験1級~2級対策クラス、ビジネス日本語クラス、子供クラス授業の担当、日本語授業カリキュラム考案等
【勤務条件】平日:8:00~21:30、土曜日:8:00~18:00間で週20時間(平日夜出勤必須)

【募集職種2】日本語教師(アルバイト)
【職務内容】上記パリの語学学校でのクラス授業、プライベート授業の担当
【勤務時間】月~土曜日勤務(平日21:30、土曜18:00まで)
【採用条件】日本語教師養成講座420時間修了者、または同等の資格を有する者。 ※経験者優遇
【語学力】特に語学レベルは問わないが、フランス語できる方優遇(直接法で授業を行います。楽しい授業をしてくださる方)
【備考】ビザについて:ワーキングホリデービザを取得している方、または申請中の方(サポート等は一切ありません。

1989年設立の語学学校(B)の例

【所在地】Paris FRANCE(パリの中心部、オペラ座近く)
【募集職種】塾講師(国・数・英)/日本語教師
【給与】時給12ユーロ
【学校について】主にフランス在住(留学)の日本人と韓国人を対象としたフランス語教育を目的に1989年に設立。翌1990年からは、フランス人を対象とした日本語教育も開始され、現在では子供を対象とした2ヶ国語教育もおこなっています。フランス文部省認定(VISA申請権利保有、学生労働許可証発行可能)校。日本や韓国へフランス語教師派遣もおこなっており、上海に分校あり。
【営業時間】平日8:30-21:30、土8:30-19:00

地方自治体の日仏友好交流プログラム

兵庫県とフランス セーヌ・エ・マルヌ県との友好交流プログラムの一環として、セーヌ・エ・マルヌ県の現地の大学等で日本文化を教え、セーヌ・エ・マルヌ県経済振興公社の業務に協力するとともに、フランスの大学等で専門分野の研究を行うことを目的とした日本文化教師の募集情報。( http://web.pref.hyogo.jp/press/press_ac021_00007349.html )

※上記はあくまでご参考までの過去の募集例であり、今現在の募集を保証するものではありません。

また、日本語教師とは若干異なりますが、下記のような日本語補習校や日系の教育機関などでも日本人以外の国籍を持つ子供たちが学習している国際部などがあり、日本語教師と同等の活動ができる場合があります。

フランスの日本語教育機関・日本語補習校など
  • AAA学院 : Association des Amities Asiatiques
  • YUTAKA Culture et Langues d’Aise ユタカ・フランス
  • リヨンの日本語学園 日本語科
    【所在地】LYON France
    【職種】国語非常勤講師 【条件】中学・高校教員免許必須、要フランス語力
    【備考】1992年に開講、40以上の様々な国籍を持つ小学校1年生(CP)から高校3年生(Terminal)までの約1600人の生徒を受け入れている学園で、アメリカ、イギリス、ドイツ、スペイン、イタリア、日本、そしてポーランドの7つの科が設置されています。
  • リヨン補習授業校 (ADLCJ:Association pour le Developpement de la Langue et de la Culture Japonaises)
    【所在地】c/o Maison Berty Albrecht,14, place Grandclement, 69100 Villeurbanne
  • リヨン・ジェルラン補習授業校(Cite Scolaire International de Lyon-Section Japonaises)
    【所在地】2, Place de Montreal 69361 Lyon, FRANCE
  • パリ日本人学校(日仏文化学院):INSTITUT CULTUREL FRANCO-JAPONAIS
    【所在地】7 rue Jean-Pierre Timbaud 78180 Montigny-le-Bretonneux FRANCE
  • アルザス(ストラスブール)補習授業校
  • グルノーブル日本語授業補習校ASSOCIATION FRANCO-JAPONAISE DE GRENOBLE ET DE L’Isere(メイラン市立ミ・プレーヌ小学校内)
    12 rue des Aiguinards 38240 Meylan
  • コートダジュール(ニース)補習授業校
    Groupe Scolaire Garbejaire 126, avenue Georges Pompidou, 06560 Valbonne Sophia Antipolis
  • コルマール補習授業校(Ecole Compl mentaire pour L’enseignement Japonais Colmar)
  • トゥレーヌ補習授業校
  • トゥレーヌ甲南学園(LYCEE-COLLEGE KONAN DE TOURAINE-FRANCE) 57-63 RUE DE LA GAUDINIERE,37540 SAINT-CYR-SUR-LOIRE,FRANCE
  • ノール=パ・ド・カレー日本人学校(ノールパドゥカレー補習授業校:
    Ecole Japonaise du Nord – Pas-de-Calais -)
    116, rue du General de Gaulle – 59110 La Madeleine
  • ボルドー補習授業校(Ecole complementaire Japonaise de Bordeaux)
    Salle de L’athenee Municipal Place St.christoly, 33000 Bordeaux, FRANCE
  • マルセイユ補習授業校(Marseille)
  • レンヌ補習授業校(Rennes)

※上記はあくまでご参考までの過去の募集情報等であり、就職を斡旋するものではありません。

 その他 フランス関連Q&A

 フランスで420時間の日本語教師養成講座を受講できないか?

Q. フランスに住んでいます。こちらでフランス人の友人らを始め、地域のコミュニティで日本語を教えていますが、我流で教えているため、限界を感じています。将来は日本語教師としてきちんとやっていきたいため、専門的な日本語教授法がフランスで勉強できる講座を探していますが、フランスでも受講できるお勧めの日本語教師資格講座などはありますでしょうか。

A. はい、こちらの日本語教師養成講座420時間はフランスでも役立つ、外国語を媒介として日本語を教える間接法も学習できる講座で、併せて学ぶ「日本語で日本語を教える直接法」と組み合わせて教えれば、より効果的な学習効果を期待できるでしょう。
講座内容は、文化庁の「日本語教員養成において必要とされる教育内容」のシラバスに基づく「420時間」の日本語教師資格を取得できる構成になっていますので、将来の日本語教師就職を視野に入れている方にもお勧めです。欧州からはフランスとイギリスからの受講生が特に多く、次いでドイツに受講生が多く誕生しています。

ちなみにフランス絡みで受講される方は、以下のような受講動機をお持ちのようです。

海外移住に備えて
旦那がフランス人で、現在日本に住んでいるのですが、もし外国に住むことになっても何か働けるように日本語教師の資格をとりたいと考えています。ある程度英語が話せるので、英語でも日本語を教える事ができたらいいなと思っています。正社員で働いていて、学校に行くことは難しいので、通信で勉強したいです。(東京ご在住の27歳女性)

専門的に学んだことがないので
フランス在住で、カルチャーセンターで日本語を教えています。ただ日本語教育を専門的に学んだことがないので、しっかり学習したいと思い、420時間の通信講座を受講したいと考えました。(Martin d’Heresご在住の36歳女性)

教えることになったので
ただいま南仏の田舎の方に住んでいる者です。今度ある機関で日本語を教えることになるかもしれない状況になりまして、これまで仕事としてちゃんと教えた事がないので少し不安に思っている所、こちらの通信講座を見つけました。通信講座を受けながら、日本語を教えること(始まるとすれば来年の1月です)になりそうです。(サンタナスタジーご在住の33歳女性)

国際結婚と転勤を機に
フランス人と結婚し、ニューカレドニアから今年の9月にフランスのパリへ転勤になります。パリで日本語を現地の方々に教えることができたら、と思いこの講座を受けてみようと思いました。フランス語は中級。英語は英検2級で、日常会話は大丈夫です。スペイン語は上級です。フランスの事情は少し耳にしております。なかなか就職は難しいとのことですが、希望を持って外国の方々に教えられるように勉強したいと思っています。(ニューカレドニアご在住の41歳女性)

仏生活の次なるステップアップへつなげたい
フランス在住15年になります。数年前までフランスのカルチャーセンターで日本語を教えていましたが、レベルが上がるにつれ我流の教え方に限界を感じ、現在は翻訳業をメインにフリーランサーとして活動しています。前から日本語教師養成講座を受けたいと思っていたのですが、なかなか決心がつかず数年が経ってしまいました。今回、講座を始めることで日本語教授法(特に間接法)を学び、母語である日本語と客観的かつ論理的に向き合って、フランス生活での次なるステップアップに結びつけれたらと思っています。(Mayetご在住の43歳女性)

スキル向上のため
フランスで日本語教師をしていますがスキル向上のため受講を希望しています。すでに他の通信を受講し、日本語教師として実際に働いておりますが、もう少し勉強したいので。(Parisご在住の43歳女性)

教えたことがないので
こちらで友人が開校する語学学校で「日本語教師をやってくれないか」と打診されました。特に公的な資格等は不要なのですが、日本語を教えた事がないので、実践的な指導方法等を学びたいと思い、こちらの通信総合講座を希望しました。(Salon-de-Provenceご在住の44歳女性)

我流に限界を感じて
現在フランス在住で、日本語教師のアルバイトを始めて約2年過ぎましたが、我流の限界を感じて今回受講を考えるに至りました。(デュドヴィルご在住の48歳女性)

フランスでの需要の高まりに応じて
フランスに25年在住しています。現地で日本語学習の意欲のある若者が増えており、日本語教師への転職を考えています。まず420時間の総合講座で基礎を身に付けたいと思います。(Cergyご在住の49歳女性)

正式に勉強したい
パリにあるInstituteで2週間の日本語教師養成講座を受講し、修了証書を頂きました。プライベートで、時々、日本語を教えていますが、正式に、勉強したくなりました。(パリご在住の52歳女性)

日本一時帰国を利用する
現在一時帰国中ですので、日本円でお支払いし、フランスに帰国後、学習を開始したいと思っています。(モンペリエご在住の29歳女性)

就職につなげたい
ずっと海外に永住したいと思うだけで何もしていなかったので、海外での就職に繋げるために出来ることを少しずつしていきたいと思ったからです。(リールご在住の42歳女性)

みなさん、いろいろな用途に日本語教師養成講座を活用していらっしゃるようです。

→この日本語教師養成講座の|お問合せ・資料請求仮申込(見積依頼)
(C)Copyright JEGS International Co.,Ltd. All Rights Reserved.