ニュージーランドの大学で日本語教師インターンを募集しています。当サイト掲載求人情報に関しては、こちらの[免責事項・利用の際の注意点]をご了承の上、ご利用ください。以下、募集機関からのメッセージです。

インターナショナルパシフィック大学

IPC; International Pacific College

www.ipc.ac.nz本学はニュージーランド初の私立高等教育機関です。
小規模ながらも自然に囲まれたキャンパスで世界各国からの留学生を中心に学んでいます。
徹底した少人数クラスで大学としては稀なきめ細かな指導を特徴としています。

日本語学習者は主にNZ人で、クラスレッスン、教材作成、成績評価、行事の企画運営など幅広く取り組んでいただくことになります。
学生は将来日本で働こうと考えていることが多いので、言語だけではなく、日本で生活する上で必要な日本事情なども教えていただきます。

クラスでの指導は基本的に直接法ですが、業務のためには英語が少なからず必要になります。
また、基本的なパソコンの知識(ワード、エクセルなど)も求められます。

英語については、日常会話程度のレベルがあったほうが、生活面または学生との日々のコミュニケーションにおいてスムーズに行くと思われます。ただし英語が十分ではなくとも現地日本人スタッフが丁寧にサポートしますので、何より向上心があり、今後日本語教員としてプロを目指す方のご応募をお待ちしています。

勤務地

57 Aokautere Drive, Palmerston North 4410, New Zealand(ニュージランド北島・パーマストンノース市)

募集職種

日本語教員インターン:1名

応募資格・採用条件(学歴・経験等)

大学卒、ワーキングホリデービザ取得可能な方で、
以下のいずれかの資格を有すること。
1. 大学で日本語教育を専攻または副専攻
2. 日本語教師養成講座420時間修了
3. 日本語教育能力検定試験合格
※日常会話ができる程度の英語力があることが望ましい。

勤務条件

平日週5日40時間勤務。土日、祝祭日は休み。夏休み、冬休み、中間休み有り。
契約期間は4月から12月ですが、相談のうえ教員として雇用の継続を検討いただく場合があります。

待遇(給料・支給物等)

住居(学生寮)と食事(1日3回)が支給されます。給料は無給です。
契約修了時に帰国のための航空券相当が支給されます。
ワーキングホリデービザ取得や渡航に関わる費用は本人負担となります。

応募締切日

決まり次第締め切り

応募方法

下記まで写真付き履歴書をEメールで送付ください。

選考方法

書類選考後、面接と模擬授業をいたします。場合によっては東京あるいは神戸まで面接のためお越しいただく場合があります。

本求人・採用に関する連絡先

[mail to 採用担当者/谷脇]:ttaniwaki@ipc.ac.nz

※最新の求人情報や求人掲載・更新依頼はこちら「求人一覧」をご参照ください。
>>その他:ニュージーランドで受講できる日本語教師養成講座