スマホ・・・に限らず、パソコン含め、すべてのEメールの送受信に関わる注意事項です。

email-troubleshooting

先日、以下のような質問を受けましたので、この場を借りて、回答申し上げます。

Q.いつも御社のHPにはお世話になっております。質問があり問い合わせメールを送らせていただきます。某校(欧州にある教育機関)の求人への応募を考えております。ここに記載された採用担当へのメールがエラーとなって返ってきており、送信することができない状況です。私自身の方に落ち度があるのかもしれませんが、採用担当の方のメールは正しいものなのか確認できれば大変有り難いです。尚、パソコンのメールを持っておりませんので、メールアドレスには携帯のアドレスを記載させていただきます。申し訳ありません。ご多忙の中お手数をおかけしますが、何卒よろしくお願い致します。

A.
Eメールアドレスの正否について
まず、「採用担当の方のメールは正しいものなのか」についてですが、記載してある採用担当者のメールアドレスを確認しましたが、そのEメールアドレスに間違いはございません。実際、弊社もそのEメールアドレスにて採用担当者と何度も連絡ができております。

Eメールがエラーになる点について
次に、お尋ねの事項は、すべて予めその各求人ページの冒頭の、「免責事項・利用の際の注意点」の中の求人応募の際にありがちなトラブル「1.連絡がとれない」」にて案内しております通りですので、求人ページをご利用の場合は、まずその「免責事項・利用の際の注意点」をお読みくださいますよう、よろしくお願い申し上げます。

そちらにEメールに関しても、案内しております。

また、求人に関しては、これもその「免責事項・利用の際の注意点」に明記しております通り、斡旋、取次、個別の質問への対応はおこなっておりません。

その上で、一応、以下の通り、回答申し上げます。

Eメールの性質

まず、Eメールというものですが、どのEメールであれ、「100%常に絶対に届く」ものではありません。そのことをまず知った上で、Eメールというものをご利用ください。

また、同じ人とのやりとりで、1回目と2回目はやりとりできていたのに、3回目に突然、やりとりできなくなって、4回目にまたやりとりできるようになった、と気まぐれ的に不具合が発生することもございます。その原因は様々で決定的に何か1つの原因があるわけではございません。回線その他、複合的な要因が重なって、一時的にメールが届かなくなる、ということもございます。

スマホからのメールは海外へは届かないことが多い

また、スマホからのEメール、またはスマホのEメールアドレスからのEメールは海外へは届かない(または海外からのメールが受信できない)ことが多いことで知られています。
例えば、以下のようなアドレスのEメールのことです。

****@docomo.ne.jp
****@ezweb.ne.jp
****@i.softbank.jp
****@icloud.com

※上記アドレスは一例です。それ以外にもあります。

そのため、求人募集者(採用担当者)は、わざわざ

E-mailアドレスは、携帯のアドレスではないものをご使用下さい(スマホでの連絡不可)。

と求人情報に書いてくれてあるものもあります。

解決方法(代替手段)

解決方法(代替手段)も、上記の「免責事項・利用の際の注意点」に案内してある通りなのですが、

  1. スマホから送受信しない
  2. スマホのEメールアドレスを使わない
  3. パソコンから送受信する
  4. gmail、hotmail、yahooメールなどを使う
  5. gmailとhotmail,yahooメールなど、どれか1つではなく、複数のメールアドレスから送信してみる

ように心掛けてください。

念のためですが、gmail、hotmail、yahooメールとは、

****@gmail.com
****@hotmail.com/@hotmail.co.jp
****@yahoo.co.jp

といったアドレスのフリーメール(無料)のことです。

尚、gmail、hotmail、yahooメールなどを使えば、「100%絶対にメールが送受信できる」というわけではありませんが、スマホのEメールもしくはスマホでメールを送受信するよりかは、相手に届く(もしくは受信できる)可能性は高くなります。
※gmailやyahooメールなどでも、スマホで送受信すると、エラーとなることもあります。

まとめ

以上をまとめますと、リスクを少しでも軽減するためには、

  • 携帯電話(スマホ)以外のメールアドレスにて、携帯以外(パソコン)から送信する
  • gmailやhotmail,yahooなど2,3種類以上のメールからそれぞれ時間を置いて送信する
  • 返信もgmailやhotmail,yahooなど2種類以上に送信するように相手方に伝える
  • 連絡がない場合、上記2,3種類以上のメアドから添付無しのメールを送信してみる
  • それでも連絡がない場合、採用側のホームページ等を確認しホームページ既設のお問合せフォームなど別の手段で連絡してみる

といった対策が考えられます。それでも「完璧」ではありませんが、Eメール不通によるトラブルを多少なりとも軽減することができます。

それでもどうしても連絡が取れない・・・という場合は、ご縁が無かったものとあきらめて、速やかに他の求人に注力することも大切なことです。