国際交流基金の日本語国際センター(浦和)勤務の専任講師(任期付)を募集しています。当サイト掲載求人情報に関しては、こちらの[免責事項・利用の際の注意点]をご了承の上、ご利用ください。以下、募集機関からのメッセージです。

独立行政法人国際交流基金

日本語国際センター

日本語国際センターwww.jpf.go.jp/j/urawa/

独立行政法人国際交流基金は、文化芸術交流、海外での日本語教育支援、日本研究・知的交流等の分野でさまざまな活動を行っています。

このたび、日本語国際センターでは、海外の日本語教師に対する研修や教材開発等の業務を担う専任講師(任期付)を募集します。

日本語国際センターは年間300名以上の海外の日本語教師に対して研修を実施しており、他では得られない経験を積むこともできます。海外の日本語教育の分野で活躍してきた方、今後活躍したい方の応募をお待ちしています。

※本件の応募の際には、こちら「国際交流基金 日本語国際センター 専任講師(任期付)の募集について」をご一読の上、ご応募ください。

主な勤務地

埼玉県さいたま市浦和区北浦和5-6-36(JR京浜東北線 北浦和駅西口より徒歩8分)
※海外巡回指導等も含む、国際交流基金が行う海外の日本語教育推進全般にわたる諸業務を担当していただくことがあります。

募集職種

専任講師(任期付):若干名

応募資格・採用条件(学歴・経験等)

次の1.~4.のすべてを満たす者とします。

  1. 大学院修士課程を修了した者、またはこれと同等以上の学歴を有する者
  2. 日本語教育に3年以上従事した経歴(日本語教育関連領域における相当の実務経験を含む。ただし、個人教授を除く)を持つ者
  3. 海外出張等の海外での業務にも応じられる者
  4. 日本国籍を有する者でない場合は、日本国内で合法的に就労できる者

※なお、応募資格ではありませんが、以下に該当される方が望ましいと考えています。

  • 海外で日本語教育に従事した経験を持つ者
  • コースやプログラムのコーディネート経験のある者
  • 教師教育(教師研修、教師養成等)の経験を有する者
  • 非母語話者教師との協働経験を有する者

職務内容

以下の2つの業務のうち、いずれかを中心に他の業務も含めて行っていただきます。

  1. 国際交流基金が実施する非母語話者日本語教師向けを中心とした各種研修の運営および日本語、日本語教授法、日本事情等の講義、ワークショップ等
  2. JF日本語教育スタンダードに準拠した教材開発、サイト運営等

その他、海外巡回指導等も含む、国際交流基金が行う海外の日本語教育推進全般にわたる諸業務を担当していただくことがあります。
業務内容についてはこちらの「日本語国際センター 専任講師の仕事」もご覧下さい。

勤務条件

  1. 勤務日・勤務時間
    勤務日は、原則として月曜日から金曜日までの週5日とし、土曜日、日曜日、国民の祝日、年末年始休暇を休日とします。勤務時間は、原則として9時15分から17時45分までとします。
  2. 休暇
    毎年度20日の年次有給休暇制度があります。(ただし、勤務開始月によって日数が調整されます。)
  3. その他の勤務条件
    国際交流基金の定めるところによります。
  • 委嘱開始時期:原則として令和2年4月1日(開始時期応相談)より原則として3年間。任期中の勤務状況及び業務成績等を評価の上、最長2年を限度に再委嘱することがあります。

待遇(給料・支給物等)

  1. 各種手当
    国際交流基金の規程に基づき、各人の学歴、経験等に従い、基本手当、特別調整手当、通勤手当、扶養手当(該当する場合)、住居手当(該当する場合)を毎月支給するほか、特別手当(賞与)を支給します。
  2. 社会保険
    健康保険、厚生年金保険、雇用保険、労災保険に加入します。

応募締切日

令和元年10月25日(金曜日)必着

応募方法

以下1~4の応募書類を、封筒に「任期付専任講師応募書類在中」と朱書し、下記宛に郵送してください。

応募書類

  1. 履歴書日本語国際センター指定用紙(写真貼付)【WORD:101KB】
    ※すべての項目に必ず記入してください。記入内容が多い等の理由により、書式がずれてしまうことや、枚数が増えてしまうことは差し支えありません。
  2. 業績資料(A4用紙/書式自由)
    ア.日本語教育上の業績一覧(著書、論文、報告書、制作した教材、研究発表、教師向けセミナーあるいはワークショップの実施、その他の学会活動等)
    イ.現在実施中の研究内容(テーマ、主要参加者、期間、内容、研究費交付期間等)
    ウ.上記ア.のうち、著書、論文、制作した教材等の現物またはコピー1点。
    ※氏名を記入または明示してください。
    ※ウ.について、返却を希望する場合はその旨を必ず明記してください。
  3. 志望理由書(書式自由)
    A4用紙2枚以内(タイプ記載)で、次の点に触れつつ志望理由を記述してください。
    ア.日本語教育について、これまでの仕事の内容、専門、特に関心を持ってきたこと。
    イ.日本語国際センターに採用された場合、特にどの業務に関心があるか、どのような仕事をしたいと考えるか。
    ※氏名を必ず記入してください。
    ※記入前に、「日本語国際センターホームページ」等で事業内容を理解した上で、記述していただくことをお勧めします。
  4. 紹介先となる2名の推薦者の連絡先等(書式自由)
    2名の推薦者それぞれの氏名、所属機関名、職位、及び連絡先(電話番号、住所、メールアドレス)を明記してください。推薦状は不要です。

(注)
※応募書類は、上記 2-ウ.の返却希望と明記されたもの以外は返却しません。
※後日、修了・卒業証明書、健康診断書等の提出を求めることがあります。
※個人情報の取り扱いについては、国際交流基金ウェブサイトの採用情報ページ下部「個人情報の取り扱いについて」をご参照下さい。

選考方法

  1. 第一次審査(書類審査)
    審査結果は、令和元年11月7日(木曜日)までにメール等により連絡する予定です。その際、併せて第二次審査のための課題をご連絡します。
  2. 第二次審査(面接審査)
    第一次審査通過者に対し、令和元年12月4日(水曜日)~6日(金曜日)のうちいずれかの一日の日程で面接審査を実施します。課題は令和元年11月25日(月曜日)までに提出していただきます。課題の提出方法と締切、面接日時・会場については、別途通知します。
    (注)第二次審査対象者には、35,000円を上限として、規定の交通費(実費)を支給します。

本求人・採用に関する連絡先

[郵送提出先]:〒330-0074 埼玉県さいたま市浦和区北浦和5-6-36
国際交流基金 日本語国際センター 任期付専任講師公募係 宛

[メールでのお問合せ]:ncsaiyo■jpf.go.jp(■マークを半角@マークに変更してください)

※その他の最新の求人情報や求人掲載・更新依頼はこちら「求人一覧」をご参照ください。