北京、上海ほか中国各地勤務の日本語教師を募集しています。当サイト掲載求人情報に関しては、こちらの[免責事項・利用の際の注意点]をご了承の上、ご利用ください。以下、募集機関からのメッセージです。

(公財)日中技能者交流センター

JCSEC; Japan China Skilled-Workers Exchange Center

 ≪特記事項≫

www.jcsec.or.jp派遣候補者は当センターの「研修会」(2018年4月開催予定、2日程度)修了が派遣条件となります。
選考通過者には登録料2万円および研修会参加費1.5万円のご負担をお願いしています。
当センターHP(右画像をクリック)にて、『2018年度中国派遣日本語教師募集特集』を近日掲載予定。現在、中国でご活躍いただいている方からの「生の声」をお伝えします。中国で日本語を教える魅力が溢れる内容となっておりますので、是非ご覧ください。

 ≪(公財)日中技能者交流センターについて紹介≫

(公財)日中技能者交流センターは、中国政府機関である「国家外国専家局」の要請に基づき、毎年、大学・学院等の日本語教育機関へ、日本語教師を派遣しています。
1989年の派遣開始以来、これまでに1800名以上の教師が、中国各地の大学など、のべ500校で活躍中です。ご興味のある方は、ぜひ、ご応募お待ちしております。

勤務地

中国各地(北京、上海、ハルピン、青島、福州等)

募集職種

日本語教師:20名

応募資格・採用条件(学歴・経験等)

①日中友好とボランティア精神に富み、「日本語教育」に情熱をもっている方。
②派遣時点(2017年9月)の年齢が、64歳以下の方(年齢が若いほど招聘されやすい傾向にある)
③健康で、中国での長期滞在に対応できる方。
④4年制大学卒業者で、次のいずれかに該当する方。
(a)日本語教師経験者(経験2年以上・要資格(420時間講座修了者、日本語教育検定合格者等))
(b)中学・高校・大学で「国語」の教育教壇経験10年以上
(c)大学で日本語教育学専攻、または、言語学を選考修了者
(d)大学院修士課程または博士課程において、日本語教育・日本語教員養成課程を修了された方(修了見込み者を含む)。
※④の応募資格につきましては、総合的に判断させて頂きますので、事務局にお問い合わせ下さい。

勤務条件

派遣期間は2018年9月~1年間。
中国政府から「外国文教専門家招聘単位」として認可を受けた大学・学院等で、各週12~16コマの授業を担当していただきます。

待遇(給料・支給物等)

①生活手当(中国人民元で月額6,000元以上)旅行休暇手当(年1回6,000元)支給。
②赴任旅費(往復国際航空運賃)赴任校負担。
③専用住居を赴任校が提供。
④水道光熱費・医療は、協議書の範囲内で保障。

応募締切日

2017年12月22日(金)

応募方法

①氏名・住所を明記した封書で、下記まで「応募資料」をご請求ください。(返信用切手92円分を同封願います。)
②「申込書」にご記入の上、「健康診断書」、「課題作文(テーマ・書式自由・400字)」等の必要書類を添えて、下記問い合わせ先へご郵送ください。

選考方法

合否に関しましては、「選挙委員会」にて「派遣候補者」を選考し、随時ご連絡いたします。

本求人・採用に関する連絡先

[郵送請求先]:〒101-0003 東京都千代田区一ツ橋2-6-2 日本教育会館7F
公益財団法人 日中技能者交流センター 教育交流部NJ係

[Mail to 担当/教育交流部]: kyoiku-koryu@jcsec.or.jp

※その他の最新の求人情報や掲載・更新依頼はこちら「求人一覧」をご参照ください。