わざわざ学校に通わなくても、わざわざ海外に行かなくても、わざわざそんなにお金をかけなくても・・・資格なら格安で通信で取れるJ-shine:小学校英語指導者資格認定の児童英語教師養成コース。2011年からの公立小学校での英語必修化にも完全対応。詰め込みではなく、マイペースで学べるのも人気の理由。

人気の英語教師育成(J-shine)・児童英語講師資格コース。将来、子供たちに英語講師として小学校や英会話スクールなどで英語を教えたい方にお勧めです。

▼このページのメニュー:概要通信教育修了後・就職

小学校英語指導者/児童英語教師(J-shine)とは

近年、日本でも幼児教育・初等教育から英語の授業が取り入れられるようになり、公立の小学校では2002年から「英語活動」がおこなわれるようになりました。しかし教育の現場ではまだまだ試行錯誤で教えているのが現状。今現在では、基本的には児童英語教師になるためには、国家資格など特定の資格は必要ありませんが、子供たちに英語を教えられる十分な知識と教職能力を持った、優秀な人材が求められています。

J-shine

J-shine英語教師資格
そこでそのニーズに応えるべく、2003年に設立されたのが特定非営利活動法人(NPO)英語指導者認定協議会 (J-shine; http://www.j-shine.org/ )。
J-shineは児童や小学生に英語を指導するための一定の技能をもった指導者を育成・認定するための機関で、J-shineの認定校で学び、J-shine認定の『小学校英語指導者資格』を持つことは、小学校で働くだけでなく、民間の英会話学校などで児童英語講師として働く際にも役立つことでしょう。

海外で働く将来、児童英語講師として民間の英会話学校などで英語を教えたい方や、公立や私立の小学校で「英語教師」として働きたい人、ビジネスの場面で、英語でのプレゼンテーション能力を高めたい方、大人数でのマネージメントもできるようになりたい人、小学英語指導者認定協議会(J-SHINE)公認「小学英語指導者資格」取得を目指す人に人気のコースです。

英語教師資格J-shine認定証J-shine認定校にもいろいろありますが、海外で学ぶメリットとしては、日本で取得するよりも安い学費で集中的に資格を取得できる。海外の教育現場をのぞける。臨場感が格別、といったものがあります。資格取得後は協会に登録することで、英語指導者として働くことができます。

コース内にも小学校や幼稚園での短期の現場研修はありますが、コース修了後に日本語教師アシスタント幼稚園ボランティアプログラムを組合せ、長期海外生活することで、より多くの海外での教育現場、生活体験での経験を積み、ご自身の英語力もブラッシュアップすることができます。せっかくの海外滞在。現地生活を楽しみながら、資格取得という目標を持って、将来、子供たちに夢を与えてみませんか?

志望動機:J-shine児童英語教師+日本語教師アシスタント

『私は以前、大学の夏休みに大学の短期プログラムで、Adelaide Uni.(アデレード大学)に約1ヶ月通い、その際にオーストラリアでのホームステイを経験して非常に楽しかったので、異文化交流にとても興味を持つようになりました。現在はゼミでオーストラリアの文化や歴史を研究しています。
「将来は児童英語講師になりたい」という夢があり、まずはJ-shine児童英語教師コースを取得し、その後続けて、小さい子と触れ合い、教えることを体験できるこの日本語教師海外派遣プログラムに参加して、夢への一歩を踏み出したいと思い志望しました。児童英語講師は英語ができるだけではなく、異文化経験が多い方が、教える際に説得力があるのではないかと考えているので、少しでも多くのことを吸収したいと思っています。具体的には、料理が得意なので、学校やホームステイで日本料理などもどんどん紹介していきたいです。』

英語教師育成コース

これらの英語教師育成コースのカリキュラムは、学校によって若干の違いはありますが、ご参考までに通学の場合は、おおまかに、
「TECSOL(児童英語講師):約4週間」+「J-shine(小学校英語指導者資格):約2週間」の2部構成(計約6週間)になっているところが多いです。

TECSOLとは、Teaching English to Child Speaking of Other Languageの略で、英語を母語としない子供たちに英語を教える学習法をいい、いわゆる児童英語講師として、民間の英語教室や独立開業(自営)などで教える際に必要とされます。

 

J-shine英語教師育成コース (約6週間)の構成
【うち4週間: TECSOL/児童英語】

児童英語講師として必要な、児童心理学や言語学、行事文化、フォニックス、チャンツ、歌、絵本、イマージョンを用いた教授法を習得します。

【うち約2週間: J-shine/小学校英語教師】

英語活動と英語科の違い、民間英語教室と小学校での英語活動との違いを明確にしながら、国際理解教育の実例や学校だからできること、大人数のクラスマネージメント方法、ALT/JTE/HRTとの連携方法などを実践レッスンや小学校研修等も交え学習します。

ワンポイント用語解説

チャンツchants(詠唱)とは、一定のリズムに乗せて英語を口ずさむ学習法。例えば4ビートのリズムやオリジナルなリズムにのせてセンテンスを練習したりします。無理に暗記しようとしなくても、音に合わせて口に出していくだけで、自然に脳にインプットされます。発音のみならず、英語特有の強弱リズム・アクセント・イントネーションが同時に身につく、画期的な学習法です。

小学校英語教師資格フォニックスとはphonics。つまりphone・・・音に関わる学問こと「音声学」のこと。「音と文字の関係の規則性」・・・つまり英語を読んだり書いたりするときの音のルール、英語の世界の『五十音』を学習します。フォニックスを学ぶことで未知の英単語がほぼ自力で読めるようになります。フォネティクスphonetics(音声学)の初歩の部分を簡単に学べるように開発されたものがフォニックスです。

イマージョンとはimmersion、つまりimmerse(浸す)が語源で、文字通り「英語だけの環境に浸りきって」習得する方法。日本語禁句の中で、算数や理科、社会などを英語で教えたりすることで、自分も、そして子供たちも英語を身につけていきます。

※本頁はあくまで概要です。J-shine登録や各細かいコース詳細は各団体へ直接ご確認ください。

通信教育講座

『 J-shine認定 児童英語教師養成コース 通信講座 』+スクーリング

働きながらJ-shineをゲット。海外にいく時間のない人、予算に余裕のない人にオススメです。特にすでに何らかの教員をされている方が受講するケースが多くなっています。

お申込み・詳細はこちら

■J-SHINE(NPO小学校英語指導者認定協議会)の認定講座。
■約6ヶ月の通信教育(学習時間目安:1日60~90分×週5日、テスト6回、レッスンプラン3回提出等)+別途「スクーリング2日間」でJ-SHINEの資格申請が可能。

受講修了後の資格申請で、「小学校英語指導者」に認定されると、「小学校英語準認定指導者資格」が付与されます。資格申請時、すでに『幼児及び小学生を対象とした50時間以上の英語指導経験』*1をお持ちの方には「小学校英語指導者資格」(正資格)も申請ができます。
*1の経験がない人は「準認定」資格取得後、幼児及び小学生を対象とした英語指導経験をつみ、その指導時間が50時間を越えた時点で資格変更申請すれば「準認定」→「正資格」に書換えすることができます。
講座修了後は『アルクKiddy CAT英語教室』(http://www.alc.co.jp/kcschool/)開設の道も。

修了後は・・・

児童英語講師や小学校英語指導者(J-shine)資格取得・修了後のお仕事探しのご参考に・・・。

  • 海外の保育士・幼稚園教諭の求人
  • 『アルク Kiddy CAT英語教室』開設:アルク子ども英語教室→http://www.alc.co.jp/kcschool/
  • 『子供英会話講師募集』:ヤマハ英語教室→http://www.yamaha.co.jp/school/invite/
  • 『求人情報ナビ+V』:児童英語教師(講師)の求人・幼児教室講師募集
    →http://www.jobplus-v.com/child04.html
  • 『教育委員会からのお知らせ』:J-shine求人情報→http://www.j-shine.org/kyoikuiin.php
  • 『ホームティーチャー募集~ホームティーチャーとして教室開設』:
    ECCジュニア地区センター全国に所在→http://www.eccjr.com/
Copyright; JEGS International Co.,Ltd. All Rights Reserved.