【小学校教諭の求人が寄せられた国】

日本語教師以外にも海外で働ける教職として、小学校教諭や中学校教諭があります。

意外にも日本の小学校教諭や中学校教諭の免許がそのまま使えます。特に何か新しい資格を付加する必要はありません。

この場合も保育士・幼稚園教諭塾講師のケースと同様で、主に海外の日系の教育機関になりますが、海外で正規のお仕事(フルタイム)として採用され、働くことができます。

求人の探し方は

仕事の探し方は至ってシンプルです。ネット上の求人情報を探して、そこに書かれている応募方法に従って、応募するだけです。

  • 小学校教諭の求人
    求人がある国は、欧米圏からアジア圏まで様々。勤務先は補習校、日本人学校、日系の幼小中高一貫校の学園や学院、日本語教室、日本語学校、塾(学習塾、進学塾)、幼児教室など幅広いです。最近はオンライン補習校などの募集も増えてきています。海外だけでなく日本国内でもインターナショナルスクール勤務などもあります。
  • 中学校教諭の求人
    小学校教諭よりも求人数は少なくなります。その理由としては、学年が上がるごとに、駐在員が駐在期間を終えて家族共々帰国したり、または駐在員の子女がその国にも慣れ、現地の学校に通うようになったり、などが考えられます。
  • 国語教師の求人
    小学校・中学校教諭という括り以外にも「国語教師」(国語を教えられる人)という科目を指定しての募集もあります。この場合、外国語としての日本語(つまり日本語教師)ではなく、主に日本人を対象とした「国語としての日本語」を教えられる人(文字通り国語教師)が求められている場合が多いです。

いずれの職も、欧米圏は人気で倍率が何十倍になることも珍しくありません。

なぜ日本の教員免許が海外で使えるのか

なぜ日本の教員免許が海外で使えるのか、というと、それは(逆に)「日本の教員免許でなければならない」からです。

海外の日系の学校(学園や学院など名称は様々です)は、日本の義務教育に当たる小中学生の子女を受け入れ、日本の文部科学省の学習指導要領にそって教育を施しているため、日本の小学校教諭や中学校教諭の免許を持ち、日本の教育を提供できる人物でなければなりません。

外国人で日本の小学校教諭や中学校教諭の免許を持っている人はほとんどいないため、日本にいる該当免許保持者に優位性があり、現地での就労ビザも認められやすい傾向があります。

日本語教師の資格等は、社会人になっても比較的簡単に取れるため、現地在住者にも日本語教師有資格者はたくさんいますが、小学校教諭や中学校教諭の免許保持者は現地にもあまりいないため、専ら日本にいる人を対象にリクルートしなければならず、そのため、日本にも上記のように求人が届くことになります。

給与や待遇は

給料は待遇は、日本の学校機関と同レベルか、それより少し良いくらいの場合が多く、日系の機関ということで、ビザサポートや採用のやりとり、雇用環境等は、外国人が運営している学校などよりはしっかりしており、信頼できるケースが多いです。

また、できるだけ現地の労働条件に合わせようとするため、残業がない(少ない)などの待遇面では日本よりも良いことが多いです。

安全の目安

日本語教師の場合は、その勤務先の国・地域の治安などはピンキリであったりしますが、小学校教諭・中学校教諭の場合は、勤務先が日系の教育機関ということもあり、海外であっても比較的治安のよい安全な国・地域にある場合がほとんどです。

日系の教育機関が成立している、ということは日本人の子女がたくさん通っている、つまり日系企業がたくさん進出するなどして日本人がたくさん住めているということであり、安全・安心の1つの目安とすることができます。

どんな国で働けるのか?

これまで小学校教諭の求人が寄せられた国・地域は上の図(地図)に簡単にまとめてある通りですが、一例として、以下のような国々です。

  • アメリカ(カリフォルニア、NY、アトランタ)
  • イギリス
  • インド
  • インドネシア
  • カナダ(バンクーバー、トロント)
  • シンガポール
  • タイ
  • 中国各地・香港
  • 台湾
  • デンマーク
  • ドイツ
  • フィリピン
  • ベトナム
  • メキシコ

留学よりもお得

小学校教諭をされていた方が、お仕事を辞めて、語学留学等で海外に出るケースもありますが、留学やワーキングホリデーですと、現地では身分等は基本ゼロになり、収入面もちょっとしたアルバイト程度しかできません。

その一方で、小学校教諭や中学校教諭として現地に赴任すれば、ビザと収入も確保でき、空き時間に語学学校などに通えば、留学と同じ目的を達成できます。何より、留学やワーキングホリデーは履歴にはなりませんが、現地で小中学校教諭として正式採用され働き続けていれば、職歴も途切れることなく蓄積でき、キャリアアップの意味でも今後の人生にいかすことができます。

日本でも外国人の生徒・児童が増えており、自分が外国人の立場になっての生活と、海外での教育現場での経験は、帰国後の教員人生にも役に立つことが多いので、一度、海外の教育現場へ飛び出してみることもよいかもしれません。