教育を通じての国際交流。日本語教師(求人/資格)情報,養成講座/アシスタント/幼稚園ボランティアの手配など:JEGS ジェグス・インターナショナル

日本語教師がみるカナダと日本の学校の違い

日本語教師アシスタント・プログラムのカナダに参加された皆さんからの、派遣後初期の活動報告をご紹介します。皆さんが共通して感じていることは、カナダと日本との教育システムや教育に対する考え方の違いです。

カナダと日本の学校の違い

自由・・・無計画?
「日本の小学校と多くの違いがあることです。カナダは全校集会などでもとても自由な感じがして、普段も自由が尊重されていて、時々無計画?と思ってしまいますが、伸び伸びとしている点がとても良いです。」

教科書を使用しない
「教育に対する考え方が日本とカナダでは全く違う、ということがかなりの驚きです。カナダでは教科書を使用しない(教科書に依存しない)授業があることにかなり抵抗を感じました。」

国歌斉唱
「毎朝集会があってその最後に毎回カナダの国歌(Oh, CANADA)を歌うこと。初めは何が始まるのかと思ってびっくりしました。また、祝日でもないのに日頃から町中では国旗が掲げられていることが多いです。
私の派遣校は少人数の私立の学校ということもあってか、子供たちの親が学校にすごく協力的で、先生と保護者が一緒になって共同運営しているっていう感じがします。日本との授業のスタイルの違いに初めはびっくりしましたが、自由な感じがしていいなと思います。
全体的に、国も学校も、国民一人ひとりが参加して作り上げていくんだ、という意識が感じられます。」

現役の教師経験者の感想

日本語教師アシスタント・プログラムに参加された方の中には、日本で現役の教師の方も何人かいらっしゃり、この方たちは特に日本とカナダの生徒の違いを感じているようです。

自己主張と確立されたアイデンティティ
「日本語の授業ではないですが、ある授業に参加させてもらった時の事です。クラスのリーダーを決める機会があり、何人かが立候補したのですが、「なぜなりたいのか」という事をみんなの前で言うように言われ、彼らはきちんと自分の意見を言っていました。それ(自己主張、自己アピールをしっかりする)を見て日本人にはなかなかできない事だな、と感心しました。移民の国なので、色々な国籍・人種の多様性に もまれるうちに幼い頃から自然に身に付いた自己アイデンティティーの確立だと思いました。」

想像以上にアジア
「思ったよりも素直な生徒たちで助かりました。もっとずっと大人っぽくて行儀の悪い?カナダ人の生徒を想像していたのですが…。バンクーバーという土地柄のせいか、1クラス30人前後でそのうち90%がアジア系であまりカナダに来た感じはあまりしませんが、生徒たちは廊下で会うとわざわざ立ち止まって「先生、こんにちは!」と日本語で挨拶する礼儀正しさには、驚きました。」

日本の高校生より素直
特にセカンダリー・スクール(高校)の生徒たちは、体格もよく見た目ではかなり大人っぽくてとっつきにくく見えるのですが、実際は日本の高校生よりも素直でいい子たちだったというアシスタント教師の方々の感想をよく聞きます。

次に、カナダの教育現場を実際に見て、日本の教育について外から客観的に見たい、とこのボランティア活動に参加された小学校の教師志望の方の感想です。

小学校教諭希望者の感想

「やはり教育システムの違いは毎日のように驚かされます。日本のようにここまでやらなければならない、というカリキュラムに追われる様子はなく、低学年は毎日何かを作ったりと活動の時間がとても多いのに驚きました。現場のカナダ人の先生は「これでも昔よりやることが多くなってゆとりが無くなったのよー。」とボヤイていましたが。

先日は、保護者とのミーティングBBQが夕方からありました。初めは日本の保護者懇談会のようなものを想像していたのですが、ふたを開ければ子供はもちろんの事、その兄弟や祖父母までも来る家庭もあり、BBQを食べて最後はグラウンドの片隅でみんなでダンスをしました。まるで大きなパーティーのようなもので、日本ではありえないスケールの大きさを感じました。

また、私が派遣されている学校は地域でも有数のいろいろな家族がいる学校だそうです。とても貧しい家庭の子ども、家族関係に問題がある子ども、いろいろな国からの移民の子どもなど。そのあたりの教育もしっかりと行われています。日本語で言うと問題児の子、英語がついていけない子、IQが低い子などは週3回ほど個別のカウンセリングが行われており、行き届いたきめ細やかさをカナダの教育に感じました。」

モザイクなカナダ

カナダは多くの移民を受け入れている国です。アメリカのメルティングポットに対してカナダではモザイク政策を取り入れており、それぞれがもつ文化や考え方を尊重し合っています。学校でもさまざまなバックグラウンドをもった子どもたちが学んでいますが、この点でも日本とは大きな違いがありますが、子どもたちへの教育もこの違いを尊重する教育となっています。

カナダ留学生活体験記

(C)Copyright JEGS International Co.,Ltd. All Rights Reserved.
PAGETOP
Copyright © JEGS International Co.,Ltd. All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.
PAGE TOP