当ページでは、JEGSの手配状況や更新ログを中心としたショートメッセージをお知らせしています。

2020年1月

迎春

迎春2020

2020年1月7日
謹んで新春の祝詞を申し上げます。
昨年は格別なご高配を賜り厚く御礼申し上げます。

また、本年も新年早々、弊社プログラムや日本語教師養成講座に、たくさんのお問合せ・お申込みをいただき、ありがとうございます。

教材等につきましては、1月6日より、順次、発送しておりますので、到着まで今しばらくお待ちください。

日本語教育能力検定試験

日本語教育能力検定試験につきましては、12月末に、合否通知がみなさんのお手元に届いているかと存じます。

昨年は過去最多の受験者数になりましたが、合格率自体は前年とほぼ同じ約28%で、2年続けて高い合格率でした。
2019年は、国家資格(公認日本語教師)化のニュースがちらほらと報道されたので、日本語教師への関心が高まったことが背景としてうかがえます。

検定受験者の高齢化はさらに顕著になり、受験者のほぼ2人に1人が50歳以上で、5人に1人が60歳以上。60歳以上と20歳代の受験者はほぼ同数。「日本語教師は年配の方がやる職業」というイメージが一般化しつつあるように感じます。

また、2020年の検定試験の日程もすでに発表されており、今年も例年通り、10月後半の日曜日に行われます。

前年との変更点は、願書受付期間が若干、短くなったということ。昨年は願書受付は6/24~8/13でしたが、今年は6/22~8/3と10日ほど短くなりました。
日本語教育能力検定試験の日程や合格率はこちら

オーストラリアの森林火災について

日本でもオーストラリアの森林火災について報道されることがありますが、一時期に比べると落ち着いて、空気も煙たいということはなくなってきています。

実際に森林火災が起こっている地域は都市部からは離れていますので、日本語教師アシスタントや幼稚園ボランティア・プログラムに参加される方々が、直接被害に合う心配はないと思いますが、風向きによって煤が飛んできたり、火事の焼ける匂いがかすかにしたりということは夏の間(2月くらいまで)は、多少、あり得る程度です。

今年は規模と被害が例年より大きいので心配ではありますが、シドニーに住んでいる人々にとっては、毎年のことではあり、現地は混乱なく、平常の生活が営まれていますので、これからオーストラリアにご出発されるみなさんも、ご安心ください。

1月末出発の日本語教師アシスタントの手配は、概ね完了しておりますが、出発まで体調を崩さないよう気を付けながら、渡航準備に励んでいただければ幸いです。

本年も何卒、よろしくお願い申し上げます。

[関連記事]

→ JEGSのプログラム等への|お問合せ・資料請求
(C)Copyright JEGS International Co.,Ltd. All Rights Reserved.