教育を通じての国際交流。日本語教師(求人/資格)情報,養成講座/アシスタント/幼稚園ボランティアの手配など:JEGS ジェグス・インターナショナル

日本語教師「先輩からのアドバイス」活動中・出発するみなさんへ

日本語教師アシスタント
先輩からのアドバイス

日本語教師や日本語教師アシスタントのみなさんの長い海外生活。
楽しいことばかりではなく、時には辛いことや壁にぶつかることも。
ガーンな日本語教師
でもそれはあなただけではありません。

これまで参加した数多くの先輩アシスタント教師も同じような壁にぶつかり、

乗り切ってきました。

現在活動中のみなさん
そして
これから参加するみなさんへ。

先輩からのアドバイスとエールを送ります。

日本語教師ATへ拍手
卒業式にて

 先輩より

■自分が日本について何を教えたいのか明確にすることが必要。

■生徒が注意しても言う事を聞かない場合は強く叱るのではなく、まず担当の先生に相談する。

■積極的に行動する事が必要、誰も向こうから機会を与えてくれません。

海外では以心伝心は通じない■日本は「我慢」を美徳とするがそれは違う。思ったこと感じた事は口に出して相手に伝える事を心掛けるとよい(気にしているのはこちらだけで、相手が気付いてない場合も多い)

■困ったり、嫌な事ははっきり断わり、早めに誰かに相談する。自分の中に溜めこまない!!

■鏡を見て!笑顔を忘れずに!! smile 日本語教師の笑顔 画像

■コミュニケーションをとる上でやはり英語は重要、控えめにならずいろんな事にチャレンジする気持ちを持って下さい。ネイティブではないので、英語は下手で当然、と開き直る!

■めげない、なげない、くさらない、すねない、Positive thinkingで=★

■‘郷に入っては郷に従え’・・・トラブルもすべて経験だと思ってすべての事にぶつかって。

■辛い事があっても何事も経験だと思って受け入れる余裕を持つ事が大切。

■“違い”に目を向けるのではなく、その人との“共通点”に目を向ければ、人間関係、うまくいきますよ。●●人も結局、わたしと同じ、人間だもの!

■文化の違い、言葉の違い、すべてを面白いと思って楽しむ!Enjoy the GAP !
Enjoy The Gap!
■最初の数週間の落ち込んでいた時期は、悪い状況はすべて自分以外の何かのせい、誰かのせいにしてました。結局、自分自身に問題がある、努力不足だ、と他人のせいにしなくなってから、自分自身を受入れるようになってからは精神的に楽になりました。

■同期参加の人たちも大なり小なり、似たような悩みを抱えてることを知り、楽になりました。

■“Travel and Trouble go together”・・・旅にトラブルはつきもの。トラブルや文化のギャップを解決することこそが、海外生活の本当の醍醐味(楽しみ)。それを乗り越えればまた成長した新しい自分に出会います!

■迷ったり悩んだりする時間があるということは、解決する時間もあるということ。切替が大切。

■ある日突然、悩んでウジウジしていることがバカらしくなりました。そこから変わりました。晴れ晴れ日本語教師

■時間はあっという間にすぎるので、常にその時、その場でしかできないことにチャレンジして、冒険、挑戦、笑いに満ちた忙しい時を送って下さい。

■ボランティアは意外に大変です!でも大変なほど充実してあっという間に時がすぎます。

■一日一日を大切に楽しむといいと思います。

■学校の様子が未知の世界で不安は大きいと思いますが、新しい事、新しい人との出会い、新しい自分の生活から学ぶ事は無限大です!

■とにかく前へ!一歩でも前進すること!日本語教師、前進あるのみ!前向きな日本語教師

■一人ひとりのシチュエーションが違うので(派遣先やステイ先)、他人の事は気にせず自分オリジナルの生活を作り上げて下さい。他人と比較してばかりだと楽しめません。唯我独尊。

■焦らず、ゆっくりコツコツと今、自分にできることを最大限に努力すると何らかの結果が出てきます。

日本語教師の将来性■日本と違っていい加減なところ(時間割等)もありますが我慢強くいきましょう。‘郷に入っては郷に従え’、日本のサービスレベルを海外で求めてはいけません。

■習うより慣れろ! 英語も文化も何でもそう。とにかく場数を踏むこと。質より量!

■最初、不調だった原因はすべていつも指示を待ってたから。受身な日本人の悪いクセ。自分から動くようになったら、すべてがうまくまわり始めました。

■やってみないとわからない事も多いと思うのでいろいろ考えすぎず、とにかく参加する事が大事、実行が大事、やる気が一番!

■一度 自分の体を持って経験したことは、どんな泥棒でも持ち去ることはできません。失敗も経験すれば次は成功へつながるから、結局、失敗なんてないんですよね。


(続く)

日本語教師AT先輩からのアドバイス準備編へ
がんばる日本語教師

活動中の日本語授業ネタに困ったら・・・
みなさん、こんな授業をやっています
オーストラリアニュージーランドカナダ
(英語圏3ヶ国での日本語のクラスでのアシスタントの活動風景)

 

→|日本語教師ほか体験談メニュー
(C)Copyright; JEGS International Co.,Ltd. All Rights Reserved.
PAGETOP
Copyright © JEGS International Co.,Ltd. All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.
PAGE TOP