教育を通じての国際交流。日本語教師(求人/資格)情報,養成講座/アシスタント/幼稚園ボランティアの手配など:JEGS ジェグス・インターナショナル

短期4週間の日本語教師ボランティアの体験談

ニュージーランドのオークランドにて短期の日本語教師アシスタント・ボランティアを経験したMakiさんの体験談(アンケート形式)をご紹介します。

  • 参加者: Maki. Nさん、広島県より参加
  • NZ school年齢:23歳
  • 広島大学 教育学部 初等教育教員養成コース卒業
  • 活動期間:4週間
  • 派遣地:ニュージーランド・オークランド
  • 派遣先:セカンダリースクール
  • 参加前の英語力: TOEIC730、英検準一級
  • その他資格等:幼稚園教諭一種、小学校教諭一種、中学校教諭一種(国語・英語)、高等学校教諭一種免許状(国語・英語)

 

Q1.Makiさんが今回、日本語教師ボランティアに参加しようと思った志望動機を教えてください。

私は、将来小学校の教師になりたいと考えています。大学では、教育学を専攻しており、広く教育について学んでおります。学部時代、小学校教諭免許状に加えて、中学校教諭・高等学校教諭の国語と英語の免許状を取得しました。そのことをきっかけに、言語教育について考えるようになりました。日本の子どもたちに、日本語を使用して英語を教えることと、外国の子どもたちに、英語を通して日本語を教えることは、「コミュニケーション」という視点でつながっていると感じております。
海外で、日本語教師アシスタントとして、英語を使って日本語を教えるという体験を通して、自分自身の成長につなげていきたいと感じ、志望させていただきました。

 

Q2.日本語教師海外派遣プログラム参加前に疑問に思った事、不安だった点は何ですか?

現地の派遣校の先生とうまくコミュニケーションがとれるかどうかという点が不安でした。

 

Q3.日本を出発する前に用意しておけば良かった事は、何ですか?

授業で使うハンコ百円均一ショップなどで買える教材集めです。

 

Q4.日本から持ってくれば良かった物は、何ですか?

日本を紹介できる写真などのデータです。

 

Q5.日本から持っていって好評だったものは何ですか?

「たいへんよくできました」などの日本語が記されたシールや、お金のおもちゃ(いずれも百均で購入)などです。

 

Q6.日本語教師ボランティアの派遣校では、主にどのような活動を行ないましたか?

日本語の専科の先生(ニュージーランド人)のTA(ティーチング・アシスタント)が主な活動でした。

 

Q7.その派遣校のスタッフと満足なコミュニケーションは、取れましたか?

はい。ステイ先含め、すごくよく面倒をみていただきました。

 

Q8.活動中の滞在先のホームステイはいかがでしたか? また、ホームステイを通して得たものは何でしたか?

本当に親切なご家庭で、すごく良い環境で過ごすことができました。ESOLを担当されていた先生のお宅だったので、自分が日本人の生徒に英語を教えるときの参考になるものをいろいろ教えていただきました。
また、私自身も、英語でコミュニケーションをとることを学びました。

 

Q9.派遣中に困った事、つらかった事、問題などはありましたか?

いいえ、特にありませんでした。

 

Q10.出発前にもっとして欲しかったこと、欲しかった資料などはありますか?

特にないです。いろいろよくしていただきました。

 

Q11.弊社(JEGS)担当者の対応、アドバイスはいかがでしたでしょうか?サービスに関して改善すべき点などはありますか?

特にはないです。(日本語教師ボランティア経験者の方が)すごく丁寧でまめに連絡をくださり、心強かったです。

 

Q12.これからこのプログラムに参加される方に一言アドバイスをお願いします。

今はいろいろ不安もあると思いますが、思い切って行くと、すごく貴重な経験ができると思います。自分の人生の糧になるよう、頑張ってください。

 

Q13.ボランティア経験をどのように活かしたいですか。これからの進路(就職、勉強、人生計画など)をお聞かせください。

英語(外国語活動)の指導ができる小学校の教師を目指します。

 

Q14.活動終了に際して感想をお聞かせ下さい。

いろいろサポートしてくださってありがとうございました。すごく大きなものを得た気がします。この経験を今後に生かしていきたいです。

Makiさん、ありがとうございました。

Makiさんは23歳ですが、年齢以上にとてもしっかりした方で、かつしっかりとした目標も持っており、とても有意義な日本語教師活動をニュージーランドで過ごされました。本当は長期で数ヶ月は参加されたかったようですが、大学院の都合上、大学の約2ヶ月弱の長期休み期間を利用して、一ヶ月間(4週間)活動することを選ばれました。

今回、派遣先としてニュージーランドを選んだ理由は、これまでカナダのバンクーバーに2ヶ月ほど留学したことがあること、またオーストラリアのシドニーにはチャイルドケア(幼稚園ボランティア)で活動したことがあり、まだ行ったことがなかったので、英語圏でもあるニュージーランドを選択されたとのことです。

近年、日本でも初等教育からフォニックス(Phonics)などの英語教育が取り入れられるようになってきていますが、オーストラリア、ニュージーランドなどの英語圏での日本語教師ボランティア活動は、英語を使った間接法で日本語を教えるので、将来、「英語を使って教える仕事」に従事する人などにはとてもうってつけの実習体験プログラムとなっています。

※この短期・日本語教師ボランティアの[募集要項はこちら]をご参照ください。

→その他の|その他の体験談・活動レポート
Copyright; JEGS International Co.,Ltd. All Rights Reserved.

日本語教師アシスタント

PAGETOP
Copyright © JEGS International Co.,Ltd. All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.
PAGE TOP