教育を通じての国際交流。日本語教師(求人/資格)情報,養成講座/アシスタント/幼稚園ボランティアの手配など:JEGS ジェグス・インターナショナル

WWCC:Working With Children Checkとは

<Working With Children Check(WWC Check)制度>
~オーストラリア・ビクトリア州・NSW州~

ビクトリア州ボランティア資格者証

日本語教師海外派遣プログラムや海外幼稚園ボランティアに関連して、オーストラリア・QLD州のブルーカードに続いて、2007年4月からオーストラリアのビクトリア州で、また、2013年1月からはNSW州でも同じような制度が誕生しました。その名も、WWCCです。

WWCC制度とは?

WWCCことWorking With Children Check(WWC Check)制度とは、オーストラリアの各州、例えばVictoria州のDepartment of Justice(www.justice.vic.gov.au/workingwithchildren)やNSW州のChildren’s Guardian
customer service等が管轄となり、QLD州のブルーカードと同様、子供たちを保護することを目的に、18歳以下の子供たちと接する仕事に就く人は、有給・無給ボランティア問わず、事前に登録しなければならない、といったシステムです。

ですので、ビクトリア州内のメルボルンや、NSW州のシドニーなどで幼稚園ボランティア日本語教師アシスタント・ボランティアに従事する人は全員、対象となります。

申請にかかる費用や申請方法は?

今のところ、ボランティアスタッフについては申請料は無料です。

JEGSの日本語教師アシスタントにご参加されるみなさんには派遣校決定後、順次、各案内と併せて必要なお手続き方法をご案内いたします。

また、制度導入直後のしばらくは、提出(申請)後、審査を待つ間にボランティア活動は始めてもよいとのことなので大きな支障はきたしておりませんが、QLD州のブルーカード同様、今後Vic州やNSW州でも厳格化することが予想されます。

WWCCだけでなく、例えば日本語教師アシスタントのボランティア活動にあたって、無犯罪証明書の提出を求める私立校なども出てきており、今後、こういった各種手続きはより厳格化し、標準化していくことが予想されます。(これはオーストラリアに限らず、全世界的な傾向と言えます。)

JEGSの日本語教師アシスタントのオーストラリア(長期)にお申し込みされ、QLD州やNSW州の学校に派遣される参加者には、日本出発の2,3ヶ月前にビザ申請などのタイミングと合わせて、ブルーカードの申請書を事前にお渡しし、日本国内で準備をした上で、WWCCの申請に入っていきます。現地到着後も時間のロスなくスムーズに活動に入っていけるよう、配慮しております。

オーストラリア NSW州 WWCC段階的適用日程
WWCC適用日程
file:///C:/Users/T/Downloads/FS2_phaseinschedule_July2014%20(1).pdf
幼稚園ボランティアやアシスタント教師等は2014年4月以降適用される予定。

※JEGSのボランティア参加者のみなさんには、個別毎に順次、最新情報をお知らせいたします。

※本ページ記載事項につきましては、弊社プログラムにお申込された方のみ対応となります。非申込者には対応しておりませんので、お問合せのみ等は固くお断りいたします。

(C)Copyright JEGS International Co.,Ltd. All Rights Reserved.
PAGETOP
Copyright © JEGS International Co.,Ltd. All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.
PAGE TOP