海外の日本語の授業で使われる教科書“OBENTOO”(オベントー/お弁当)
〜海外でも人気の日本の食文化の1つが海外の教科書のタイトルになっています。〜
海外でも日本語教育を取り入れているオーストラリア・ニュージーランド・カナダ・アメリカなど英語圏の一部の小学校・中学校・高校の日本語のクラス授業で実際に使われている教科書のご紹介です。
※洋書扱いの中でも日本ではなかなか入手困難な書籍ですが、右側のサイトから実際に購入もできます。
オーストラリア
日本語教師海外派遣プログラム

ニュージーランド
日本語教師海外派遣プログラム

カナダ
日本語教師海外派遣プログラム
この海外の日本語を教える際のテキスト「Obentoo」も、「mirai」同様、掲載されている写真や情報が1980年のバブル時代の古いものが多く、突っ込みどころ満載ですが、それを修正し、今の日本、生きた日本語の伝道師となるのが日本語教師海外派遣プログラム参加者の日本語教師アシスタント・ボランティアのみなさんです。
ちなみに海外では本物の「お弁当」が大ブーム。「お弁当」も「Lunch Box」ではなく、「obento」という英単語として定着しました。親の愛情を子供に示すもの、として「お弁当文化」が大好評で、子供に愛情をこめたお弁当をもたせるという日本の1つの食文化が海外でも定着しつつあります。You Tubeなどの動画サイトなどが火付け役となり、今では海外でも凝った「Obentoo」の動画や写真を公開している外国人の方がたくさん、いらっしゃいます。
→英語で日本語を教えるスキルが学べる|日本語教師 養成講座 420時間海外の日本語教科書・日本語教師の本